<   2011年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

早めに仕事が終わり、親に電話したら
「ラーメンでも一緒に食べに行くか!」と。
20時にしまってしまうので、平日に食べに行くのは「初めて」くらいかな

名物、黒いチャーハン。スープを使って味付けしているのかな
c0190486_23264571.jpg

ラーメンは大なら生卵が入ってきます
c0190486_23274154.jpg

あ、全部自分で食べたわけとちゃうからね、もちろん。。
[PR]
おとぎ話で、タイトルは知っているけれど、あらすじが分からない、っていうのは結構ありませんか?

「ウサギと亀」くらいは分かるだろうけれど、ちょっとマイナーになるとすぐ分からなくなる。たとえば先日お茶の御稽古で「茶釜」を見たとき「ぶんぶく茶釜」ってあったなぁ、と思いきや、、ストーリーは全く分からず。あとで調べると、たぬきの「恩返し」の心温まるおはなしでした。

同じタヌキの話で「かちかち山」までマイナー度を落としても、それとなくしかストーリーが分からない。

c0190486_21542985.jpg

かなり前に心理学者の河合隼雄さんの「おはなしの知恵」という本を読みました。「おはなし」には洋の東西を問わず、昔の人が考える「知恵」や「真理」が隠されていると言います。

先ほどの
「タイトルは知っているけれど、あらすじが分からない」おはなしの中に

「青い鳥」というおはなしがあります。

wikipediaでは、
「『青い鳥』(あおいとり、フランス語:L'Oiseau bleu)は、モーリス・メーテルリンク作の童話劇。1908年発表。5幕10場。2人兄妹のチルチルとミチルが、夢の中で過去や未来の国に幸福の象徴である青い鳥を探しに行くが、結局のところそれは自分達に最も手近なところにある、鳥籠の中にあったという物語。」

とあります。

「幸せ」を追い求めて、チルチルとミチルは旅に出る。
とにかく、遠いところにそれを求めてしまう。
でも幸せはごく身近なところにあるというのです。

世界をまたにかけてビジネスを行い、お金がたくさん入ってくる生活をしていても、家族が泣いていて、結局ひとりぼっちの人。
自分だけが「自分は特別」と思いながら生きる、「裸の王様」(ここでも「おはなし」が出てきました)

とても幸せだとは思えません。

当たり前のように家族や身近な仲間が健康で笑って過ごせること、そんな幸せに私たちはなかなか気づきません。大切な人を失うことで、「青い鳥」の存在に初めて気付かされるのかもしれません。
[PR]
ホリエモン小説デビューーってことで、買ってた、っていうのは嘘で、家族の誰かが買ったので家にあったのを読んだもの。ネット上でも結構話題の作品なので。

c0190486_042410.jpg

確かに面白いかも。
小説家が書いたのではないとすぐにわかる文章だけど、そのごつごつした文章がかえって自叙伝的なリアル感を押し出している。

24歳年収200万円のフリーター。東大卒のホリエモンとは違う設定だけれど、明らかにホリエモンを投影してる感じ。ちなみに会社名は「ネクサスドア」

一攫千金のヒルズ族の生活、金で女、酒、地位、名誉、を手に入れた甘美な生活。

上りつめて見下ろして初めて気づく、金や利権にしがみつき正論を吐く、「マスゴミ」やその他の知られざる社会悪の数々。

リアリティーがあった。

ビジネスとは何か?金とはなにか?改めて考えさせる本。ちょっと専門的と見えるところも、これまでのホリエモンのしてきたことを振り返ると理解できるレベル。専門用語という意味では勝間和代さんのEXITよりも読みやすいし、展開があってすらすら読める。006.gif

Amazonとかで中古本が出たら読んでみる価値あり。071.gif

ネット小説っぽい文章だから1,400円+税は高いかも?040.gif

なお、表紙の絵を描いているのは「ブラックによろしく」で有名な漫画家、佐藤秀峰さんです。
[PR]
by hito2653 | 2011-01-25 00:04 | 読書
自分の生活を振り返ってみる。
毎日同じ日常の繰り返し。まさに慣性の法則だ。015.gif

「就職活動」という現実から逃避したかった学生の頃は
「会社の歯車なんて嫌だ」
「サラリーマンになったら日常に埋没して『本当の自分を見失う』」
みたいなことを言っていた人もいるだろう071.gif

若いころは「自分らしさ」を失うことを極端に恐れる。
しかし、そんな若い頃だって結局「学生生活」という名のもとの「慣性の法則」のさなかにいるから、「就職」から逃げるのである。「結婚」や「転職」だって似ている。040.gif

多くの人は「自分を変えたい」という気持ちと「変えたくない」という気持ちのせめぎ合いの中に生きている。

自分にとっての「伊達直人はなんなのか。
それは「外的刺激」に他ならない。・・・・・・つまり「人との出会い」
自分にとっての伊達直人を探そう。060.gif
[PR]
最近よくテレビでお見かけする「伊達直人」
偽善とか自己満足とかいう人もいるけれど、注目したいのは「行為」自体のよしあしではなく、その「行為」にかりたてるほどに「人の心が動かされた」という事実。

テレビで社会心理学者が面白いコメントを言っていた。

元来人間は「人の役に立ちたい」とか「いいことをして人に喜んでもらいたい」という気持ちを誰しもが持っている。しかし、「照れくさい」という気質を日本人が持っているがためになかなか行動に出すことができない。そんな中、先手を切って「伊達直人」なる者が行動を起こしてくれた。それに対して我も我もと追随者が出てきたのである。005.gif

自然現象でもある例が出された。
-7度の部屋に水の入ったペットボトルが置かれていたが、振動があるため水は凍らない。
しかし、ひとたび常温のところへ持っていき、地面にバン!とたたきつけると、常温でたちまち水は凍ってペットボトルの水は氷の柱になってしまったのだ。071.gif

つまり、何も外的刺激がないところでは、「こうなりたい」という願望があってもそれが実現されることはない。それは「慣性の法則」からで、今の自然現象でも人間の心理でも、今の状態を保ち続けようとする現状維持の作用が働く。048.gif

そこに、ちょっとした外的刺激を与えると、たちまち「元来ありたかった姿」に「現状」を変えてでもなろうとする。「伊達直人」という「外的刺激」が「慣性の法則」を打ち破ったのである。

人は外からのちょっとした刺激から行動を起こすようになる、というのが社会現象として表れているのは面白いと思った。012.gif
[PR]
腕まくら~
c0190486_2162827.jpg

お膝にのってくるよ
c0190486_2165423.jpg

[PR]
「西の魔女が死んだ」梨木香歩ちょっと前の作品ですが、amazonなどでの絶賛をうけ、ずっと読みたかった本です。012.gif
c0190486_22274888.jpg


何も知らずに読みましたが、いまはやりの(?)「おばあちゃん」系の本です(笑)
ただし、この本の主人公はクオーター、つまりおばあちゃんはイギリス人。
魔女とはおばあちゃんのこと。すごく描写がきれいな本です。
うつくしく、やさしく、物悲しいストーリー。評価が高いのがうなづけます。

ただし、わたしがすきな「おばあちゃん系」は「がばい」系です。「トイレの神様」のおばあちゃんが実写版になる際、「おばあちゃん」役が岩下志麻になると聞いて正直少しガッカリでした。きれいすぎる・・。リリーフランキーの東京タワーがドラマや映画化されるときも、「おかん」役は倍賞美津子よりも樹木希林の方がわたし的にはハマリでした。070.gif

話がそれましたが、第二話の「渡りの一日」も「西の魔女」と実はつながっていて、なかなかおもしろいです。「感受性が強くて生きにくい子」・・主人公のマイですが、ノルウェーの森のような非日常感も味わえ、よい作品だと思います012.gif
[PR]
by hito2653 | 2011-01-20 22:38 | 読書
ピエールマルコリーニが東京駅で買える、という情報を仲間から聞きつけて、早速帰り東京駅でお店を探してみることにした。
ピエールマルコリーニとは銀座の有名なチョコレート屋さん。以前、銀座で足を棒にして探索して、そこのお店で食べたパフェを食べてその美味しさに感動したことがある。

待ち合わせ場所の「銀の鈴」のすぐ近くにあるらしい。。012.gif
このゾーンは「切符を買わないと入れない場所」のゾーン。
なのに、この近辺はすごい人・人・人。005.gif
とても駅の「そのゾーン」とは思えず、ショッピングモールさながらの集客力である。
京都のコトチカも駅中でショッピングという発想でできたけれど、切符を買わなくても買い物ができるのでそこが違う。071.gif

お店はすぐに見つかった。でも、他の「東京ばなな」のようなお土産物屋さんのように列ができてごったがえしている様子はない。理由は、結構なお値段がするから。048.gif
c0190486_21563964.jpg

一番小さなチョコ1箱で1,890円。店員さんの教育がよくされていて、お客さんの好みや予算でアソートもしてくれるみたい。053.gif
c0190486_21565969.jpg

銀座のお店と違って、店内で食べるスペースがないので、アイスを駅中ゾーンの椅子でいただく。1カップ630円也。高級なアイス、ひとくちひとくちがめちゃおいしい。011.gif
c0190486_220657.jpg

東京駅オリジナル商品もあるところがニクい。今度東京へ行った帰りもまた寄ってみるかもしんない。

帰り、予想外の大雪に見舞われ、新幹線が徐行運転、1時間40分も遅れて京都に到着。
帰宅は遅くなったけれど4時間以上すいてる新幹線に乗るのも悪くなかったかも。「安全な非日常」、乗ってたら絶対京都につくからね。「阪急電車並み」の遅さの新幹線なんてそう乗れるもんじゃない^^:
[PR]
今年の初トーキョーは組合の出張で。

今回はスケジュールにゆとりがあったので、卒業以来初めて、中小企業大学校での「戦友」に会うことができました。

そして私の、行ったことがないところがぃぃぃぃー!というリクエストにこたえて連れて行ってくれた場所が
「上野」

正直何があるのがぜんぜん知りません。030.gif
「かわいそうなぞう」の上野動物園くらいか(笑)「アメ横」も上野なのね。ミナミの「アメリカ村」を「アメ村」というみたいに、「アメ横」も「アメリカ横町」の略かとおもっていたら、「アメヤ横町」の略らしいです。。
・・・てか、知らないのは私だけかぁ。071.gif

▼人多!京都の錦市場の比じゃない。年末とかすごいことになってるんやろな。
c0190486_2147865.jpg

▼ チョコレートのたたき売り、とかこういうディープなのがイイ。
c0190486_2144160.jpg

非常に「雑多」。鮮魚屋の向かいにはおばちゃん向けの「ブティック」。一坪しかないお店がどこまでもどこまでも続く細い路地。狭い店にいかに多くの商品を陳列するかで工夫がこらされています。

それにしても「この中トロ千円」「時計ぜんぶ千円」「セーター全部千円

やたらセンエンセンエンが多かったのは、やはり釣銭に困らず、「これくらいならいいか」と思える価格だからなのかなぁ。
[PR]
頂きものの「かす汁SET」で粕汁を作りました。(おかんが作りましたが・^^;)
その「かす汁SET」、ただのSETじゃありません。
c0190486_2333363.jpg

酒粕、金時ニンジン、大根、全て
無施肥無農薬なんです。酒粕は無施肥無農薬米の酒粕でして。010.gif
で、無施肥無農薬ってなに?と思われるかもしれませんが、
無施肥無農薬というのは世間でいう「有機栽培」とは全く一線を画したものです。

つまり、化学肥料はもとより、「有機肥料」さえも一切肥料をやらずに作った作物です。

ここで疑問が生じますよね。
私は中学の理科で、自然の作物はその果実などが腐って養分になるから再生産されるけれど、人間が果実などを取っていってしまうから、肥料をやらずに作物ができつづけるのはあり得ない、と習ったのを覚えています。
そのあり得ないことが起こっているのが無施肥無農薬栽培です。
現に栗東の水田は56年間全く肥料をやらずに稲が育っています。

嘘やろ?と思う人もいるかもしれませんが、こうして近畿大学の名誉教授も立会いのもとやっている実験が全国各所で行われています。

原理は、「土を生かす」農法。単にほったらかしにするのではなく、土を大切にしながら作物を育てることで土にある種の「熟練」をあたえるのです。実際、継続年数が長い田畑の方が、豊作で形もよい作物が多いそうです。

あえて「無施肥無農薬栽培」と長ったらしく書くのは、「自然栽培」とか「自然農法」とか書くと、有機農法や減農薬とよく間違われるからだそうです。とことん本物を追求する。そうして認定された作物には「NPO無肥研」の認定がもらえます。

・・と前置きが長くなりましたが、粕汁の味は、、
▼ きれいに撮れてませんね、ごめんよ。
c0190486_2381760.jpg

(おかんへの)お世辞抜きに、
おいしい!!!!!!!!当然砂糖もみりんも入れていないのに、すっごく甘いんだ。

酒粕自体があまいのかもしれないけれど、野菜がすごく甘いというか、野菜の味がするというか。

かす汁の味に感動してしまいました。
↓↓無施肥無農薬栽培の製品はここで買えます。小米(こよね)茶園って名前もチャーミングですが、とってもチャーミングで元気なおばさんの小野さんの熱い思いが伝わってきますよ~。
楽天 「小米茶園」無施肥無農薬のお茶
[PR]