いまや歴史の教科書で鎌倉幕府の成立は1192(いい国)ではなく、1185
になっているそうですね。

では逆に1192はなんの年か。そう、源頼朝が征夷大将軍に任命された年ですね。
そして、1192年は後白河法皇が亡くなった年でもあります。

後白河法皇が生きている間は「右近衛大将」という低い地位でしかなかった。単なる朝廷の護衛です。
いわゆる近衛兵ですよ。たった10日で頼朝は辞任しています。
c0190486_22545528.jpg

恐らく、後白河法皇が生きている間は許してもらえなかったのではないかと言われています。
そして、後白河法皇が亡くなった1192年に後鳥羽法皇から征夷大将軍に任命され、名実ともに鎌倉幕府が成立するのです。

ちなみに1185年は守護・地頭の設置。政治基盤(守護=御家人のまとめ役)と財政基盤(地頭=荘園の管理)が確立されたときをもって、鎌倉幕府の成立とみなすというわけです。

ここでふとした疑問。これまで政治の中心は京都でした。そしてその後の足利の室町幕府も京都ですよね。
なぜ「鎌倉」なのか。

それは、征夷大将軍の名目が「蝦夷討伐」のリーダーだったからなのですね。
のちの室町幕府のように、京都にいながら関東を支配するというのは実は大変なことなのです。また、頼朝自身は貴族化して朝廷の中で権力を握ろうという気はなく、また朝廷の権力を奪おうというつもりもありませんでした。
だって、平氏は貴族化して朝廷をも思いどおりにしようとして失敗したでしょ。(ー_ー)!!
むしろ、関東にいて朝廷の権威を借りながら全国の御家人を支配するという体制、朝廷と幕府との共存体制をつくりあげたのです。(^O^)

頼朝はとてもカリスマ性の高い人物で、周囲も頼朝だから言うことを聞くというところがありました。ところが、頼朝は53歳でその生涯を終えます

死因は落馬が原因だったと伝えられていますが、幕府の正史たる「吾妻鏡」」にはその死後の前後の部分だけが欠落しており、どうやら秘匿すべき最期だとも言われています。(@_@)

昔から暗殺説が根強くありますが、落馬が原因というのが一般的とされています。いずれにせよ、突然亡くなったということが言えそうです。(ー_ー)!!

頼朝の死後、2代将軍に就任したのは頼朝の子、頼家でした。しかし、位についてわずか3か月後、独断専横のふるまいが御家人の反感を買い、政治は有力御家人13人の合議制となってしまいました。

ここから北条氏への権力の移行が始まります。\(~o~)/

まず、有力御家人梶原景時を倒します。

梶原景時といえば、源平の争乱の最初の戦いの石橋山の戦いで、頼朝があわや殺されそうになったときに、頼朝を助けた人で頼朝の命の恩人、御家人の中でも最有力者だった人物です。

そして、そして、ニャンと!
時政は源頼家を伊豆修禅寺に幽閉して殺し、頼家の弟・実朝を将軍に据えます。

発端は、比企能員の乱
比企能員は自分の娘を頼家にとつがせており、そこに生まれたのが一幡(いちまん)と公暁(くぎょう)でした。

北条時政は頼朝と政子との間に生まれた頼家と実朝によって力を持つことになりますが、比企能員も同じことを考えていました。つまり比企能員の孫である一幡と公暁も将軍候補となりうるわけです。

そこで北条時政はまず比企能員だまし討ちにし、一幡を殺します。そして言うことを聞かない頼家を伊豆の修善寺に幽閉し、実朝を三代将軍に立てます。

▼鎌倉右大臣とは源実朝のこと。
c0190486_22594429.png


これをきっかけに北条時政は執権となり、北条家が代々世襲します。
そして、翌1204年、頼家は修善寺で殺されてしまいます。

北条時政のあとは、その子、北条義時が執権に就任。
義時は頼家の子、公暁にこう、そそのかします。
「あなたの兄、一幡も父の頼家も祖父の比企能員も実朝によって殺されたのだよ」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!なんと。

いずれの抹殺の首謀者も北条氏ですが、そんなことはおくびにも出さず、公暁は1219年鶴岡八幡宮にて将軍・実朝を暗殺。(享年28歳)
c0190486_23101495.png

鶴岡八幡宮で右大臣拝賀の儀式を無事に終えた実朝が仲章を従えて雪の積もった石段を降りていると、実朝から向かって右側にある大銀杏の陰から若い山伏姿に頭巾を被った公暁が刀を持って飛び出してきて「親の敵はかく討つぞ」と叫び地面を引きずっている実朝の正装を踏みつけて駆け寄りそのまま斬り殺して首を刎ねたのです。 <`ヘ´>

「男は実朝の首を手に持って現場から逃走、楼門の外に居た公家や御家人は慌てふためいて蜘蛛の子を散らすように逃走し、鶴岡八幡宮の中には入れなかった殆どの随兵たちは事件の事も知らないままだった」と『愚管抄』は伝えて居ます。 (ー_ー)!!

本人にすれば仇討ちのつもりだったのでしょうが、これは将軍暗殺の重罪です。
公暁は討伐されてしまいます。(1219年)(享年20歳)

このようにして、源氏はことごとくいなくなってしまいました。

つまり、頼朝は「いい国」を作れなかった。北条が支配するための「いいハコ」を作ったにすぎなかったのですね。
[PR]
保元とくれば平治ときたもんだ。
保元の乱(1156)の3年後に起ったのは「平治の乱」
これは一言で言うと、近臣間の争い。

c0190486_21492150.jpg

平清盛・信西 VS 源義朝と源頼朝・藤原信頼

ここでやっと、源頼朝の名前が出てきたね。

後白河天皇は29歳になってようやく即位し、それまでは今様(流行歌)の練習には熱心でしたが、まともな帝王学も勉強してはおられませんでした。保元の乱に勝利したとはいえ、そんな後白河天皇が政治を行えるわけもありませんでした。

信西、政治のことはすべてそちに一任するぞ」
「ははっ」


後白河天皇の下で実際に政治を行なったのが側近の信西です。

信西(1106-1160)。出家前の俗名を藤原通憲(ふじわらのみちのり)と言いました。藤原といっても摂関家ではなく、不比等の長男武智麻呂を祖とする藤原南家の出身です。中流貴族であり、学者の家柄でした。
頭脳明晰でしたが、家柄が悪いために出世できませんでした。失望した通憲は39歳で出家し、信西と名乗りました。おそらくこの段階では野心などほど遠かったでしょう。
(しょせん俺の家柄では学問をしてもたかが知れている。世を捨てて、坊主になろう)

しかし1155年近衛天皇が崩御し後白河天皇が即位すると、信西の運命は一転します。信西の妻朝子が後白河天皇の乳母を務めていた関係で、信西は後白河天皇に重用されるようになっていきます。

信西が行なった保元の乱の戦後処理は苛烈を極めました。信西は敵味方に別れて争った源平の武士に、身内同士で処刑を行わせました。義朝などは、敵対した実の父為義を斬らされました。想像するも無残な話です。

信西はこうして敵対勢力の弱体化をはかる一方、息子たちや一族を要職につけ権力の地盤を固めます。日に日に権力を高める信西に対して、反対勢力の恨みの声も大きくなっていきました。
後白河上皇に仕えるようになってから周囲から「あさましき程の寵愛あり」と言われるほどの寵愛を受けます。男色関係にあったとも見られています。(げっ!)
しかし時は信西の全盛期。後白河上皇は何かと信西を可愛がります。

おもしろくないのは藤原信頼。
「ふん、ふんっ、家柄は俺のほうが上なのに。信西の奴…上皇さまのご寵愛をいいことに、えらそうに」
一方、源義朝も保元の乱の戦後処理では信西によって実の父・為義を斬らされた恨みもありました。
信西に恨みを持つ義朝は、同じく信西に恨みを持つ信頼に結び付きます。
そこで、藤原信頼は源義朝と組んで信西を殺します。

これに対し自分たちの派閥の人間を殺された平清盛は激怒。平清盛は藤原信頼を倒し、さらに源義朝も倒します。

このとき源頼朝はまだ14歳。元服前の子供だったので、殺されずに伊豆に流されます。

島流しというのは、遣唐使までは伊豆、遣唐使以後は九州の大宰府というのが定石でしたが、瀬戸内海の貿易権を握っていた清盛にとって大宰府は重要な拠点でした。そんなところに反逆者を流すわけにはいかないので、頼朝は伊豆に流されたというわけです。
その結果、頼朝は東国武士との連携が生まれることになるのだから、皮肉なことです。
この乱の結果、当時の院の側近の有力者がどんどん消えて、仲間のうちであった信西までもが死に、平清盛たった一人が残るということになります。
当然、平清盛に権力が集中するということになりました。
c0190486_2151576.png

そして、1167年、平清盛は武士で初めて太政大臣に任ぜられるのです。
平時忠が「平氏にあらずんば、人にあらず」と言ったのもこの頃です。

ただ、出世するのにはワケがあった?使い古された説でよく大河ドラマなどでもその説を採用しているんですが「白河法皇の落胤説」
つまり、白河法皇の隠し子であった、つまり皇族の血を公然と引いていたという説があります。(またまた、あの好色の不倫男白河法皇ですよ。)

つまり、清盛の父は清盛の妻を腹の大きい状態(つまり既にお腹に清盛がいる状態)で朝廷からもらいうけたというんですね。これも真偽のほどはどうなのでしょうか・・。

さあ、そんな中、平清盛はかつて藤原氏が行ったように自分の娘徳子を高倉天皇に嫁がせ、二人の間に生まれた安徳天皇をわずか3歳で即位させます。

それにあたって、平氏は邪魔者をどんどん追い払っていきます。
有力な勢力を「鹿ケ谷の陰謀」で次々と処罰。(1177年)
実際には酒の席で「どうしたら平氏を倒せるんでしょうね」と冗談を言い合った言葉尻をとらえたと言われています。

問題はそのあと。1179年に後白河法皇を鳥羽殿(離宮)に幽閉して院政を停止させてしまったのですね。
・・・・・・なんたる暴挙。策にたけた藤原氏なら天皇と姻戚関係は結ぶけれど、こんな拙速なことはしなかったかもしれません!!!!

平清盛はそこまでやって、一気に権力を手中におさめようとしましたが、当然その後反発が起ります。
安徳天皇即位と同じ年、後白河法皇の子の以仁王平氏打倒の令旨を発し、それによって治承・寿永の乱、いわゆる源平の争乱がはじまるわけです。
c0190486_21583698.jpg

平氏政権はその後、大きく動揺します。
あまり知られていませんが、「福原京」の遷都を強行。福原京は摂津国(今の兵庫県)ですが、日宋貿易の拠点大輪田泊(いまの神戸港)から近いところを拠点にすれば兵糧攻めに合うことはないと考えたわけです。しかし、遷都に対する公家の反発は大きくすぐに平安京に戻ってきます。
また、1180年、「南都焼き討ち」、つまり平氏打倒に同調した東大寺・興福寺を焼き払ってその動きを封じ込めようとしたのですが、自社を焼くなんて日本人の感覚にそぐいませんよね。かえって人々の平氏への反発を招いてしまいました。

さらに平清盛が急死。これは原因不明の高熱で身体に水をかけてもすぐに蒸発してしまうほどの熱で、これもまた・・・・崇徳上皇の祟りだ!と言われています。

さらに、間が悪く「養和の飢饉」が発生。

これらにより、平氏の求心力は完全に地に落ち、都を追われた平氏は瀬戸内海を西に西に敗走。
1185年、源義経、範頼の軍勢によって壇ノ浦に滅び去ってしまいました。

平時子は幼い安徳天皇を抱いて、「波の下にも都がございます」といって、安徳天皇とともに海に身を投じたと言われています。
[PR]
崇徳上皇は、日本史に出てくる
「保元の乱」を起こした方ですね。

百人一首の「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ」(崇徳院)
切ない歌でも有名です。
c0190486_17454281.png

5歳で白河上皇により即位。
しかし、23歳の若さで突然父である鳥羽上皇からから弟(のちの近衛天皇)に譲位するように言われます。

・・なんで?実は疎まれているのにはわけがあった。
父親の鳥羽天皇からは「叔父子」(おじこ)と呼ばれていたんです。
c0190486_1746071.jpg


なななななんと、崇徳は我が子でなく、自分(鳥羽天皇)の妻が祖父の白河上皇と不倫してできたのが崇徳と考えていたらしい・・・!この時代はDNA鑑定なんてないし、真偽は定かでないけど。
いやいやーー、白河上皇もすごい人ですよ。だって、院政をしいて堀川・鳥羽・崇徳の三天皇の時代、43年間もの長期にわたって権力を掌握した人物。気に行った女性にはことごとく手を出したって言うのだから。

そうそう、思い通りにならないのは3つだけって言った人だよ。
鴨川の水,双六(すごろく)の賽,山法師 〈天下三不如意)


そして自分の寵愛する女(ことのほか美人だったらしい)の子、崇徳を5歳で即位させちゃった。
鳥羽天皇が憎む気持ちはわかるけど、生まれてきた崇徳天皇には何の罪もない。

白河上皇が亡くなると、鳥羽上皇は意趣返しとばかりに崇徳を譲位に追い込むわけだ。

天皇になったのは、鳥羽上皇の子の近衛天皇。
体が弱かった近衛天皇が亡くなると、崇徳天皇・・・いや譲位したんだから上皇なんですが、院政を振るうこともできなかった崇徳天皇は今度は自分の子が天皇になれると思ったのもつかの間、今度は自分の弟にあたる(ことになっている)、やはり鳥羽上皇の子・後白河天皇が天皇となるんです。

もともと後白河天皇は、天皇になる器じゃない、父の鳥羽上皇からいわれていたんですよね。なぜなら若いころから遊興にふけり、とりわけ現在の流行歌にあたる今様にのめりこんでいた。今様を歌いすぎて声がでなくなるほどの遊び人で、父である鳥羽法皇に「天皇になる器でない」と思われていました。


ですが、近衛天皇の急死、そして鳥羽法皇もその一年後に急死、それを受け、一気に崇徳方と(鳥羽上皇の遺志を継いだ)後白河方の主導権争いは激化。互いに懇意の武士を手元に集め、摂関家の内紛まで一緒になって激突するわけです。
c0190486_1811948.jpg

つまり、これが「貴族社会の崩壊」
ささいな不倫疑惑が結局は貴族社会を崩壊へと導き、武家社会への移行を許してしまうんです。

ちなみにこの戦いは非常に因縁めいており、崇徳のすさまじい「怨念」で有名。
負けた方の崇徳は捕えられ讃岐に流されるのですが、讃岐で隠遁生活を続けた崇徳は保元の乱の死者を弔うために膨大なお経を全巻写経し、都のお寺に収めて供養をしようとするも・・・

後白河天皇は「呪いが込められている」と言いがかりをつけてこれを拒絶。
激怒した崇徳上皇は、「この経文を魔道に回向する」と舌を噛み切り、滴る血でその経文に呪詛の言葉を書いて没したと言います(ぎええーーー!!!!)

ところが、しばらくすると、都に異変が!!
崇徳上皇がかつて愛したといわれる侍女の屋敷のある東山八坂に怪光があらわれ、
これがきっかけとなって二条天皇が崩御、都に疱瘡が大流行し大勢が病死

その後、事態を重く見た朝廷は怨霊を鎮めるため崇徳上皇に「崇徳院」の諡号(生前の徳を讃えながら)を送るも、その後も大火が起るなどの異変続き。

また、後鳥羽上皇が隠岐に流されるという前代未聞の承久の変(1221)も起る。
その後、何百年も朝廷から武士政権となり・・・

崇徳上皇の怨霊がようやく鎮まったのは明治元年(1868)、崇徳上皇を祀る京都市上京区
「白峯神社」が建立されてからのことと言われている・・。(何年先やねん)
c0190486_17462286.png

ちなみに、白峯神社は京都西陣にある、「サッカーの神様」(蹴鞠の宗家だったことから)と言われ多くのスポーツ選手が参拝しているが、こんな物凄い人(崇徳)を祀っているということを皆さんご存知だっただろうか。
[PR]
今日は美術鑑賞のお勉強として薬師寺、唐招提寺へ行ってきました。
興福寺、東大寺、奈良国立博物館、というコースは何度か行ったことがありますが、これらのある「奈良」駅と、薬師寺・唐招提寺のある「西ノ京」駅は微妙に離れているのですよね。

ちなみに、薬師寺と唐招提寺は目と鼻の先。時代も同じ奈良時代やーん?と思ったのですが・・

・薬師寺=白鳳時代

・唐招提寺=天平末期


と違ごうております。

仏様を仏教美術としてみるならば、美術史の勉強が必要。中国や朝鮮半島の歴史との対比も欠かせません。拡大してご覧になってください。
c0190486_0245783.jpg

奈良、天平の時代の流れを追っていきましょう。
c0190486_0251945.jpg

薬師寺は白鳳時代に天武天皇が皇后である後の持統天皇の病気平癒を願って発願し、建立されたお寺。当時の天皇さんが皇后さんのために、、っていうのは、トンデモない重責を担って国をあげて作ったお寺と言えるかもしれないね。

この薬師寺では「薬師如来像」、その隣にいらっしゃる「日光菩薩、月光菩薩」「聖観音像」がいらっしゃり、いずれも国宝。「薬師如来像」は鋳造の仏様の最高傑作とも言われています。光背は後から作られたそうですが、台座は当時からのものですごく特殊。
台座は四神(中国の霊獣:東⇒青竜 南⇒朱雀 西⇒白虎 北の玄武)を配した唯一の台座とか。古い時代のものなのに、外国的な不思議な感じがします。(高松塚古墳にも四神は見られます。)

日光月光菩薩は腰をくねらせ、非常に格好がいい立ち姿。

ちなみに、「聖」観音の「聖」の字は「千手観音」のように「変化」していない、観音様です。ちなみに、仏様というのは、色々な仏様がいらっしゃるのですが(もっと言うと一切衆生悉有仏性といい、生きとし生けるものはすべて仏になる可能性を有している)
「観音様」は「日本人」の仏様であると言われています。

だって、「螺髪」(天然パーマのような髪型)がないんだもの。インド人ではないよね。
c0190486_0291687.jpg

そして唐招提寺。まず国宝の金堂の均整のとれた美しいたたずまいにハッとし、中にいらっしゃる三体の美しい仏様にさらに心を奪われました。
「盧舎那仏坐像」「十一面千手観音」「薬師如来立像」

特に十一面千手観音様は、非常に大きくて子供のような童顔の御顔立ち、不思議な魅力に取りつかれてしまいました。

c0190486_0374318.jpg

ちなみに、唐招提寺のお額の字は女帝「孝謙天皇」の真筆だそうで。しっかりとした字をされています。
道鏡を寵愛したり、あまりよい印象はもっていなかったのですが、凛とした美しい字です。

奈良時代は仏教で国を治めようとした時代でした。それがため、仏教勢力が強くなりすぎて、平安遷都へと時代は動くわけですが。ただ、国を挙げて信仰で国を治めようとするのはすごいことだと思いました。

奈良の仏様は京都の仏様とはまた違う力強さがあります。

日本の仏教美術の素晴らしいところは、お隣の国のことを悪く言うわけでないですが、仏教を伝来した大陸の方では時代が変わるとすべてがリセットされ、「廃仏」でことごとく打ち砕かれ、素晴らしい仏教美術等がほとんど残っていない。それに対し日本は、色々な時代を経ながらも、それが信仰というよりむしろ芸術作品として次の時代にきちんと受け継がれているところです。

明治維新の頃、確かに「廃仏毀釈」はあったが、たかが知れている。日本人には古くから受け継いできた、美しいものを守っていこうというDNAがあったんでしょうね。

ちなみに当然ながら仏様は写真が禁止だったので、是非google画像検索等でご覧になって、是非足を運んでみてください。外国の方もたくさんおられて感動されていました。日本人なら絶対に行くべきだと思いました。
[PR]
曼殊院からグルーーっと回って、、遠い。
修学院方面から回っても徒歩20分近くかかるようで。

名刹と聞いて行ってみました。
おーー、日本で一番古い、七福神の福禄寿さんがいらっしゃるとな。
c0190486_19374587.jpg

都七福神かあ。福禄寿さんのおみくじをひいたよ。お顔がひとりひとり違うんだよ。
c0190486_193869.jpg
c0190486_19381758.jpg

見所まんさい。自然にも触れ、しかも入山料は無料。素晴らしいお寺でした。
c0190486_19384093.jpg

[PR]
詩仙堂からちょっと歩くのですが・・・うーんなかなか着かない・・

曼殊院、こちらはほんっとに素敵な寺院。
広いし、たくさんお部屋がみれたり、仏さんもたくさん・・
昔の台所とかも見れますよ。写真がダメなのであまり写真がありませんが。

いろいろ感動しきりでございました。
特別公開のお不動さんや阿弥陀様を拝むことができて感動しました。
c0190486_19253412.jpg

c0190486_19263480.jpg
c0190486_19264540.jpg

[PR]
雨の中てくてく。このへんは史蹟のメッカですが、ちょーっと交通が不便かなあ。
c0190486_18421681.jpg

見つけた。
c0190486_18384515.jpg

有名な狩野探幽筆の中国三十六歌仙の肖像は写真禁止。
c0190486_18391116.jpg

間違って狸谷不動院方面へ行きそうになったときであった、石のお不動さん。
ちょっと感動しました。
c0190486_18393355.jpg

[PR]