All ABOUTより引用。共感したので載せておきます。
▼ お膝の上で寝てます。・・おーーヨシヨシ!・・と思ったら、そっぽ向いてどっか行ってしまったり・・・
c0190486_21291724.jpg

1.あたしの中にはたくさんのあたしが存在するの。
時々どれが本当のあたしか自分でもわからなくなるくらい。だから、あたしが気まぐれな態度をとっても、あなたはドキマキしないで、ドンと構えていてね。

2.あたしは小さな犬じゃないのよ。
だから、あたしには猫のためのご飯を用意してね。
あたしはこう見えても小さな肉食獣なの。

3.あたしは自分で身体をキレイにするのが大好き。
でももし、あたしの身体がいつもより汚くなってきたら、それは具合が良くないサインだと気付いてね。

4.こう見えて私は焼き餅焼きなの。
あなたが何かに夢中になっているとき、あたしは少し焼き餅を焼くことがあるわ。構われすぎるのはイヤだけど、あたしの存在を無視されるのはもっとイヤ。

5.あたしは自分のリズムで生活するのが好き。
可愛いフワフワのぬいぐるみ、って思うかもしれないけれど、あたしはちゃんと自分の意志を持っているのよ。あなたの都合であたしを構い過ぎたり、無視したりするのは止めてね。

6.あたしは高いところから眺めるのが大好き。
だからあたしがいつでも高いところに登れるようにしておいてね。


7.あたしの腎臓はとても働き者なの。


あたしがお水をたくさん飲めるように用意しておいてね。

8.引っ越すときは、何があってもあたしを連れて行ってね!

「猫は家につく」なんていうけれど、あたしがあなたを選んだから、あなたのそばにいるのよ。
家の中の生活に馴染んでしまったら、あたしは外では生きていけないの。

9.あたしにはあなたの気持ちがわかるのよ。


あなたが落ち込んでいるとき、寂しいとき、あたしにはすぐにわかるわ。
そばでのどをゴロゴロ鳴らすしかできないけれど、あたしがいることを忘れないでね。

10.あたしの時間は、あなたより速く過ぎていくの。
何時かあたしが年寄りになって、暗く冷たい静かな場所に閉じこもるようになったら、あなたとのお別れが近いかも知れないと気付いてね。
あたしの姿がここになくなっても、あなたの中であたしが生き続けることができるように、どうかあたしと暮らした日々を覚えていてね。

特に9と10はナミダもの。。゜゜(´□`。)°
「かまわれすぎるのは嫌だけど無視されるのはもっと嫌」はどっか他のサイトにもありました。これほどねこの本質を突いた言葉はないかも。人間の女性でもこーゆーのありますよね。子供の頃は完全に犬派でしたが、大人になって妙に人間的な猫の性格に癒されています。

[PR]
by hito2653 | 2012-03-24 21:34
雨が降っていたので普段はあまり行かないゼスト御池の地下街へ行き・・・
ふらっと入ったお店。前から気になっていました。
c0190486_2123852.jpg
c0190486_2124940.jpg

角煮カレー。豚さんがすごーーく柔らかかった。
甘辛い感じでさらっとしたルーも私好みだった。

もともと、本を読むための喫茶店を探していたのだけれど、ちょっと早めの夕食を、と思い入りました。
食後、本を読んでましたが、長時間(と言っても1時間くらいですが)居てもまったく嫌な顔もされず、店員さんも親切で感じのいいお店でした。

お会計のとき、店主の奥様らしき方が、
「角煮、ちょうどできたてをお入れしたので、柔らかかったでしょう?一度冷めてしまうとこの柔らかさはでないんです」と笑顔で言ってくださりました。

ホームページを家に帰ってみたら、思ったより凝ったホームページで、色々かかれてて、
「あ、いいやん★」って思いました。
→HP カレー料理の店白川 HP
「ちちんぷいぷい」でも紹介されたお店のようですね。

今日のゼストは、芸大の人やら、ジャズピアニストやら色々な人が集結していて面白かったです。
[PR]
今、テレビで話題になっているのが、そう、ツタンカーメン展。
四十数年前、ツタンカーメンが来日したときは、黄金のマスクにお目にかかるのに待ち時間3時間、そして数十秒くらいしか見れなかったそうな。

c0190486_21434793.jpg

ツタンカーメンに謎が多く、そしてそのミステリーに人々が惹かれる理由は、
「永遠の命」を信じ、命こそないものの、素晴らしい装飾品として3千年以上後世に残っているところ。

永遠の命、とか不老不死、というのは、古来から「究極の願い」とされており、それは「火の鳥」とか「ドラゴンボール」とかの漫画でも出てきます。(ピッコロ大魔王もフリーザ様もそれを求めた。。ピッコロはウーロンの「ギャルのパンティーおくれ」でその願いは叶えられなかったが・・)

c0190486_21432762.jpg


しかし、そこでふと考えたこと。

仮に今の世の中で、「あなたに永遠の命を差し上げます」と言われ、それが叶うとして、それを望む人はいったい、どれくらいいるのか。

悲しいことだが、五体満足で、年齢も若いのに自殺する人が交通事故で死亡する人よりもはるかに多いとされる現状。
永遠の命だけでなく、「不老」までサービス(?)しても、それを望む人が増えるようには思えません。
お金や仕事が保証されていなければ、生き地獄だってありうるからです。

ぢゃ、「使い切れないほどのお金」を付加すると、やっと「それなら希望します」という人が出てくる、、という感じでしょうか。

それは、ある程度文明が発達したため、これ以上生きてたって、劇的に便利で快適な世の中になるとは考えがたいからなんでしょうか?!
それもあるでしょうが、きっとそれは自分の周りの人がどんどん死んでいって、「自分だけ」が生き残ってもなんら楽しくないからでしょう。だから、ファラオと一緒に奴隷や人形が埋められたのですね。
孤独から開放され、未来に希望が持てれば、「永遠の命」ほど究極な願いはありません。

そう考えると、わたし達には「永遠の命」なんてないんですから、大切な人との時間も「限りある時間」と考え、大切にしなくてはいけない、と思いました(●´-`●) 。
[PR]
by hito2653 | 2012-03-20 21:49 | 雑感。
懐かしい番組、「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!」のメイン企画であった
「イライラ棒」って覚えていますか??
c0190486_20502655.jpg

実は、Wikipediaにも詳しい説明があって、

金属製コースフレームに電極棒を入れ、その電極棒をコースフレームや障害物に当たらないようにゴール地点まで持ち運ぶゲームである。電極棒がコースフレームや障害物に当たってしまったり、定められた制限時間内にゴールできなかった場合は電極棒の先に取り付けられた火薬が爆発しゲームオーバー、即失格となる。テレビなどではこの失格を「爆死」と表現していた。と説明されています。

わたしは最近自分の心の中にも他人の心の中にも、イライラ棒の「コースフレーム」があるんじゃないか、と考え、これを「メンタル☆イライラ棒」と名づけています。

自分や他人のメンタル☆イライラ棒で「爆死」しないように気をつける
・・・これってすごく大事なんじゃないか。

他人のイライラ棒が自分のコースフレームに当たると・・・・・・・・・・・・
自分も他人もどっちも爆死します。Σ(´゚д゚`)・・・
また、「もーーいや!!(*Д`)」ってなったとき、自分自身のイライラ棒が自分のコースフレームに当たって「自爆」することもあります。
爆死しないためには、コースフレームの隙間を広くして、心をどっしり構えることが必要でしょう。

一番よくあるのは、自分自身のイライラ棒が、人の「コースフレーム」にあたって、「爆死」すること。
特に、厳しい人や細かい人は「難易度S級のコース」と言えるでしょう。
「爆死」しないようにするためには、相当な集中力が要ります。

これは相当な「ストレス」かもしれません。

しかし、気をつけてイライラ棒をクリアしていくと、相手からの信頼が得られて、「コースフレーム」の幅が広くなって、「爆死」しにくくなっていくこともあります。そして自分のスキルも上がります。

自分にとって、「学び」がなく、ただただ難易度だけが高いだけの「コースフレーム」なら試合放棄か無視すればいいでしょうけれども、(どんなに腕を上げても、クリアすることができず、すぐに爆死してしまう、絶対略不可能なコースフレームもまれにあります)自己の成長を助けれてくれるコースフレームなら、果敢にチャレンジするべきかもしれません。

どんな人に対しても、まずは嫌われるより好かれる努力をした方が得。
これは最近はまっているたかの友梨さんの言葉です。


まず、気をつける、そして広げる。
メンタル☆イライラ棒で爆死しないための方策は2つしかありません。
[PR]
by hito2653 | 2012-03-20 20:51 | 雑感。
大阪名物「名物カレー」
名物・名物、と2回続き、見た目も、まじりあったカレーと生卵、なんとなくそそられるということで、思わずお店にIN!

◎◎軒、っていう店名だと、いかにも古そうな名前だけど、明治の創業みたいです。

お味は・・意外と辛い。で、意外にもぱりぱりした玉ねぎの触感が。
c0190486_22154972.jpg

うん。なっとくーーー。ナントナク業歴を感じるわ。
750円なり。お店は「大衆食堂風」ですが、決して安くはない。

「自分でもこんな感じで作れそうかなー」なんて思ったり。
でも、自分で作って盛り付けが下手だと、単にキタナイ感じになっちゃうなー。^^;
[PR]
「なぜか、人とお金がついてくる50の方法」 たかの友梨
すごくいい本なので、また引用してちょこちょこ紹介します。
c0190486_23185991.jpg


「信用を貯金する」

無名だったころは、そんなことはなかったのに、成功して名前が知られるようになると、とたんに訴訟をおこされたりする人がいます。
(中略)
高校時代にあなたに対してひどい嘘をついたり、裏切ったりしたことがある相手が、時代の寵児として扱われることになったら、あなたはどんな感想を抱くでしょう?
訴訟などは無理でも、「本性をばらしてやりたい」という気持ちにはかられるでしょう。

「これから頑張って大成功したい」と思っているあなたにアドバイスしておきたいのは、「ウソをつくな」ということ。私が成功してからも変な足の引っ張り方をされなかったのはウソをついてこなかったからだと思います

いまとなってはいい経験ですが、これまで人に騙されたこともありました。しかし、私は人を騙すことだけはしませんでした。そもそも、ビジネスで人を騙す方法など知りませんでした。契約関係や金銭面でハメられるなど、いろいろ大変な目にも遭いました。

でも、どんなに海千山千の経営者たちとも真正面から勝負するしかありません。そして、それができたのは、私を応援してくれる人がいたからです。

ビジネスが大きくなっていくと、「もっといい手があるから私にまかせて。ときにはズルも必要ですよ」という人も出てくるはずです。
うまいこと言ってくるひとは、本当にあなたのためを考えているのではなく、あなたを介して自分が得したいだけ。いざとなると、お金も出さず、力も貸してくれないでしょう。

こういう人と手を組んで儲けようとしたら、あなたのビジネスが汚れます。そして一度汚れたビジネスは、ちょっとやそっとはきれいに戻りません。

人を騙したりするような、汚れたビジネスでは、一瞬、金を掘り当てたように思えても、すぐにそれはメッキのがらくたに変わります。


ウソをつくことで一時的に何かがうまく回るかもしれません。しかし、ウソをついたという事実は、人と自分自身の記憶に残ります。その記憶は想像以上にあなたのビジネスをやっかいなものにします。


苦しいときもウソをつかずにやっていると、いつの間にか「信用貯金」が増えていきます。そして、その貯金はいざというときにとても役に立つのです。

[PR]
by hito2653 | 2012-03-17 23:17 | 読書
震災から1年。

「あの日」以来、仕事を失った人がたくさんいる。
失業保険や援助などで生活していた人がようやく「仕事」に就けて、「職場」に行くとき発生する新たな問題。

それは、「働き方を忘れる」ということだそうです。

「働き方を忘れる」とはどういうことか。
別に、震災以後、やむにやまれず働けなかった人は決して決して怠けていたわけではない。
でも、いざ「職場」で仕事をしようとすると、職場での人間関係の構築や、ビジネスのやり方の勘がどうもつかめない。

なるほど、と思いました。
それは、「手に職」といった、仕事の「専門技術」ではなく、どんな仕事でもお金をもらって、仕事をしていくうえで共通する「何か」なんです。言葉では言い表せないけれど、何か。


そんな話を聞いて、自分自身を省みました。
別に被災もしていない、私が被災者の方を引き合いに出すのは不謹慎極まりないのですが、
仕事を途切れることなく、ずっと継続してやっている人でも
「働き方を忘れる」ことってあるかもしれない、
って思ったんです。

例えば、日常の慣れの中で、その場しごぎの対応をする。
組織なのに、自分良かれの行動をする。
何のために、ってお金のために働いているわけですが、それだけじゃなくって、自分や会社やお客さんや社会のために働いているっていう認識が抜け落ちてしまう。

仕事や生活になんの不自由もしていないのに、「働き方を忘れる」そんな状態にともすると、陥りがちです。

3月は一つの節目。そんなことをふと考えていました。
上でいう、被災者の方の「働き方を忘れる」とはちょっと意味合いが違いますが、恵まれた環境の中での働き方をちょっと直してみたいと思いました。
[PR]
by hito2653 | 2012-03-13 21:38 | 雑感。
c0190486_11375128.jpg


私の好きなピアニストで、上原ひろみさん、という人がいる。
グラミー賞取るほどの有名すぎる人だけど、グラミー賞の特集は、B'Zばかり。
珍しく雑誌に特集が組んであったので手にした。

好きな言葉
「笑う門には福来る」
ハイテンションで笑いながらピアノを弾く彼女だけど、オフは物静かで控えめな女性。
海外公演が多くて、思いもよらないトラブルも多いけれど、自分自身の笑顔が自分を助けてくれることが多い、とか。

笑顔で思い出したけれど、これも私が好きでいつも手にしている漫画、
西原理恵子さんの「ぼくんち」のかの子ねーちゃん。

c0190486_11411799.jpg


この漫画は「泣くくらいなら笑え」がテーマでどぎつい表現も多いけれど、なんだか励まされることがある。

「ねえちゃんはなんでいつも笑うの?」
「こうなったら自分が一番いややということを考えて見なさい」
「まず、かあちゃん。母ちゃんが白骨死体で発見されたらいやや」
「にいちゃん。サラ金よりだいぶ気まずいところで金借りてつかまったときや。もしかあちゃんやにいちゃんがそうなってたら一番いや(泣く)」
「きっとかあちゃんもにいちゃんもそんなことになってない。だから笑えるんやん。」
ねえちゃんはこのあと、「ふつう嫌なこというたら自分のことを考えるのに、かあちゃんとにんちゃんの心配をしている二太はほんまええ子や、ゆうて50円くれた。
ぼくはそのお金であんずアメをたくさん買って神社でひとりでたべた。


大人になると、自分の利益だけを守ろうとする人だってたくさん見えてくるし、
ダークなところも、嫌でも見なきゃいけない。

でもすべてをイヤだと思って笑えなくなってしまったらおしまい。どんなときも、あえて笑える人。それが「福来る」なんだよな、って思った。
嫌なこともあるけれど、うれしいこと、たのしいこともいっぱいだよ。
「ありがとう」って伝えたい人。たくさんいるよ。だからもっと笑わなきゃ。
[PR]
以前、私はブログのなかで事業家で成功する人は自身を「ツイてる!」って意識的、無意識的に思えるマインドの持ち主だとブログで書いていたことがあります。とは言っても、もともとは私の言葉ではなく、中小企業大学校で尊敬できる先生がおっしゃっていたことですが。

そして以前、また私のブログの中で「怒らない系」の本が増えている、と言っておりました。
最近思うこと。
「怒らない系」も多いのですが、本屋に行くと「ツイてる」系の本も多いなぁ、と思います。

朝の番組ではどのチャンネルでも占いランキングがやっているし、大人も子供もビジネスマンも主婦も、「いつも」ではないけれど、自分の「ツキ」を気にしているように思います。

ふと気づいたのですが、「怒らない」系の本の中でも、
「怒ることでツキを遠ざける」とよく書かれています。

そうして考えると、「怒る」とか心の状態と「ツキ」は表裏一体なのではないかと思いました。

そんな中、それを裏付けるコラムがありましたので紹介しておきます。

「本当にツイている人とは」
人生にだんだんツキを失っていく人は、自分はツキのない人間と思い込んでいる人である。
そして悪い結果はほとんど人のせいにしてしまう。

ツキというのは、自分自身で手に入れていくものである。
ただ、そのツキは具体的には他人を通してもたらされるものである。

だから、人に感謝できないような人、心が素直でない人、可愛げがまるでない人などはだんだんツキから離れていくようになる。

これまで何度も紹介してきた松下幸之助は、自分を本当にツイていると信じ込んでいた。それも徹底してそう思い込んでいた。だからいつも危機を乗り越えたのだ。

あるときは妻むめのに助けられた。自信を失った若き日の幸之助がおしるこ屋さんでも始めようかと言い出したとき、叱咤激励し、初志を貫かせた。そして自分の弟たち3人を創業の支えとして働かせた。

その中で一番上の弟が、戦後、幸之助から離れ、三洋電機を創業した井植歳男である。しかし、幸之助は井植歳男の功労を忘れずにいた。自分より先に死んだ義弟の葬儀のときも、一番前で深々と参列者たちにお礼のあいさつをしていたという。

井植歳男も男の中の男である。体の弱い幸之助に代わって陣頭指揮を取り続け、松下電器の発展を支えた。

また、三洋電機を創業したときに新工場を火災で失った。
車の中でその報告を聞いて井植歳男はこう言った。

「社員にケガ人はおらんかったか。よかった、よかった。燃えた工場は建て直せばいいんや」と。

これを聞いた幹部たちは、井植の膝の上でオイオイ男泣きしたという。
工場が燃えても人の責任を問わず、社員にケガがなくツイているという発想。
おそらく松下幸之助とともに身につけた成功のための最大の武器だったのであろう。
こうした松下幸之助や井植歳男のために、命がけでがんばるリーダーが育った。
ツキというのは結局、人を介してもたらせされるのだ。

松下電器と三洋電機の成功と発展はこうして実現していったのである。
すべての悪い結果を人のせいにするのはたやすい。
しかし、それではいつまでたってもツキはやってこない。
すべての失敗を自分のほうに原因を求め、そしてツイていたと信じる。
これがツイている人間の構造なのである。
「総合法令社 コラム」/(文)ハイブロー武蔵


立派すぎてなかなかマネできませんが、人に責任をなすりつける行為は、結局ツキを失い、天に唾する行為と言えるのでしょう。やり場のない「怒り」を人にぶるけるのもしかり。
[PR]