c0190486_231571.jpg


門倉貴史 二発目~!~(´ー`~)
それもアウトロー系の本で2発目~(笑)!

・・と思いきや、どうもタイトルと違って、私の大好物のアウトロー中心の本ではなかった。

主に「税」について書かれているマジメな本。

サラリーマンの税金が「クロヨン」とか「トーゴサン」といわれるように、「取りやすいところから」むしり取られているのは、よく知られる話。前別の拙ブログにも書いた。

「稼いだ分」を、税金を取られずに、できるたけ手元に多く残そうとすると、サラリーマン以外の稼業がいい、ということになる。

さらに、地下ビジネス、つまりアングラの仕事であれば、税金なんて1円も納めないんだから、稼げておまけに税金までおさめなくてもいい、ということで、
「そら、儲かりますわ」ってことになる。

ただ、この本ちょっと古い。なにせブックオフで100円で購入したから(笑)2005年11月初版。門倉氏が「ほんまでっか」にまだ出ていない時期。でも、結構売れたみたい。

今や個人情報の廃止された「長者番付」が話の軸になっている。
終章には「来るべき大増税時代にそなえよう」と。これは、まさに、今現在である。
さらに、
復習の意味でもう一度質問してみよう
質問①「野球選手や大学教授はなぜ個人会社を作るのか?」
質問②「同じ年収なのに長者番付に載る人と載らない人がいるのはなぜか」
本書を読み終えた読者なら容易に回答できるだろう。
とある。

ちょっと勉強してる人なら、本書を読まなくても、そこそこ的確な答えを答えられるだろう。

でも私が個人的に思うことは、「なんだかんだでサラリーマンでもそこそこ儲かる」ってこと。
失業した友人が、無給になったのに、国民年金やら毎月結構な額を払わなくてはいけないことに驚いた、
と言っていた。そうなるわな。サラリーマンは社会保険の半分は会社が出してくれてるわけだし、商売のように少なくとも「赤字」になることは絶対にない。

国や会社の社会保障の枠組みからあえて離脱し、税金も社会保険も払いません、好きに稼いで自分の老後は自分で面倒見るワイ!、という人もいるかもしれない。

でも、現在の生活保護受給者の多くが過去そういう人たちだったことも忘れてはならない。(・A・)
[PR]
by hito2653 | 2012-02-28 23:35 | 読書
先日読んだ、たかの友梨さんの本で「ファーストな体験を楽しむ」
とありました。

ファーストというのは、ファーストフードのファースト?ではなく、
「わ、これすごい」と思えるような「ワクワクどきどきするような経験」のこと\(*^▽^*)/:・

以下、「なぜか、人とお金がついてくる50の習慣」たかの友梨より引用
「私は『ファーストな体験』と称して、スタッフにも日頃から意識的に新しい経験を積むようにすすめています。スカイダイビング、クルージング、グリーン車に乗る、ふぐを食べに行く、カジノに行く・・何でもいいけれど、ワクワクドキドキするようなはじめてのことに挑戦するのです。

私自身の経験でいえば、はじめて東京に出たとき、はじめて海外に行ったとき、はじめて店をもったとき・・それはそれは張り詰めた高揚感に包まれました。
でも、慣れてくるとどうということはなくなります。
ビジネスを展開するうえで、この感覚マヒは恐い。ときにこの業界は感覚の鋭いおしゃれなお客様が相手。鈍くなったらお終いです。だから、私はいまでも次々と「ファーストな体験」を重ねているのです。」

「ベースの生活はきちんと守りながら、ときどき自分を成長させる自己投資としての贅沢をする。これが成功する人たちの共通するお金の感覚なのではないかと思います」


なるほど。
私の尊敬する税理士の岡本吏郎先生は、贅沢とは破滅への道でひたすらケチンボ生活を推奨しますが、見栄や単なる浪費の贅沢でなければ、投資としてたまの「ファーストな経験」という考えもアリかな、と思います。

なんだかんだ言って、人を動かすのは、「お金」
・・・・・・というわけじゃないですが、「わっすごい!」という感動とそれにともなうわくわく感。(*´ー`*)

こんなのを例に出すのはどうかと思うけれど、前回レビューに書いた「ヤクザ」本。
ヤクザが女を落とすときは、「今までに食べたことのないようなものすごく美味しいもの」「ものすごく贅沢なホテル」などで感動させ、モノにするのが常套だそうな。
とーぜん、ヤクザ自身だって、あっと驚く贅沢は大好き。
確かに、今のように暴排条例が出る前は、有名料亭などの上得意はヤクザだったって言うからね。
若手のヤクザは親分が、凡人が泣いて感動するような「ファーストな経験」をしているのを目の当たりにし、「俺もあんな風にしたい」と、命がけ、脱法行為までして成りあがろうとする。


一般人、特に最近の若い人にそんな感覚ってなかなかないと思います。「そこそこでいいや」「贅沢は敵」と思いがち。(・ω・)決して暴力団礼讃ではありません。
ただ、見習うべきところはあるのかな、と。

▼ 後輩は年1回、リッツカールトンの良い部屋で泊ったり、滅多にできない贅沢をするとか。
c0190486_1635853.jpg



例えば、「今までにないワクワクする経験がしたい、さらにはお客さん(上のヤクザの例で言えば「女」)にそういう経験をさせる、ビジネスにしたい」と思ったからこそ、たかの友梨さんはビジネスを成功させたのではないかと思います。あと、共通しているのは、恵まれていない生い立ちであった、たかのさんも「何もないところから」生み出しているというところ。何もないところから、上昇志向で夢を実現しているのです。「背伸びをすれば背が伸びる」これもたかのさんの言葉。

ヤクザの話とたかのさんの話を重ね合わせるのは失礼千万ですが、「ファーストな感覚」というものは勉強になりました。( ´∀`)ノ
[PR]
前にも書きましたが、「紳助」問題から、「暴力団」「ヤクザ」への一般の人の関心が高まり、
正直いままであまり日の当たらない分野であった「そっち系」のライターにとっては、やっと「稼ぎ時」がやってきたのかもしれない。

ビレバンでも「アウトロー」コーナーみたいなのができていて、結構人気のコーナーみたいだ。( ´_ゝ`)

そのなかでは、あまり目立たない本だったんだけど、「これすごい!」と思い購入。
2008年の本で、ちょっと古め。amazonとかでは既に絶版になったるんやけど、体当たりの取材が
リアルすぎて怖い。
このちょっとふざけた(?)絵の表紙とは違って、中身はオモシロ半分の噂話とかではなく、本気のルポ
心理学者とかが(恐らく想像で)書いた「やくざの交渉術」みたいな本とはまったく違う。

c0190486_1544243.jpg

(中には、「詰めた」指のホルマリン漬けの写真やら、刺青彫ってる実際の写真やら。白黒やけどグロいの無理な人は絶対あかんね・・(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル)

これ、457+税でたったの500円の本やけど、この鈴木智彦っていう人、命がけの取材してるわ・・。
実際にヤクザの世界にもぐりこんで、寝食ともに、まではいかないけれど、うまいこと取り入られえ、取材をしてる。ただ、この人も溝口敦と一緒で命の危険にさらされてるみたいやけどね。

すごいよ。「破門」と「絶縁」の違いとか、ギョーカイ常識が写真付(破門状)で載ってる。
あとは、カネの稼ぎ方とか、どういう人がヤクザになるとか。

ただし、この本はちょっと古いこともあって、当然ながら※暴力団排除条例については言及されていない。

※「暴力団排除条例」条例ではあるが、全国的に発令され、実質国家の法令と化している。
暴力団との一切のかかわりを排除するのが目的であり、一番の特徴は、民間人をもその処罰の対象としていえるところ。アウトロー作家の宮崎学がこの条例の廃案を提唱しているが、この対談を読めば論点がだいたい分かる。→→
宮崎学:暴力団を社会から完全に排除することの意味を考えてみた
この人は「※暴対法」のときにも、同じように異論を唱えていたが・・

(※暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律:通称「暴対法」は平成3年施行)

この鈴木智彦って人は、最近「ヤクザと原発 福島第一潜入記」という本を書いて、注目を浴びている。
本屋さんで平積みにされていたり、話題の本のコーナーに置いてあったり。

この本も「決死の潜入取材」とか「ルポの中のルポ」とか非常に好評価。--(・∀・)

実はテレビや学校では本当のことを教えてくれないかも。
命がけで取材して本当のことを伝えようとする人、すごいと思う。

注:この本は、リアルで恐らく「本当のこと」を書いていますが、上記の原発の本と違って、猟奇的なオモシロさだけを目的に購入する人がターゲットです。
[PR]
by hito2653 | 2012-02-23 15:18 | 読書
c0190486_18173589.jpg


「人に好かれる」「お金持ちになれる」
・・こっち系の本は本屋に山をなし、(もちろん我が家の本棚も・・^^;)
読んでも、その人の独自の価値観であったり、目新しいことがなかったり・・゜゜(´□`。)°

・・・だけど、そういう本とは一線を画した、「買ってよかった」本!012.gif

エステでおなじみの「たかの友梨」さんの本です。
上記の理由で最初は本屋で買うかどうか迷ったんですが、amazonの書評を読んで、購入に至りました。


<メルマガで引用させて頂きました>
あくまでもイメージなのですが、「たかの友梨」さんって、
お嬢さんなのかと思っていました。
そうしたら、私生児で、養子に出され、
昼間と夜の仕事をして・・・
という表現があったのには、正直驚きました。
ビューティーというイメージとは違い、
辛い経験をたくさんしているのです。
それでも女性に、美しくなるという「希望」を与えることができるのは、
この本を読めば、たかのさんの精神が分かると思います。
また、そういう過去の自分をさらけ出せるくらいに、
もう自分というものを確立している証拠ですね。

<色んな分に赤線をひきました>

平成(昭和をかけて)スカーレット、オハラでしょうか。すごいなあ。
とにかく感動した。いい本です

<いかにして、今の”たかの友梨”というブランドが存在しているのかわかりました>
私は離れていく人には執着しないけれど、縁のある人のことは大切に考えています」
人と人とのつながり、「縁」というものを大切に生きているからこそうまくいったのだと思う。
フェイスブックがはやっている今の時代だからこそ、特にこの「縁」というものをちゃんと大事にしないと
いけないのではと考えさせられました。


私が特にすごい!と思ったのが、一昔前、大手エステのライバル店が倒産したとき、「エステ業界」全体への不信感が募りました。
もちろん、その余波は「たかの友梨」にも。━(゚Д゚)━
そこで社長が行った決断がすごいんです。(`・ω・´)

かつてのNOVAのときのように、紙切れになってしまった、エステチケットを「たかの友梨」自社で使うようにしたそうです。よその会社が作った借金を黙って返すような行為ですよね。その額は数十億にものぼったとか。

売上げが激減する中、会社ばかりか個人の資産まで持ち出して行ったそうです。
それが結果として、「たかの友梨」さらには業界の信頼回復にもつながったというのですね。

この方のすごいところは、「これ」と決めたら行動が早い。しかも「オール・イン」、つまり中途半端はしないというところ!!

大きなことは「お金があるからできるんでしょ」「特別な才能があるからできるんでしょ」(´・∀・`)
ついついそう言い訳して何もしない人が大半ですが、
この方は、私生児として生まれ、貧乏に苦しみながらも、腕一本でできる仕事として美容のスキルを上げ、自分自身は騙されても絶対に嘘は付かなかった。そして貯金された「信用」を担保に銀行から1億ものお金を借りることができた。
当時は「女に1億も貸す」なんて絶対にありえない時代であったそうです。


ただし、たかのさんは言います。借金にも2種類あると。
一つは「成功への借金」、もう一つは「堕落への借金」

「仕事は他人の金でやれ」という習慣15のタイトルに最初疑問符がありましたが、
成功への投資を行い、感謝という利子をつけて返し、それでさらなる「信用」を貯金する。
ビジネスの真髄なのだな、と思いました。
[PR]
by hito2653 | 2012-02-19 18:33 | 読書
サントリーのビール工場見学。
無料だけど、予約制。すごくイイという話を聞いて行ってまいりました。
場所は長岡京市というところです。

*写真撮影OKとのこと。カメラ持ったお兄さんおっさんやらが。中には本気の一眼レフ持ってきてて、サントリーのお姉さん激写してる人いた・・。趣旨ちゃうやろ・・、と^^;

▼駅からはサントリーバスがお出迎え。
c0190486_19215856.jpg

▼着いたあ
c0190486_19222930.jpg

▼最初の30分はパワポなどを使い、バドガール、ならぬ、モルツガールによるプレゼンがあります。
c0190486_1922437.jpg

▼工場見学で最初に見たもの。巨大なタンクのようなものが!
c0190486_1923152.jpg

▼同じように見えて用途が違うようです。
c0190486_19231224.jpg

▼お客さんに見てもらうことが前提になっていますね。テーマパーク化してます。
c0190486_19233148.jpg

▼前発酵で出来た若ビールを貯酒(後発酵)タンクに送ります。
c0190486_19235443.jpg

c0190486_1924320.jpg

▼瓶詰め工程です。
c0190486_19263062.jpg

▼なんとご丁寧に、ビールに合うおつまみの紹介まで・・。最初にキャラメルクッキーを一気に食べたんですが食べた直後、「キャラメルクッキーは黒ビールによく合いますので、残しておいてください」といわれた。ありゃりゃりゃ。
c0190486_19241326.jpg

▼この短いピッチで3杯ってきつくないかあーー!!(*´д`*)しかも「試飲」ってレベルの量じゃない。
c0190486_19242225.jpg


おっちゃんで一人で来ている人がいて、明らかに初めてじゃないやろ!みたいな人もいた。
プレミアムモルツへのこだわりが、これでもか、というくらい伝わってきた。これも販売促進というか企業PRの一貫なんだろうか。

で、3杯も試飲し、、てか3杯目はさすがに半分残し、帰りのサントリーバスの中でへべれけになりながら帰ったオスカーさんなのでした。
個人的には、ビールの美味しい注ぎ方が一番勉強になった。これから缶ビールでもちゃんとビールグラスに注いでみようと思ったよ!
[PR]


友達の結婚式のムービーで流れていて、ずっと探していた曲。
「めばえ」のコーナーの曲ですね。声がぐっとくる!歌詞もすごくいいんだよ。
昨年末に続き、来月、再来月と友人の結婚式が続きます。
お祝い事が多くてうれしいかぎり。

熊木杏里 - 誕生日 歌詞
誕生日のことは覚えていますか?
ろうそくのにおい 胸にためた
あなたのことをお祝いしましょう
あなたである今日と明日のために

生きてきたようで
生かされてる
そんな私であって
あなたである

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
つらいことの方がよくあるけれど
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ

もらったものを覚えていますか?
形ないものもありました
特別ではないものが特別になって
あなたを幸せにしたこともあったでしょう

何もできない
なんてことは
私にもないし
あなたにもない

おめでとう
奇跡があなたなんだよ
暗闇に灯ってる火のように
ありがとう
手のひら合わせられるのは
あなたがこうしてここにいるからなんだよ

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
思い出がまたひとつ増えました
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ .

[PR]
by hito2653 | 2012-02-12 19:47 | 音楽
▼Wikipedia より、画像と注釈を引用
c0190486_20123079.jpg

ビスク・ドールの「ビスク」とは、お菓子のビスケットと同じく、フランス語の「二度焼き=ビスキュイ(biscuit)」が語源である。人形の頭部、場合によって手や全身の材質が二度焼きされた素焼きの磁器製であったことに端を発している。当初は陶土を型に押し込んで作られたが、後に量産可能な液状ポーセリンの流し込みで作られるようになった。前者をプレスドビスクといい、後者をポアードビスクと呼び区別している。ポアードビスクの技法は1885年頃からあるようである。

元は衣服の宣伝用のミニチュア版の衣装を着させる目的で作られた観賞用の人形(大人の女性の姿をしたファッションドール)だったが、1850年代の万国博覧会に出品された市松人形の影響や、新富裕層の台頭などの社会的事情もあいまって、子供の姿をしたベベドールが登場した。


知り合いにお誘いいただいて、とあるホテルへ、ビスクドール展というのに行ってまいりました。
そこでは見たことのないような光景が・・・

100体を超える人形と、人形作家の方々、そして、そのファンのおば様方。
自分の母親とそう変わらないような、それ以上の年齢のおば様方が、人形を見て、
「かわいらしい、かわいらしい」って言ってるんです。
そこで一体30万円くらいするそうですが、こういったファンよりポンポン売れるみたいです。

人形作家の方も、ファンの方も、いかにも生活や時間に余裕のある有閑マダムの方々、っていう感じがしました。もともとヨーロッパ貴族の趣味から始まっている感じだから、とても優雅な感じが。

こういう世界もあるんだーという意味で勉強になった。
趣味の世界は深い。

おばさま方が「かわいい」と思う気持ち・・・・
・・・・・リアルな表情、可愛らしいお洋服、子育てを終えたお母様が一つの偶像(?)としてお人形を愛でる気持ち、なんとなく理解できるような気がしました。自分の孫をかわいがる気持ちに近いのかな。
[PR]
c0190486_17435659.jpg


ホンマでっかでおなじみの門倉先生。
2009.1 初版のちょっと古い本です。ですが、今の世相を現している。面白い!

「地下経済」の専門家、ってことで、私はてっきり地下といえば採掘、天然資源の経済研究かと思っていましたが・・。

地下とはアングラの地下。暴力マネー、性風俗産業、アウトロー、グレー企業・・
そういう「地下」だそうです。

慶應卒のボッチャン上がりの真面目でオトボケキャラの経済学者だと思っていたら・・・
あら、おもしろそうじゃない。


はじめに
第1章 食い物にされるワーキングプア
第2章 世界中に蔓延する「貧困ビジネス」
第3章 ますます悲惨な非正規雇用の実態
第4章 「安全」より「安さ」を選ぶしかない人たち
第5章 台頭する貧困対応型セックス・ビジネス
第6章 「規制強化」は貧困層を救うのか


サブタイトルも興味深々でしょ。
アウトロー好きのオスカーさん、わくわく。

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガク

「敷金ゼロ・礼金ゼロ」のゼロゼロ物件の恐怖!
新規参入が相次ぐ「保証人」ビジネス
多重債務者にニセの養子縁組させる「リセット屋」
搾取に手を貸す弁護士まで登場
「六重派遣」で給料の半分をピンハネされる
中国産冷凍食品抜きでは成り立たない日本の食卓
売上減少、給料低下、セックス産業「不況知らず」の神話が崩壊
風俗嬢の収入減で業界も所得格差
不正某氏が貧困問題を悪化させる生活保護のジレンマ


どうやって調べてん!!っていう統計や、独自の表も満載。
文章も「ですます」の語り口調ですごく読みやすいですよ。

世の中を裏側から見ると、本当の「よのなか」が見えてくる。おススメの本です。
[PR]
by hito2653 | 2012-02-10 17:52 | 読書