生まれて初めてプロレス観戦に行きました。
西原理恵子の「できるかな」ばりに、「まずやってみる」、みたいなのが好きな「いっちょかみ」の私。。。
この「ドラゴンゲート」っていうのは神戸に本拠地を置くプロレス団体で、関西では大人気らしいですね。よくチラシやポスターを見かけます。

プロレス、ってコッテリしたおっちゃんが見に来るものっていう偏見があったんですが、行ってにてびっくり。若い女性の多いこと多いこと。特にこのドラゴンゲートはイケメンの選手が多いためか、非常に女性ファンが多いとのことでした!
c0190486_22125060.jpg

▼ メインイベント!会場は満席!子供や女性の歓声が響く!
c0190486_22131832.jpg


プロレスに行ってみて思ったことは、レスラーはもちろん「アスリート」なんだけれど、エンターテインメント性を大いに持っている、ということ。

スポーツ観戦、というより一つのショータイムやね。もちろん、それが悪いのではなく、鍛え上げた体を存分に使い、お客さんを楽しませてくれます。

いい意味で「裏切られた」感じの人生初の経験になりました012.gif
[PR]
スパイスチャンバー1回目

再来店。前回はキーマカレーでしたが、どうしてもチキンカレーが食べたくて。
c0190486_22463786.jpg


カウンターだけの店内は、11:30の開店とともにすぐにいっぱいに。

カレーは、ひと口目がすごく甘い~??
フルーツが入っているのかな、と思うくらい。でもあとからスパイスがホロホロと効いてくる感じ。
若いママさんによると、ルーは一切使わず、スパイスのみ。

とろみは玉ねぎだとか。甘みも玉ねぎの甘みとのことで、1皿に玉ねぎ1個分入っているそうです。
丁寧に作られたカレー、お値段ちょっと高めに思われるかもしれないけど、価値ある一皿かも。
c0190486_22522826.jpg

[PR]
今日は会社の茶道部のお茶会、というかお披露目会でしたが、すっごくオタオタしてしまって、役立たず、な自分に反省。備忘録的に書いておきます。
c0190486_225724.jpg


・お茶会の成否は水屋が勝負!あわてなくてもいいように事前に用意しておくこと。

◎「立礼」など組立の必要なお道具は事前に組み立てて用意しておいて、安全な場所(たとえば床の間等)に置いておくこと。

◎お茶碗等のお道具も事前に数を確認したうえで準備し、お水屋に準備しておくこと

◎自分が使うふくさ、古袱紗などのお道具もちゃんと前日チェックしておく

◎当日の参加者の人数をあらかじめ、できるだけ把握し、どのお席に何人来るかを把握しておくこと。人数の把握で段取りが全然変わる。あとは、事前の宣伝をしっかりと。
(事前の宣伝よってお客様がかなり増える)

◎お湯はお茶碗を温めるのにも使うので事前にヤカン等でたくさん準備しておくこと。ポットなどを使うと便利(2席目以降は一度つかったお茶碗は温まっているので、お湯で温めなくてもOK)

◎新品の茶巾は糊がついているので、前日からお湯などにつけておくこと

◎お水屋は人の動線を考えて広めに取っておくこと

◎時計など貴金属類は、お道具を傷つけるので準備の段階ではずしておくこと。

◎お茶碗などはお水屋の机等に直接置かない。滑るので事故のもと。必ずタオルや不織布などをひいてその上に置く。

◎女性はズボンは×。お茶会当日はスカートをはいてくること。

◎立て出しのときのお茶の分量に注意。いつもと入れる感覚が違うので多すぎないように注意!多すぎるとかえってお茶が立たなくなる。

◎誰が何をやるのか予め考えておく

◎お世話になった人へのお礼や感謝を絶対に忘れない


・・仕事みたい^^;こうやって書いてたら次のお茶会のときはちょっとは段取りよくできるかな。
[PR]
小川珈琲は、地元京都で有名な珈琲の会社。

ここの直営の喫茶が、本社工場のすぐそばにあります。070.gif

「西大路花屋町より東に直進で800m」というちょい便利が悪い場所にありながら、いつもお客さんで賑わっています。

大きいハコのお店でありながら、ご近所さんらしきお客さんと親しげに会話されるスタッフに好感が持てます035.gif

▼ 今日はいいお天気~。車やチャリで来ているお客さんが多いようですね。
c0190486_18322556.jpg

▼ 2階席は広々ゆったり。つい長居をしちゃいそうです。
c0190486_18324087.jpg

▼ 小川「珈琲」だけあって、やっぱりコーヒーは美味しいですね。
c0190486_18331186.jpg

▼ コーヒー系デザート。上はふんわりホイップのウインナーコーヒーみたいな感じかなあ。
c0190486_18332365.jpg

[PR]
3連休は組合活動で、の全国男女共同参画会議に参加しました。

そこで私は恐れ多くも
全国男女共同参画委員長としてごあいさつや分散会の司会などをさせて頂きました。

正直「やらされ」感があって頂戴したお役目でしたが、全国から集まった委員の方とも仲良くなれ、たくさんの人の意見が聞けて、色々考えさせられる素晴らしい機会になりました。

中でも感動したのが、男女共同参画会議主催の蛯原恵子先生の講演会です。

この先生はファシリテーションの講師やキャリアカウンセラー、起業のお手伝いなどもされており、バリバリのビジネス経験のある先生でありながら、お母さんのように包み込んでくれるような、温かい先生です。

事務局長さんは女性で子供が3人いながら、仕事、家庭、事務局の仕事を両立されている方ですが、講演が終わった後、感極まって泣いておられました。

「今までがむしゃらに走り続けてきたけれど、肩の力を抜いてもいいんだよ、って言われたような気がして」と。

▼山本家本店の味噌煮込みうどんです。
c0190486_017045.jpg


中でも心に残った言葉が、
「育児をしている女性が仕事をもつと、嫌でも仕事のパフォーマンスを上げざるを得なくなる。今は忙しくても人を増やせない時代。仕事のスリム化を否が応でも考える。それが会社の成長にもなるんです」

そういえば、事務局の方は、お二人ともお子さんが3名もいらっしゃるのに、すごくテキパキされている。066.gif

キャリア、というのは「轍」(わだち)、という意味があるそうです。
つまりその人の人生全て。キャリアを考えることは仕事も家庭生活も含めて、自分の生きてきた足跡を考えることです。

男性の育児休暇の話がありましたが、これは「子供のため」ももちろんありますが、お母さんの「マタニティー鬱」の防止やサポート、一緒に家庭を作り、家族全ての「キャリア」をつくっていく方法なのだ、というお話も頂きました。058.gif

自分の成長にも会社の成長にもなる子育て。まだ結婚すらしていないわたしですが、心に響きました。012.gif
[PR]
今日は診断士有志の勉強の場、「販売促進学会」の勉強会でした。
会場はいつもの祇園のロシア料理店、「キエフ」です。070.gif

本日のテーマは「ベトナム最新事情」ベトナムで縫製工場を立てたい!とクライアント(奥様が日本人の日本在住のベトナム人)に相談を受けられ、現地に行かれたときのレポートをもとにした講義でした。010.gif

販売促進学会はご年配のベテラン診断士の方が多く、中には私が生まれる10年以上前に診断士資格を取得された会員の方もいらっしゃいます。今回もご年配の先生方が多く、和気あいあいとした勉強会になりました。012.gif

▼ ボルシチ。赤い色は赤カブの色だそうです。
c0190486_181203.jpg


ベトナムには中国文化も少し残っており、漢字の看板もあるようでした。ベトナムの人の国民性は、ある本にいわせると「勤勉で嘘をつかず真面目」成長途上にはありますが、今のところ中国のような所得の格差もなく、現地の人と接するのに中国のようなストレスは少ないとのことでした。

中国のここ5年くらいの急速な経済成長をオーバーラップするような成長がみらえるとのこと。
しかし、その中国の行き過ぎた部分が是正され、日本にとっても今後ますます友好的な国として発展するであろう、とのことで講義はしめくくられました。
c0190486_18182771.jpg


そこで、日本の中小企業にとっても今後ベトナムはますますビジネスパートナーとして身近な国になっていくことでしょう。
しかしながら、「現地法人を作る」という目的であると「経営革新」の認定の対象にはならないとのこと。確かに、日本国において雇用を生まないのであれば当然かもしれませんね。042.gif

あとは補助金においても、現地の領収書の信ぴょう性が薄く、海外への投資はベトナムに限らず補助の対象となりにくい、という問題もあるようです。040.gif

▼ これも美味~。ビーフストロガノフとライス。
c0190486_18181036.jpg


販売促進学会は、普段「先生」と言われている方々が「アウトプット」でなく「インプット」の機会として輪番制で講師を務める勉強会です。

最後に、また今度オスカーにも講師をやってもらおう、と先生に言われましたが、、、
トンでもございません!超ベテランの先生方前に、、^^;このままだと、ギブアンドテイクには成っていないですが、堪忍してもらいまひょ。
[PR]
by hito2653 | 2011-02-06 18:21 | 診断士
c0190486_17462379.jpg


「その日のまえに」重松清(文春文庫)

家族とは、生とは、死とは・・
をリアルで著者ならではの表現力で描いた作品です。035.gif

しかし、本書の読み方に私としての失態が!!
7編となっているのですが、私の傾向として短編小説は頭から読まずに読みたいところから読む、というものがあります。004.gif

だから、一番読みたい「その日のまえに」を最初に読んだんですよね。
それはそれで感動したのですが・・・。

実は、これ、最後の「その日のまえに」から続く前の4編は微妙につながっていて、最後の「その日のまえに」以降の3編でこれまでの登場人物「全員集合」みたいになってたんです。017.gif

もしそれを知っていたなら感動も倍だっただろうな、と思うとちょっとくやしくて(笑)048.gif

でも知らずに読んでもこれだけグっとくるんだから、すごい小説です。あとから読み直すと、前半4編の後編へのさりげないつながりは作者の才能をうかがわせます。012.gif
[PR]
by hito2653 | 2011-02-05 17:42 | 読書
1月の最後、「新年」と言えるギリギリの日に初釜に行かせて頂きました。
▼うさぎさんのお干菓子がかわいい。
c0190486_233443.jpg

▼おかんの着物。おかんが何度も着たお古で、おかんも若いころ初釜に着たとのこと。よく見るとちょっと汚れていて、今まで避けていたんだけれど、実はお気に入りの着物だったとのこと。
ちょっとした汚れくらい気にならない年齢になったし(爆)好きな緑で椿も季節に合ってるってことで今年のチョイス。
c0190486_225945100.jpg

▼先生のお友達に(ショートなのに)アップにしてもらいました。着物も着せていただきました。・・すごすぎる。。その方に「上村松園の絵のような御顔ですね。松園顔です」と言われました。よく分からなくて、笑っているしかなかったのですが、家に帰って調べてみると上村松園はうちのわりと近所に住んでいらっしゃったんですね。美人画を中心に描いておられたとか。お世辞にしても最高の褒め言葉でめちゃうれしかったりする。
c0190486_2315597.jpg

▼松華堂。おいしすぎ。初釜の楽しみでもあります。
c0190486_2322894.jpg

[PR]
c0190486_17282725.jpg


「ミラクル」辻仁成(新潮社)
大好きな小説です。3回読みました。久しぶりに読みたくなって、一気に読破。すぐ読めます。

僕はママを知らない。だけど、きっとどこかにいる。いつもどこでも僕はママを探しているんだ―

こころやさしい、おじさんの幽霊2人ダダとエラソーニが少年アルを見守ります。
(P.57)
「人間はずっとママに許されて生きていくんだよ」
「でも僕にはママがいないよ。僕はだれに許されるの」
005.gif

・・そして、そんなダダとエラソーニも次第にアルに見えなくなってくるのです。
(P.147)
「それはな、つまり現実に振り回されているからじゃ。人間は現実に生きる動物なのだ。あるが現実に生きていくのにしたがって、私たちの体は次第にお前にもみえなくなってしまう。」

「いずれアルも私たちのことを忘れてしまう。これはある意味でしかたのないことだ。そうじゃないと人間は過去に支配されて未来をもとめなくなってしまうからな」

「僕は嫌だ。二人のことを忘れるなんてそんなこと嫌だ。」
007.gif

大人になってなくしてしまったものを、もう一度見つめてみることができる、素敵な本です。
[PR]
by hito2653 | 2011-02-03 17:27 | 読書