ここ10年くらいでSNSが一気に広がり、最早SNSが生活の一部になっている人も多いと思います。005.gifFacebookで「いいね」が増えているか一時間に何度もマイページにアクセスしている人も多いのでは。

SNSはコミュニケーションの手段ですが、「いいね」機能によって簡単に相手に「反応」することができる。そして、自分も他人に「反応」してもらえる。そういう相互反応がスピーディーに行えるようになったことが急速に広がった一因であるかとも思います。

c0190486_22183367.png

c0190486_22203337.png

そこで、ヒトが他者の「反応」を知らず知らずの間に求めている特性について、内田樹氏が著書(Facebookが広がる前の本ですが)で書いていたので紹介しておきます。

コンピューターが出始めた時に「イライザ」というソフトが開発されたことがあったそう。
自分で打ち込んだメッセージに、機械的に反応してくれるだけの、ソフトで
「私疲れてるんです」と打つと
「あなたは今日お疲れなんですね」
とただ、オウム返しが来るだけです。

しかし、これが、神経症患者の治療に有効だった。
何故か。
内田先生によれば、「あなたのメッセージを受け取りました」とはっきり反応してくれることで、承認を得る、という
「会話本来の目的が有効な情報の交換にあるのではなく、言葉を発する人がこちらにいて、ことばを感謝と共に受け取り、それに返礼してくれる人があちらにいる」ということの確認になるからだそうだ。

内田先生は、典型例を、仲の良い恋人、夫婦がそうだ、と言っている。
同じことを意味もなく繰り返してあげること。
言語学者のローマン・ヤコブソンは『一般言語学』の中で、この、人類の「交話的機能」の実例として、
新婚夫婦の会話、というものを採録している、という。そういう夫婦は、ただ、「同じことを繰り返す」だけである、と・・。

「着いたね」
「着いたね」
「いい景色だね」
「ホントいい景色」
「疲れたね」
「疲れた」
これは情報交換ではない。
「ここにあなたからのメッセージを一言も漏らさず聞いている聞き手がいますよ」という事実を伝えるためのコミュニケーションなのです」
「一番愛しあい、一番必要とし合っている人たちの間では、交話的なメッセージが会話の主体となるのです」と。



なるほど。人間は知らず知らずのうちに他者の「反応」を求めている。005.gif
そう考えると色々なことが説明できる。
例えば、「いじめ」とは卑劣な行為だが、いじめて相手の「反応をみる」ということを楽しんでいるのであれば、なぜわざわざ自分より弱いものをいじめて何が楽しいのか、ということの説明がつく。048.gif
相手が怒るからいじめる。泣くからもっといじめる。

また、とあるテーマパークで迷惑行為をおこなった大学生、その他馬鹿げた行為をわざわざツイッターなどで披露するのも「反応」を見て自分はこんなに影響があってスゴイやつなんだ、と思われたいからであろう。


ネットのおかげで他人の「反応」を簡単に得ることができる時代になった。
しかし、「反応を得よう」としてやったことよりも、何気なく行ったことなどで大きな「反応」があったりするものだ。その喜びの方がはるかに大きかったりするから人生は難しい。034.gif
[PR]
by hito2653 | 2013-07-18 22:20 | 雑感。
祇園祭中、木村英輝さんの作品を色々なところで見た。
c0190486_1562147.jpg

c0190486_1565565.jpg

長刀鉾に着いたよ。
c0190486_1573066.jpg
c0190486_1574019.jpg

御旅所
c0190486_1582137.jpg

人がやっぱり多い。
c0190486_1583763.jpg

小路にそれてみよう。
c0190486_1511692.jpg

そしておそばを食べてみよう。
c0190486_1584984.jpg

道の真ん中でうたげをやってる。
c0190486_159479.jpg

八坂さんまできた。下駄なので足は限界に近づいてる。
c0190486_1593725.jpg

八坂さんから見下ろしてみる。やっぱり人多!
c0190486_1592770.jpg

やっぱり傘鉾がすき。
c0190486_1594758.jpg

[PR]
今年の祇園祭は、「静」の美しさを見に、旧家のお屏風を見にいきました。

以下、観光サイトより引用。
「山鉾巡行」は動く美術館とも言われ、この「屏風祭」は静の美術館とも言われています。

各山鉾町では「屏風祭」をしつらえるお家も少なくなりましたが、続けられているお家は表の格子を外して秘蔵している屏風や美術品、調度品などを飾り、祭り見物に来た人々にも、通りから鑑賞してもらえるようにしています。山鉾町の洗練された伝統を守り、文化を大事にしたいとの思いで行われ、山鉾見物に合わせ見逃せない宵山期間中の催しのひとつです。飾られるものに屏風が多いため「屏風祭」と呼ばれています。


屏風祭りは有料のところと無料のところがありますが、今回は有料の「紫織庵」へ(500円)
なお、祇園祭期間以外も町屋美術館として営業されており、和装製品の販売もされています。
c0190486_1439824.jpg

c0190486_14392867.jpg

京町屋の立派なお庭。
c0190486_1440818.jpg

たまたまこの日はお料理屋さんがこられていて、舞妓さんに芸妓さんによる宴席があったとのこと。
c0190486_14412749.jpg

基本的にPHOTOはNGなので、紫織庵の写真はなし。下記は別の旧家でお披露目されている屏風です。
c0190486_14405789.jpg

紫織庵の前には八幡山という山がたっています。
c0190486_155915.jpg

c0190486_14453494.jpg

[PR]
c0190486_21132582.jpg

コミックですが、妙にリアル
読みやすくてパラパラとすぐ読めてしまいます。

Book Offにて購入。シニカルな感じで笑えるし、色々考えさせられるし買って正解だけど、早く読めすぎて定価で買うのはちょっと・・という感じかもしれません。

「ブラック企業」という言葉が一般化したのはいつの頃からでしょうか。
私が就職活動をしていた頃からネットの世界で使われ始めていたような気がします。

当時は「2ちゃんねる用語」的なところがあったかもしれませんが、今はかなり一般化していて、政治家さえも「ブラック企業」という言葉を演説や答弁で使ったりしています。

この本でも紹介されている「ブラック企業」の定義はあいまいで、その職種も様々ですが、共通しているのは「給料が安すぎる」か「拘束時間が長すぎる」かその「両方」か。007.gif

つまり、「薄給ビンボー」か「時間ビンボー」かどっちかです。

現実問題として、そういう人が結婚して子供を作って・・・というのはとても難しい環境にあります。

ブラックとまではいかなくても、若い人の給料がなかなか上がらない中で、
奥さんがいて、子どもが二人いて、マイホームとマイカーがあって・・
というごく「ふつう」の生活ができる人はすごく恵まれている方だと思います。

そら少子化にもなるわ・・とブラック企業の話ですがやや飛躍しますが感じてしまいました。048.gif

今や
「ふつう」であることのハードルが物凄く上がっている時代040.gif
高齢未婚者、失業者等を「ふつう」でない、怠け者だと一蹴するテレビのコメンテーターには腹が立ちます。たしかにそういう側面はあると思うんですが、怠け者と言い切れるんでしょうか。

例えば、若年層の就職率の低さは「選り好み」しているからだ、自分の時代はどんな仕事でも選ばなかった、若者は甘い!というようなコメント。
高度経済成長期はそれでもよかったんですよ。経済成長が低迷する混沌とした世の中において、悪条件でスキルも上がらない仕事に就くことに不安を感じるのは当然でしょう。

少子化⇒人口減少⇒国内景気の悪化⇒企業のブラック化

そういう負のループにならないように、政治家の方々に考えてもらいたいものです。009.gif
[PR]
by hito2653 | 2013-07-09 21:14 | 読書
暑さにのびきってます。
c0190486_2302996.jpg

[PR]
宇治川の鵜飼い見にいくことになり、JR宇治駅下車。京都駅から電車20分弱です。

宇治と言えば・・・中村藤吉で抹茶スイーツや茶そばを頂くのが鉄板でしょ!!
・・・ということを「東京」出身の知り合いに数年前に教えて頂きました・・(^^;
c0190486_23321058.jpg

・・・・・が、中に入ると長蛇の列で・・。外観からは想像もつかないくらいの列をなしていたので、
別のお店に入りました。「かんばやし」さんで冷たいお抹茶を。
c0190486_23322191.jpg

宇治のお茶で有名ドコロには他は「上林春松本店」(「綾鷹」のペットボトルのお茶で有名な)がありますが、
ここは「漢字」の「上林」でなく「ひらがな」の「かんばやし」で違う、とお店にかかれていましたが、ここも創業400年くらいの老舗のようです。
しかし、書いてあるようにいわゆる「抹茶スイーツ」は喫茶には置いておらず。
おいしいお茶を頂きました。
c0190486_23333291.jpg

あらかじめ鵜飼いのチケットをもらい、茶団子を食べながら出航の時間まで一休み。
c0190486_23335710.jpg

「鵜」さんの絵がやたらリアルでございます(笑)
c0190486_2334844.jpg

いざ出航でござーい♪
c0190486_2354186.jpg

たいまつが炊かれ、太鼓の音が鳴り響きます。
宇治市には女性の鵜匠(うしょう)が2名いることが有名です。
c0190486_23342652.jpg

あっと言う間に日が暮れました。
c0190486_23344472.jpg

鵜飼の「紐」は締めすぎると鵜が苦しくなり、ゆるすぎると鵜が魚を飲み込んでしまうため、紐の絞め方が鵜匠の技術となるそうです。
ちなみに、「鵜」の苦手な魚はぬるぬるとした「うなぎ」
「う」が「なんぎ」することから「ウナギ」と言われるようになったそうです。005.gif
c0190486_2335963.jpg

間近で鵜飼を見れて、夏の風物詩を味わうことができました。
c0190486_23351896.jpg

[PR]
c0190486_13384416.png


友人に薦められて読んだ本。
めっちゃ面白かった❤
早く読みたいから会社から早く家に帰りたい・・・ここまで思ったのは久しぶり!

「史上初。江戸川乱歩賞と直木賞のW受賞」

そんなことは関係なしに、映像を見ているかのように躍動感のある文章、ドキドキしながらページがすぐに進んでいくし、なにしろ人物描写がすごい。

ヤクザやホームレス、マネーロンダリング等、アンダーグラウンドな世界を「どこで取材したんだ」と思うくらいリアルに描いている。

アル中で場末のバーテンは実は元東大生。
テロリストの犯人と疑われ、店を去ってホームレス生活。

作者の藤原伊織氏も東大卒だけとあって、伏線の張り方、伏線の回収が緻密でスゴイ。

ミステリー苦手な私も十分楽しめました。
今売れている某ベストセラー小説より断然面白いです(笑)012.gif
[PR]
by hito2653 | 2013-07-06 13:58 | 読書