茶掛軸ワード 「平常心是道」

さて、茶掛け軸でよく使われている二大ワードは
「平常心是道」と、「日々是好日」(もしくは略して「好日」)でしょう。
・・が、意味をちゃんと知らない、それどころか、読み方すらわからない・・・
ということで調べてみました。

「平常心是道」は言葉の意味が深すぎて、色々な説明がされていますが、わかりやすかった説明を紹介します。
c0190486_22525974.jpg


「平常心是道」は、禅語の中でも最も知られている言葉の一つでしょう。
茶道の世界でもよくもちいられます。
「へいじょうしんこれどう」または「びょうじょうしんぜどう」と読みます。
茶道の世界では前者、禅の世界では後者で読まれることが多いようです。

中国唐代の禅僧、馬祖道一が最初に言ったとされます。

仏さまの道は、特別な修行を必要としない。平常心とは、あれこれと取捨選択をしない、ありのままの心である。日常の生活すべてが仏道である。

政治家やスポーツ選手が、よく「平常心」という言葉を使います。
ふだん通りの心で臨もうということでしょう。
多くの場合、「平常心」を意識した段階で、平常心を離れてしまうのです。
何かを成し遂げよう自我のあるうちは、平常心とは言えません。

平常心について、曹洞宗の瑩山禅師は、「茶に逢うては茶を喫し、飯に逢うては飯を喫す」と言い表されました。
お茶が出てくればお茶を飲み、ご飯の時にはご飯を食べるだけです。
雑念はありません。

日常の行いを、余念を交えず丁寧に行うことが、平常心であり、仏道です。

なるほど。
[PR]