さて第一次世界大戦が終わったころ、原内閣が暗殺される前の頃に時間を戻します。
(つまり原内閣の時代)

1918年に第一次世界大戦が終わり、1919年に「パリ講和会議」が開かれ、戦勝国の一員として日本国も出席しました。(西園寺公望と牧野伸顕が出席)

1919年、年号を暗記しませんでした?締結された講和条約は「ヴェルサイユ条約」ですね。
この会議で定められた体制を「ヴェルサイユ体制」といいます。
c0190486_1174114.jpg

ここで唱えられたのは「民族自決」です。
この民族自決って言葉も聞いたことがあるやんね。民族の独立性、つまり植民地反対!と思いきや、そうじゃない。大きな落とし穴があるんですよ。(><)

民族自決とは「ある民族がある民族を支配する状況が植民地支配が起る。すべての民族は独立すべき」、とここまではいいんですがここでいう民族自決は「白色人種」に限定したもの

「これっておかしい!」と日本は「人種差別撤廃案」を提出するんですが、これは「世界で初めて」だそうなんですね。「人種差別撤廃」という考え自体が当時は画期的だった。まあ、日本人が「白色人種」でなくつまはじきにされたためと言えるかもしれないですが、「多数決でなく全会一致じゃないとそんな考え認められないよ」というアメリカのウィルソン議長の独断によりあえなく葬り去られます。

こんなこともあり、ウィルソン大統領(米)がとなえる「平和原則」なんて虚構なんじゃないか!というふうにも思っちゃいますよね。

パリ講和会議では、二度とあのような戦争はしないようにしよう、そのために世界平和の機関を作ろうっていうことで設立されたのが「国際連盟」です。(1919年6月28日)

■国際連盟の問題点

国際連盟の常任理事国は「イギリス、フランス、日本、イタリア」の四か国ですね。
ここで気づきません?
ロシアとアメリカが入ってませんやん!と。

ロシアはロシア革命の直後で、当時はほとんどの国が「ソヴィエト革命」政権を国家として認めていなかったので、国際連盟に入れてもらえなかったんです。

でほなアメリカは?国際連盟の設立を推進してた国やん?

これはアメリカが「モンロー主義」を唱えていたからなんですね。

モンロー主義?マリリンモンロー?ちゃいますがな。
アメリカの5代大統領モンローが提唱した、アメリカとヨーロッパ大国の相互不干渉主義に由来してるんです。

また国際連盟は「全会一致」が原則ですが、結局各国は自国の利害を優先させますから、抑止機能がない、という欠点もありました。なんじゃそれ・・
c0190486_156159.gif

原内閣が暗殺されちゃった、その後に内閣になったのが高橋是清内閣
1921年(大正10年)11月13日から1922年(大正11年)6月12日までの短い政権で閣僚もそのまま引き継いだので「居ぬき内閣」とかも言われちゃっていますが、その間に大きな出来事があります。
c0190486_1495742.jpg

それが「ワシントン会議」1921年の終わりから1922年にかけて。
このワシントン会議を端的にいうと第一次世界大戦後、国際政治の主導権を握ったアメリカが日本、英国の軍備縮小をねらったもの(と言えなくもない)

まず「日英同盟」は廃棄になります。

ほんで国際平和の名のもとに海軍主艦保有バランスがどうの、と言われて主力艦の割合が決められる。アメリカイギリス5・日本3・フランスイギリスが1.65
一見すると日本はフランスイギリスの倍やん!と思いますが、両国はヨーロッパ大陸にあるんやからもともと海軍はあまり要らないんですね。
c0190486_128306.png

それより日本がアメリカやイギリスの6割ってのは結構な差異です。

また中国の「門戸開放」「主権尊重」「機会均等」の名のもとに日本が持っていた山東半島の旧ドイツ権益を返還することになりました。

え、他の国は租借地いっさい返してないやん!となるけれど、
「いや~私らのは前から持ってたけど、日本は第一次世界大戦のときにドイツから奪い取ったものでしょ」っていう理屈。

日本はこの会議で第一次世界大戦で飲み込んだものをすべて吐き出すように強制されたといわれています。

逆に呼ばれなかったソ連は自由にアジアを侵略することができたとも言われています。
c0190486_1593950.png

これらに日本も反発してもよかったかもしれんのですが、全権として参加した幣原喜重郎、加藤友三郎は受け入れます。
[PR]
米騒動(1918年)後の影響。

人気はなくなって政府への支持が落ちると、内閣総理大臣を決める元老たちは、とたんに政党や国民にコビを売るようになります。

政党内閣を徹底的に忌避した山県有朋元老も万策尽きたってトコでしょうかね。

遂に1918年に立憲政友会党首 原敬が総理大臣になります。

有名なのは「平民宰相」と呼ばれたことやね。

それまでの総理大臣はすべてが華族とか士族で貴族院議員だったわけよ。

でもこの原敬は岩手選出の衆議院議員で、藩閥もなかったわけ。だから平民宰相と呼ばれて国民から大いに支持されたのよね。
しかも軍部大臣と外務大臣以外はほとんど立憲政友会の党員という
「初の本格的な政党内閣」の誕生というわけです。
c0190486_2312165.jpg

原敬が立派なひとかどうかはわかりませんが、原敬の権力は一時頂点になったってこと。
そもそも選挙法を改正して納税資格を下げたんやけど、これによって増えた選挙権保有者は原さんのお蔭で投票できるようになったんやし、みーんな原さんに入れはりますわな。

原敬は第一次世界大戦にともなう好景気で増えた税収によって、教育、交通機関、貿易、国防の充実をはかります。(四大政綱)こりゃ圧勝しないわけはない。

しかし、第一次世界大戦が終わり、いわゆる戦後期に入ると様相がかわってきます。
戦争中は日本国内は大戦景気に沸きました。

しかし第一次世界大戦が終わるとヨーロッパはアジア市場に復帰します。
当時の日本のモノは安くて高品質の「いいモノ」だったから売れていたわけではありません。単に物資が不足していたので買われていただけだったんですよね。

戦後になり国際競争力の強いヨーロッパ商品がアジア市場に入ると日本の製品はたちまち売れなくなる。そしてこの結果、好況から一気に「恐慌」になってしまう。

1920年の戦後恐慌です。

その中で1921年に東京駅で原敬首相が刺殺されるという事件が起こり、原内閣は終わります。
c0190486_2231571.jpg

確かに人口が二倍になると市場も二倍になります。
でもそこでおしまい。アジアに輸出しようとしてもヨーロッパには太刀打ちできない。
これがその頃の日本の産業革命の限界でした。

一方全世界に植民地を持つイギリスは植民地をベースにした産業革命で生まれた大量生産品を売りさばき、原料も調達します。

そうすると、日本も「植民地が必要だ」と思うわけですね。

成熟していない世の中において、産業革命の行きつく先はどうしても「帝国主義」になってしまうんです。(ー_ー)!!
[PR]
国内の政治に目を戻しましょう。

第一次世界大戦ではよその国が戦っている「漁夫の利」的に色々な権益やお金を手に入れた日本だったんですが、当時の内閣は「寺内正毅」内閣。
c0190486_23125589.jpg

彼は長州閥陸軍閥、しかも政党の意向には頓着しない超然主義、てなことで民党にとっては三拍子そろって都合の悪い政権でした。

それでも彼は戦争にも勝ち、景気もイイってなことで国民の支持を得ることができておりました。ところが、それを変える思わぬ出来事が・・・

それは「米騒動」でした。
c0190486_2339267.jpg

米騒動の発端は「シベリア出兵」によるもの。「シベリア出兵」は「ロシア革命」が発端であります!

じつは「シベリア出兵」なんていう戦争は存在しないんですね。当時の日本人は何をやってるか分からんかって、目的不明に浪費だけを重ね撤退したという悲惨な事件だったんです。

1917年にロシア革命が起ります。005.gif
ほんでロシア革命によってロシアが連合国側から離脱するんですね。このとき連合国は日本にその抵抗としてシベリアへの出兵を要請されるわけです。

日本の戦争指導は迷走を極めたんですが、結局アメリカと仲良くせな!てなことで出兵方針となったのです。

アメリカ、イギリス、フランス、日本の4か国ね。

出兵の名目はチェコスロバキア軍の救援なんですが、実質的にはロシアに対する革命干渉です。


日本でもシベリア出兵が決まると、兵隊に米を持たせるためにお米が大量に必要になりますね。そのあたりを見越して米穀承認が米価のつり上げをはかったんです。
コメはあるのに不足しているふりをして売り惜しみをしたわけ。
c0190486_2254926.png

1918年、急速な米価高騰に対して富山県の漁村の主婦たちによる反発運動が表面化しました。これが「米騒動」といわれるやつで「越中女一揆」とも言います。

これがきっかけで全国に広がるわけだ。

これに対し寺内内閣は軍隊を出動させて鎮圧しようとするんですね。
悪いのは米価を釣り上げている承認なのに、それに対する規制や処罰をしないで、デモを直接強硬に鎮圧させるなんていかにも軍人的発想やね。

てなことで、好況と思われ、一時は盤石と思われた寺内正毅内閣は総辞職に追い込まれてしまいます。

次に内閣になるのは・・そう、ご存知平民宰相やね。
[PR]
サラエヴォ事件を契機とした第一次世界大戦がはじまると、
三国同盟のイタリアに変化が。ドイツ主導の帝国主義に嫌気がさして、連合国側に寝返ってしまうんですね!

アメリカも当初中立の立場をとっていたんですが、参戦に転じたのはドイツが始めた「無制限潜水艦作戦」。戦争状態において、潜水艦が、敵国に関係すると思われる艦艇・船舶に対して目標を限定せず、無警告で攻撃する作戦で、関係ない商船とかも犠牲になる可能性があるんです。

これによってアメリカの船も国籍を確認されないまま被害にあっていて、アメリカも放置できなくなったんですよね。

こないなことで、世界のほとんどの国がドイツの敵になり、アメリカが連合国軍に加わったことで連合国側の圧勝に終わりました。

ここで日本はなんで参戦したんやろね、ていう疑問がでますね。
ヨーロッパ諸国同士の総力戦であって日本は関係あらへんやん、と思うんですが、
理由は、中国での利権の拡大をもくろむ日本にとって、ドイツから利権を奪う絶好のチャンスや!と思ったわけなんです。

そんなこんなで山東半島にあるドイツの租借地「青島(チンタオ)」などを占領することに成功します。

さらに1915年(大正4)、ヨーロッパ諸国がアジアから目を離しているすきに中国に対して高圧的な「二十一カ条の要求」をつきつけました。
袁世凱ひきいる「中華民国」はそのほとんどを引き受けます。これによって中国国内の反日運動を加速させることになります。中国の人はこれを屈辱として「国恥記念日」としたくらいですから。
c0190486_2331956.jpg

このあと日本は
1916年に第四次日露協約
1917年に日英覚書、アメリカとは石井・ランシング協定
をそれぞれ結んで日本が第一次世界大戦中にやったことをロシア、イギリス、アメリカに結果的に認めさせます。

アメリカは日本の中国進出には否定的でしたが、お互いの「門戸開放・機会均等」を認める代わりに日本の特殊権益を承認してもらったのでした。

この「門戸開放」とはアメリカも自由に進出していいよ!ってことです。
当時の世界三大国は、イギリス、アメリカ、ロシアですから、国際社会のパワーバランスで買っていくにはこれらの3国を味方に付けることが必要でした。

逆に言うとこれらが認めれれば、反発する国は世界中で存在しません。
こうして日本は第一次世界大戦で得た権益を確実なものにしていくのでした。

また日本は経済面においても巨利を獲得します。

いわゆる「大戦景気」といわれる空前の好景気。
c0190486_22402980.jpg

好況の原因は、戦争によって品不足に陥った欧州諸国への物品供給とアジアから撤退した欧州製品の穴埋めが輸出を急増させたってこと。

品物はいくら値段を釣り上げてもつくっただけ売れるし、特に戦争物資の輸出にともなう極度の船不足から海運業も発達。ここで思い浮かぶキーワードはあるかい??

そう「船成金」やね。こんな風刺画教科書で見たことあるでしょ。
この大戦景気に一獲千金を得た人ね。
c0190486_23122158.jpg


けれども一般庶民はたいして好景気の影響を受けず、むしろ輸出過剰による国内の品不足のため物価は上がりますます生計は苦しくなっちゃったんだ。

ちなみにこの風刺画は料亭を出るときの灯り代わりにお札を燃やしているんやけど100円札、現在だと20万円くらいの価値のお札のようです。
[PR]
それでは、大正という短い15年の間の大きな出来事、
第一次世界大戦について説明をします。

国際情勢からですよね。

日露戦争によりロシアの極東進出が失敗すると、イギリスはロシアとの対立関係を調整しはじめます。

というのも、ドイツが軍事力を強化してトルコに進出したため、イギリスとドイツの対立が更に深まっていったからです。

イギリスは南下政策をやめたロシアより、あまり植民地を持っていなかったドイツやイタリアが帝国主義化し植民地獲得に乗り出したことが脅威やったわけです。ということで1907年、英露協商を結びます。

でも、それが三国同盟側と三国協商側がにらみ合うきっかけになってしまったのですね。
c0190486_192174.jpg

こうしてパワーバランスが変わることによってバルカン半島でいろいろな紛争が起って第一次世界大戦となるわけですが、直接の引き金になったのはなんといっても
「サラエヴォ事件」ですよね。

1914年、オーストリアの皇太子夫婦がセルビア人に暗殺されるという事件が起こりました。
ここでオーストリアとセルビアが戦争します。
セルビアはバルカン半島にある小さな1国ですよ。

そこにセルビアと親交があったロシアが参戦し、これにフランス、イギリスが加わります。

オーストリアにはドイツがつきます。

こうして、最終的にはヨーロッパ全土に広がり、世界を二分した第一次世界大戦に発展することになります。

日本は「日英同盟」を理由に「三国協商」(連合国)側としてドイツに宣戦布告しこれに参戦します。

つづく
[PR]