c0190486_21251464.jpg

大きな硯石が。
c0190486_21253599.jpg
c0190486_21255851.jpg
c0190486_2126891.jpg

見飽きないなー♪
[PR]
南禅寺の「虎の子渡しの庭」

方丈庭園
小堀遠州作。石組みの配置から「虎の子渡しの庭」と呼ばれているそうだ。

▼上の方が光っていて見づらいが考えてみよう。なんだか頭の体操になる。
「ゲーム理論」みたいだ・・^^; 何回も読めば、やっと理解できる。
c0190486_23115223.jpg

▼これもなかなか含蓄が。
c0190486_23122691.jpg

▼そのお庭らしいです
c0190486_23131028.jpg

c0190486_23145880.jpg

[PR]
南禅寺では庫裏玄関(方丈拝観券売り場の所)を入ってすぐ右の「滝の間」で抹茶をいただくことができます。

茶席券は方丈拝観料金とは別に500円かかりますが、

絶景でのお抹茶、すごーく心が洗われます012.gif

c0190486_21142171.jpg
c0190486_2115191.jpg
c0190486_21152670.jpg
c0190486_21154547.jpg
c0190486_21155834.jpg

[PR]
石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と言ったという山門。

▼ 500円払うと登れます。下から見ると「天下取った人」みたいに見えます。
c0190486_193532.jpg

▼ 写真がブレてるよーー階段が急で・・・ロープがないと怖いよー。でも本当に怖いのは下りのほうでした・・
c0190486_1937020.jpg

▼ 桜の季節でもなく紅葉よりは少し早い。でも、上から見ると清々しい気持ちになります。
高いところにおられる仏様(写真NG)はますます高貴に感じます。
しかしお坊さんは、この急な階段を袈裟着て登ってるんだろうか。。
c0190486_19381468.jpg

[PR]
最近報道されている有名ホテルのメニュー不適切表示問題での記者会見。
あくまで「偽装ではなく誤表示」005.gif

これを見て、なぜ潔く謝らないんだ、と思った人も多いと思う。

これまでの同じような「謝罪」の場面でも、謝罪をするものの苦しい言い訳、そして結局何度も会見を繰り返したすえ、ようやく責任を認める・・・

なら、なんで最初から「認めないのか」!!!!?022.gif
c0190486_1945558.png

これについて、ある大手サービス業で取締役まで務めた父の友人は
「シナリオどおり、大企業であるほど違和感のない対応」と言っていた。

通常、このように消費者に誤解を与え、もしくは騙し、迷惑をかけたのなら四の五の言わずに悪かったことは悪いとすべてを認めるのが「ヒトとしての道理」のように思える。

しかし、真っ先に「組織」が考えることは「消費者への迷惑」ではなく、「組織」の維持。

まず、組織ぐるみの偽装だった、と簡単に結論付けてしまうと、組織自体が消滅してしまう。

そして、彼らが気にするのは、組織の「人事」

消費者の顔より、誰に責任があり、誰を切るべきか・・・この人をこう切れば組織が回らなくなる・・・そういうことが先に頭を巡らしてしまうわけだ。

そうすると「時間稼ぎ」が必要になってくる。
したがって、「偽装をしていました、スミマセン!」と最初に言ってしまうと組織調整の時間が無くなってしまう・・・
なるほど、それが最初に苦しい言い訳をいう理由なんだな。(結局責任を取る形で誰かが辞めたりするのだが)

また、先日「ほこたて」という番組で「やらせ」があったそうだが、あれもなんとしてでも面白い番組を成立させなくてはいけない、という「組織の論理」が行き過ぎた結果であろう。

また以前、元芸能人の講演会に行った際も芸能界を引退した理由をこのように言っていた。025.gif

「自分に子供が生まれて、子供に『嘘をつくな』と言い聞かせていたが、自分自身が芸能界で嘘をついているのが苦しくなってやめた」とのことだった。

その人によると、偶然に出会ったように見せた人はあらかじめスタッフが見つけてきた人であったり、そういったことは枚挙に暇がなかったという。005.gif

また、以前人から「宗教と組織」について聞いて、なるほどと思ったことがある。009.gif

「日本人の宗教嫌い」の原因に「宗教の組織化」があるのではないか、ということである。

宗教が大きくなり、人やお金をたくさん抱え、「組織化」すると、「金」や「権力」など色々なイシューが発生する。
本来は「金」や「権力」は「宗教」とは対極になくてはならない存在であるはずだ。
そして実際本来の目的が分からなくなってきている宗教法人もたくさんある。
それが結果として「胡散臭さ」につながっているのではないかということであった。

つまり「組織運営」がうまい日本人だからこそ、組織化した宗教が目的をはき違えているように見えて、「胡散臭く」感じられてしまうわけだ。

どんどん話は飛躍したが、一人の人としてやるべきことと、組織としてやるべきことは異なっているのは当然である、ということはひとつ頭に入れておきたいと思う。
[PR]
by hito2653 | 2013-10-27 19:07 | 雑感。
アルカンシェル名古屋にて。
ゲストを驚かせ、喜ばせる色々な仕掛けがあってスゴイィィな、って思った!

▼披露宴の前のまさかのビュッフェパーティー!
c0190486_22314520.jpg

▼広いぃ会場。天井が高く、階段からは、、、もちろん花嫁さんが降りてくるのよ、ネ♪
c0190486_2232778.jpg

▼壁だと思っていたところがバーーンと開いて、まさかのオープンキッチン
c0190486_22363898.jpg

▼定番だけど美味しい。
c0190486_22322969.jpg

▼フォアグラさん
c0190486_22323840.jpg
c0190486_22324777.jpg
c0190486_22325421.jpg

▼デザートもビュッフェに女子が続々と並ぶ。
c0190486_2233944.jpg
c0190486_22331779.jpg

[PR]
このところ、疑惑も含め芸能人の「薬物」報道がすごく多い。
以前からといえばそうなのだが、昔みたいに「大麻」だけでなく、聞いたことのない薬なども登場し、どこからが合法でどこからが違法なのかもよくわからなくなっている。008.gif

芸能人の薬物報道の際、と暴〇団とのつながりを論点にされることも多いのだが、別の意味で「芸能人」サイドに立つと、「薬物」に頼るのも理解できなくはない・・と思うことがある。
(理解してはいけないのだが・・)
c0190486_225425100.gif

なぜかと言うと彼らは、芸能人という職業においては常に「絶好調」でなくてはいけないからだ。
また、いつか人気が凋落するのではないか、というストレスは並大抵のものではない。

誰しも仕事などをするとき「調子のいいとき」「調子の悪いとき」があるのだが、彼らは常に人前に立って一番「調子のいいとき」の自分を見せなくてはいけないのだ。
しかし芸能人とて人間。「今日はなんとなくボーっとする」とか「気が乗らない」とか「なんとなくしんどい」という時だってきっとあると思う。
したがって、自分を奮い立たせる何か(薬物)を求めてしまうのではないだろうか。

やらなきゃいけない、と分かっている。
やる気を出さないと分かってる。
でも調子が悪い、なんとなくやる気がしない。


こんなときはサラリーマンだってある。
テンションを保つ、というのは難しい。だって、人間だもの。

そんなときは、フリスク・ブラックコーヒー・ユンケル、愛煙者ならタバコ、最近ならレッドブルなど・・・で気分を奮い立たせて騙しだましで仕事をする。それだってある意味「薬物」の一種だ。
c0190486_22544148.png

この前、マツコと有吉の「怒り新党」という番組で、
いつでもテンションが高くポジティブすぎる人に怒っている人がいたが、
マニフェスト(それに共感)は却下。

理由は「いつも調子いい人って、ありがたいもんだよ。」とマツコ。
調子が悪くて、それを周りに伝染させてる人の方がよほど近所迷惑だ、と。

「調子が悪い」がずーっと続くと、「いつも調子が悪い」と自分を思い込むクセがついてしまう。それが悪いスパイラルになると、鬱病になるのではないだろうか。
とにかく自分も周りも巻き添えにして不幸な気持ちになってしまう。007.gif

「薬物」は当然よくないけれど、「調子がいい」状態をつくるのはまずは「カラ元気」でもいいから、調子よさそうに振る舞うことではないだろうか。003.gif最近そんなことを思ったりする。
[PR]
by hito2653 | 2013-10-21 20:51 | 雑感。
NHKの0655で聴いて、頭から離れない大好きな曲。
実際、龍安寺に行ってみて、すごーーくヨカッタ。

龍安寺の歌

龍安寺の歌/中川翔子

作詞・作曲:堀江由朗・うちのますみ・佐藤雅彦
編集:石川将也


京都のお寺 龍安寺

石のお庭を 眺めれば

ちいさく 広く 静まって

置かれた石の 数十五

吾唯足ることを知る(われ ただ たることを しる)

知足の蹲踞(つくばい)の四字

水をたたえて

京都右京区 龍安寺

池の南に 来てみれば

水分石(みくまりいし)が向きあって

お池の水の嵩をみる

お池の水の嵩をみる
c0190486_22345989.jpg
c0190486_22351244.jpg
c0190486_22352124.jpg
c0190486_22353449.jpg
c0190486_22354136.jpg

[PR]
先日拙ブログで「なぜtwitterで炎上するような「悪ふざけ投稿」が後を絶えないのか。」という記事を書き、この記事から多数のアクセスがあった。

そこで使っていた言葉、「瞬間主義」という言葉。

実はそんな言葉はなくて、この言葉は香山リカさんの造語であるとみている。

私はみのもんたさんを被害者・加害者両方の例として出していたが、
何につけても「結果だけを見て批難すること」これほど簡単なことはない。

インターネットニュースのコメントではいつもこんな感じだ。


「逮捕された」ら全部死刑
「偽装が発覚」したら、そんな会社潰れちまえ
「外国人による犯罪」が起きれば、外国人は日本から出ていけ


あまりに幼稚すぎないか。013.gif

先日「ますだおかだ」が出ているNHKの番組でも、インターネット上の「炎上」についてとりあげていた。

意外だと思ったのが、罪を犯した人側の視点で話していたことだ。

若気の至りでちょっとした罪を犯し、インターネット上に指名や顔写真が公開されてしまう。すると、それがたちまち広がってしまい、罪の重い軽い関係なしに「有名人」になってしまう。

「写真」や実名は、一度流出したものが俗にいう「魚拓」として残され、それがペタペタと色々なところに張られては最早、回収不可能となってしまう。

非常に恐ろしいことだ。


c0190486_6462164.png

その人物の名前を検索すれば、過去の過ちの記事が出てくる。
その若者は、「就職」なども困難になり、その問題を一生背負って行かなくてはならない

そんなの自業自得じゃないか、と思われるかもしれないが、法的に責任を果たしても死ぬまでその「レッテル」のために人生の選択肢がなくなった人間が、自暴自棄になって二度目の犯罪に走る可能性だってある。002.gif

1年くらい前に話題になっていた、いじめの加害者(中学生)は、
その顔写真・実名・家族構成・家族の職業までがネット上にさらされていた。002.gif

いじめ自体はひどいことだが、なんだかこういうことをする人についてもひどく不快感を覚えた。
話題にされなくなった今もその情報はネット上で容易に検索できる。

「金」や「注目」など「結果」のために、その場限りの悪ふざけや犯罪に走る
「結果」だけを見て、その場限りの対応で批難する


どちらにしても「瞬間主義」は社会をいい方向にはもって行かない

一方で、「刹那主義」という言葉がある。
今の「瞬間主義」と似た意味で使われることがあるが、実は仏教の言葉のようだ。

一瞬一瞬を大切に生きるということらしい。似て全く非なる言葉だ。
以下はあるサイトからの引用だが、ご参考にされたい。
「一瞬」を大切に生きられない人が、「一生」を大切に生きられるはずがない、ということなのだろうか。
c0190486_6482677.gif


釈迦の教え 刹那主義 (せつなしゅぎ) とは

★ お釈迦様が弟子に、こう聞かれました
「お釈迦さまは神通力にすぐれ、人の前世や来世が
見えるとの事ですが、私の前世は何でしょうか?」
お釈迦様はこう答えたそうです。

「そんなことは考えなくてよいから、今日(こんにち)
ただ今、この刹那(せつな) を大事にして生きなさい」


★ お釈迦様が使ったこの刹那(せつな) というのは、
今の一瞬一瞬のこと。現代では「刹那主義」といえば
「今さえよければ後はどうなってもいいと思うこと」
との意味ですが、

本来の「刹那主義」とは
「一瞬一瞬を 大事にして生きる」 ことです。そして、
今、目の前の人を抱きしめること、その人に最大限
自分の笑顔を向けること、「私の」持っている言葉と
して温かいもの、人をやさしい気持ちにするもの、
思いやりに満ちたもの、励ますもの、勇気付けるもの、
どんなにひどいことをされても、心を安らげる
言葉遣いを実践することです。


★人間が本当に心の底から幸せを感じられるのは、
喜ばれた時です。喜ばれると嬉しい。
喜ばれる存在になることが価値ある人間です。

[PR]
by hito2653 | 2013-10-13 01:21 | 雑感。
久しぶりのお勉強ブログ010.gif

先週はは京都駅前の「メルパルク京都」で中小企業診断士更新研修でした。

実は京都で受けるのは初めてで、今までは何かと日程の都合が悪く、滋賀や大阪で受講をしていました。

200人くらい入る会場に女性は私含めて3名。
うーん、男社会だ・・。040.gif

時間が13時から17時と長いのに、6階に自販機がなかったことから、何も飲み物を買わずに着席してしまった・・(><)008.gif

長丁場でしたが、京都の観光のことや、再生支援の知識がブラッシュアップできてよかったです。

特に「中小企業の再生支援」というテーマで講師がレジュメに書いていないことをポロっといったことが核心をついているなぁと思いました。


メモ的に残しておきます。
c0190486_043152.jpg
c0190486_043959.png


・社長が従業員の「自慢」をする会社は未来がある
逆に社長が従業員の「悪口」ばかり言う会社は危ない
 

・ヒアリングは重要な資料集めである。相手の言うことをよく聞く。「議論」はしない。006.gif

よく、相手の言うことは8割しか理解できず、それをさらに相手に伝えるときは7割しか伝わっていない、つまり従業員なりに聞いたことを社長に伝えても56%しか理解されないことを心得るべし。005.gif

・「業績が悪いのは外部環境のせいだ」という社長ほど、業界動向や市場(顧客)のこと
(=外部環境)のことがよくわかっていない。社長さえも外部環境の理解を軽視していることは往々にしてある002.gif

・調査の際は、ヒト・モノ・カネ・情報・その他について出来る限り網羅的に分析すること。得意分野に偏らないよう注意する070.gif

・社長が「効率性」という観点を持っているか否かも、再生できるかできないかのひとつの大きなポイント005.gif

・経費削減は冗費が多い会社ほど容易。乾いたぞうきんを絞る方が難しい。007.gif

・従業員のモチベーションを上げるためなにができるかを考える前に、モチベーションを阻害している要因をひもとく030.gif

・計画の「実行可能性」において、税務・法務が「大失敗」につながる可能性がある。特にH25年に改正された、「みなし譲渡益非課税特例制度」(個人資産を法人に贈与した際に譲渡益が非課税になることが「適用されない」こと)に注意
005.gif
[PR]
by hito2653 | 2013-10-13 00:05 | 診断士