c0190486_0285286.jpg
c0190486_030431.jpg
c0190486_0304920.jpg

[PR]
雨の哲学の道。
今日は、法然院さんに法話を聞きに行きました。

先日偶然ふらりと立ち寄った際、梶田貫主の法話にいたく感激しまして。

先日の青蓮院もそうでしたが、雨の日に出掛けるのは億劫ですが、お寺などに行くと、お庭が綺麗。

なぜなら、苔さんが元気になるからではないでしょうか。

この日はついでに(?)銀閣寺も行きました。、、普通は哲学の道なんてコッチがメインで来てはるんでしょうね。雨にも関わらず、こちらの参道は人がたくさん。

法然院さんへは、竹林の静かな道がいざなってくれます。

この日はお琴とバイオリンのコンサートが阿弥陀様の御本尊の前でされたり、いろいろなイベントがありました。

素晴らしいお話が聞けて、人のあたたかさに触れ、豊かな気持ちになりました。


c0190486_024836.jpg

[PR]
雨の東山。
c0190486_23263721.jpg


そんな中、青蓮院のお茶席。
土日祝は、春分の日はほぼやっておられるようで。

この青蓮院では木村英輝さんの襖絵があるようで。ご活躍ですね。
c0190486_23311786.jpg


この好文亭は平成5年に中核ゲリラにより放火で全焼したため、再建のよう。そんなんあるんやあ。

焼失前は円山応挙の襖絵のお茶室やったみたいです。
c0190486_23283029.jpg

c0190486_23291447.jpg


お待合いからはもみじのように真っ赤な霧島が映えてきれいでした。

またまた祖母の着物を着ていきましたが、雨と下手な着付けのせいで裾が大変でした。

「どうぞ、ジーンズでお気楽に」と書いてありましたが、中途半端ななんちゃって茶道部員の私はかえって緊張しました。
c0190486_2330865.jpg

[PR]