賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破ったことよって、織田信長の後継者が秀吉であるとほとんどの人が認めるのですが、ただひとり難癖をつけた人がいます。048.gif

徳川家康です。そこで始まったのが1584年の「小牧・長久手の戦い」です。005.gif

「信長の後継者は、信長の次男・織田信雄(のぶかつ)である」と。

家康自身は、織田信雄を後継者に立てて豊臣秀吉を倒そうなどとは、恐らく考えていなかったでしょう。むしろ、そういうことを言っておいて、落としどころを見つけてから退くという考え方だったのかもしれません。046.gif

もちろん来るべき秀吉の政権下でみずからのポジションを確立するためです。
危険な賭けではありますが、家康というのはそういうことをよくやる人です。

ここで両者が和睦し、その結果、秀吉が信長の後継者であるということを反対する者は誰もいなくなります。

明智光秀を倒した頃から、秀吉はいわゆる「太閤検地」をはじめています。056.gif
これにより、それまでの荘園制度は一気に崩壊していきました。070.gif

その後は、名目ではなく実質的に天下統一をする時期。
まず、1585年に長宗我部元親を降伏させて四国を平定。
南蛮貿易などで先進した地域である九州を制圧したら、あとは関東と東北だけです。

京都を都とする時代感覚からすると、残ったのは田舎の地域だけということですから、この時点で実質的には日本の支配者になったと言えます。
c0190486_20403131.png

そして1585年には関白に任じられます。
あれれ、いくら秀吉が全国を力で支配し「オレを関白にしろ」と共用しても、関白には五摂家(一条家・二条家・鷹司家・近衛家)からしかなれないので、そうかないません。

そこで、まずは近衛家の養子になり、一旦近衛秀吉になり・・・
さらに、当時の後陽成天皇に対し、五摂家よりも上位の格を要求します。そこで朝廷がつけたのが、秀吉のために特別に作った「豊臣」という姓。049.gif

ここで豊臣秀吉となり、そのうえで太政大臣になります・・・!

つまり、「関白太政大臣」
その立場で全国の大名に対して「惣無事令」を発します。

「豊臣秀吉が関白として天下の頂点に立ったのだから、もう戦いはやめなさい。これからは、戦闘でなく、私がすべての領土を決めていきます」ということです。

ここからは秀吉による全国統一の完成の後半!

1587年にバテレン追放令、1588年に海賊取締令を出します。
そして朱印状がないと貿易できないという朱印船貿易を始める・・・

1588年、秀吉は自分が京都に建てた聚楽第後陽成天皇を招待します。天皇だけではなく大名のほぼすべてを呼びます!
c0190486_2247121.jpg

まだ奥州や関東は平定していないので、伊達や北条はいませんが、服従した諸大名はみな顔をそろえます。

そして天皇の見ている前で秀吉への忠誠心を誓わせるのです。
戦国大名にしてみれば、天皇というのはみたこともない存在ですよ。彼らをその前に引き出して、ひとりひとりに忠誠を誓わせる、なんてことをするわけです。

1588年には天正大判を出します。通貨を発行するのは自分が支配者であることを人々にPRするためなんですね。
c0190486_20274215.jpg

そして1590年に小田原攻めで北条氏を倒し、同年の奥州平定で伊達氏を服従させ、これで名実ともに全国統一の完成です。

こうして秀吉は織田信長がなしえなかった全国の支配者となったわけですが、その信長が印判に書いた文字は「天下布武」
これは天下を武力で統一していくという考え方です。

つまり、信長がやったのは実質的なところばかりです。そこばかりに汲々として権威の後ろ盾をないがしろにしたところが謀反人を出す背景になったのかもしれません。022.gif

秀吉はつぶさにみていたのではないでしょうか。072.gif
[PR]
醍醐寺を出て、このまままっすぐ帰るのももったいない、と旧奈良街道を歩く。
おや不思議、あんなにたくさんの人がいたのに、誰もいない・・
c0190486_18162950.jpg


小野小町ゆかりの門跡寺院 隨心院に行ってみましたー。梅園も有名だそうで。
c0190486_18182760.jpg


しかーーし。まだ梅はじぇんじぇん咲いていませんで、閉門されていたのです・・
c0190486_18191633.jpg

でもね、小野小町の化粧井戸はあったよ。
c0190486_18205366.jpg

うーむ、ただの「水たまり」に・・・見えなくも、ない。
c0190486_18212830.jpg

そして、地下鉄東西線「醍醐」駅から乗り、無事、帰りは東西線「小野駅」を見つけることができたのでした。
[PR]
今日は、世界遺産醍醐寺で、毎年2月23日の年一度行われる法要、
「五大力さん」に行ってきましたー001.gif

よくテレビとかでやっている、有名な巨大なお餅を持ち上げる、「餅上げ法要」で有名な法要です。

今年は運よく日曜日になったためか、かなりの人。
地下鉄「醍醐駅」から近いのかなあ、と思いきや、10分ちょいは歩かなくてはいけません。
c0190486_1756510.jpg

縁日のようにたくさんの出店。
国宝の唐門の前で座り込んでたこ焼きやらを食べている人が・・。
c0190486_17564361.jpg

仁王門をくぐります。
c0190486_1805011.jpg
c0190486_1822099.jpg

お、やってるやってる
c0190486_183101.jpg

いかにもって感じの体型の人ではなく、比較的細身の人が記録を出しているところが面白かった。
そして、お坊さんが持ち上げられなかった人に対して「それまでで御座います」と言っているのがシュールでおもしろかった。
c0190486_1842154.jpg

お餅が色々な会社とかから奉納されている。おっきいお餅!!
c0190486_1861646.jpg

触るとご利益があるお餅もあったよ。でも色々な人がさわりすぎててさすがに食べられないやろうなー^^;
c0190486_187121.jpg

至近距離から撮れた。テレビ局も来てた。
c0190486_188499.jpg

醍醐寺は広いし他にも見所たくさん!
c0190486_1883968.jpg

五重の塔の前でこの日にしか売っていないお餅を買ったら、なんと売っているのが私の幼なじみ。
実家がお菓子屋さんなんです。
c0190486_1891336.jpg

家に帰って仏さんにお供えしたあと、美味しくよばれました。
c0190486_1810244.jpg


今度、醍醐の花見に行ってみたいなー。
[PR]
京都マラソンに出た後輩に触発され、仕事が終わってから夜走りに・・いや、お散歩にいってきた。

22時に行動開始や。

二条城の周り、走ってる人めっちゃいる。
聞くところによると、西本願寺と東本願寺とか金閣寺とか東寺の周りも、「どんだけいるねん」というくらい、ジョギング&ウォーキング族がいるそうだ。
c0190486_1852546.jpg

帰りは夜の神泉苑。だーれもいーひん。
c0190486_18533535.jpg


「歩く門には福来る」なかなかキャッチ―なフレーズ、は靴屋さんでした。
c0190486_18575657.jpg

二条城の裏にオサレなバーを2軒も見つけたのでした。
c0190486_18542990.jpg

三条商店街をちょいと出たところにレトロな不思議なお店(?)
c0190486_18545921.jpg

ウォーキングどころかたんなる夜の街ぶらですな。
[PR]
食べログでなく、本当の「口コミ」で教えて頂いた、本当に美味しいお店!

場所は円町です。西大路通りに面しておらず、細い道に入るので少し分かりにくいかも。
c0190486_18593757.jpg

じゅわ!サク!でも、もたれない。感想はそれだけ。
気のいいお店の方にも、ほっこりした気持ちになれます。
c0190486_18581612.jpg

c0190486_18572015.jpg

[PR]
c0190486_2212970.jpg

c0190486_2214028.jpg
c0190486_2215015.jpg
c0190486_2215648.jpg
c0190486_2221027.jpg

c0190486_223392.jpg


時間に対する意識は年収と関係があるそうだ。「仕事や人生の目的や目標を常に意識してる」「グチを言わない」「迷ったら新しい選択肢を選ぶ」にYESと答える人ほど年収が高い傾向にあったという。
時間を大切に使い、挑戦し続ける人生の方が、きっといい人生だろう。失敗したっていいじゃない。

最近学んだ成功のキーワードは「メッセージ性」(顧客と対話する技術)、「シナジー」(仲間との対話、タイアップ)です。
[PR]
2月8日は、世継地蔵さんで知られる、五条高倉を下がったところの「上徳寺」で世継地蔵尊大祭という護摩木を炊くお祭りがありました。

もくもくもく、と煙が・・・(@_@)五条通まで煙りのにおいがします。
たくさんの方がお参りに来られていました。

なんでも、この日にお参りすると、「一億劫日功徳日」と言って、1億日の功徳があるとか・・。って千日参りのケタを超えてるーー(ー_ー)!!
c0190486_17292399.jpg

c0190486_17355599.jpg

煙がすごい・・・。雨で傘をもった人が多くて前が見えないよーー。と思っていたら、少しずつ中にすすんでいくことができた。
c0190486_17293060.jpg

c0190486_17303245.jpg

この日は粕汁も振る舞われます。割烹着を着たご近所の奥様が
「どうぞ、おあがりやす」と無料なのに親切にお薦め下さいます。
c0190486_17321261.jpg

c0190486_17344697.jpg


あいにくの雨でしたが、たまたま行けてよかった。
[PR]
c0190486_21105126.jpg

特に行き詰まりを感じた、中小企業の経営者の方に捧げたいことばです。
[PR]
c0190486_20434520.jpg
c0190486_2044352.jpg
c0190486_2044973.jpg

[PR]
「明日ママ」・・・とうとうスポンサーが全部降り、CMが「AC」ばかりになる、という異常事態。

私も一度だけ見たのだが、まず感想は芦田愛菜ちゃんの卓越した演技がスゴイ。
ただ内容が実在する非常にセンシティブな内容を取り扱っているだけに、
「当事者性」という意味で単なるエンタメの域を超えているような気もするが・・・015.gif

・・・・・・・ドラマの内容の「是」か「非」かは置いておこう。

いずれにせよ「テレビ局側」もそれを潰しにかかる方も、どっちも関西弁で言う「えげつなさ」を感じたのは私だけだろうか。008.gif

ネット上で「激論」となっているのを興味本位で覗いてみたが、正直まともな議論になっているとは思えない。

「>〇〇さんは 日本語の読解力がなさすぎると思いますので」
とか、もうケンカ状態。031.gif

それもヒドイと思うが、最近はこの記事にも書かれているように、
「奇をてらったものを作ろうとする製作者側」と
それに対して「クレームをつけて潰しにかかる消費者側」の
「準備力や想像力のなさ」、「気に食わないものを潰しにかかる狭量さ」にへきえきしてしまう。008.gif

なんだか、斉藤茂太さんのいう
「ほがらかで品のある日本人」から遠ざかっているような感じだ。

両者の「品がある」とは思えない行動は「瞬間主義」から来ている。
この前テレビで見たが、若い子のストレスとして「10秒ルール」というのがあるそうだ。005.gif005.gif
10秒以内に落としたものを食べる!というには長すぎるだろ!と思ったら、

要はメールやSNS、ライン等への書き込みには10秒以内に返事を書かないとシカトしたことになる、という強迫観念をもっている若者が少なからずいるということだった。

一瞬にして炎上してしまうネット。
そしてそれが高じて発生するクレーム。
短い間にどんどんもたらされる意見はどこまで深く検討したものかも疑問である。
商品販売やCM放送の中止、なぜ続出?増大する視聴者・消費者の発言力、過剰な反応の企業


今回の件はドラマの内容以前に「テレビ局」の主催者側にも落ち度があると考える。(結果からすると明らかだが)

「当事者」に対して大人としての「根回し」が出来ていなかったがためにこんな滅茶苦茶な結果になってしまったこと。どうせ、反対するから施設側には黙って放映してしまえ、とでも思ったのだろうか。

「銀行員」をデフォルメした半沢直樹を題材にするのと、「自己責任」では片づけられない「こども」を題材にするのとではワケが違うことくらいは容易に想像つくだろう。

ある人に言わせると、本物の「当事者」はドラマみたいに明快ではなく、もっと複雑な感情をもっているし、ドラマ以上にある意味「えげつない」そうである・・「金持ちと貧乏人」などと、色々なことが「わかりやすく」デフォルメされすぎているのだ。

「瞬間主義」的にスポットライトがあてられ、
「瞬間」的にまた忘れ去られていく、
「遠回りをしない」大人たちの都合で振り回されている子ども、施設で働く人たち。

日本人としての奥ゆかしさはどこに行ってしまったのだろうか・・
[PR]
by hito2653 | 2014-02-03 00:10 | 雑感。