<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「ぷちフロンティア精神」が幸福と成功を導く012.gif

えらそうなタイトルをつけて、完全にある方の言葉の受け売りの記事ですm( ..)m

とても共感を得たので、メモとして記事にします。070.gif

私たちって、快適な環境にいると、そこから抜け出すのはなかなかパワーが要りますよね。

でも・・・↓↓↓
ぬるま湯につかっていると、心地はいいんだけれどずっとそこにいると進歩発展はない。007.gif

外に飛び出していく勇気が必要です。でも外に飛び出すのはさまざまなリスクがある。
リスクを嫌って外に出ていかないのはいいが、文字通り「煮え切らない」気持ちのまま日々を送っている、という人がたいていの人ではないだろうか。040.gif

成功者や人生を楽しく生きている人は、必ずといっていいほど「フロンティア精神」を持っているという。056.gif056.gif
▼ オスカー・ピーターソンも黒人差別が色濃く残っていた時代に、ジャズピアニストとして不動の地位を確立しました。
c0190486_23301943.jpg


ぬるま湯から出ると風邪をひいてしまうかもしれない。しかしいつかはぬるま湯も冷めてしまう。

小さな勇気と行動力(ぷちフロンティア精神)が人生をより豊かで楽しいものにするというのだ。

それは何も事業家や研究者に限らない。

たまたま、パーティーやちょっとした用事で知り合った人と交友を深めることだって、家庭の主婦が新製品のホームベーカリーで作ったパンをご近所に振る舞う、そんなことだって立派なフロンティアだ。

要は、自分から行動して、人と「分かち合う」、状況を作り出すというのだ。071.gif

そこには、有馬温泉か別府温泉が待っているかもしれない。
秘湯につかりたければ今そのぬるま湯から出て行こう006.gif

※最近寒いですねえ。。私もなかなか最近お布団やらお風呂から出ることができません。。。(^^;
[PR]
お茶会のお会記(お道具などをお客様にしらせるもの)を頼まれたが。。。

こ。。。これは大変だぁぁ━━━(;´Д`);´070.gif

5時間かかったけど、満足に行くものが書けず・・

(アウトライン<下書き>1時間、1枚2時間×2 ※休憩含む)

なんでそんな時間かかんねん、ってお習字やったことある人にはわかるはず。

全体の気脈が通るようにするとか、満足がいくようにしようと思えば1カ月かかると思われ。

お茶会は来週。お道具がなかなか決まらなかったから、お道具のFAXが来たのは金曜日。

もうちょっと書きこむか。

時間がない・・・
c0190486_038567.jpg

[PR]
ご近所さんで、とっても評判がよくほっこりしたお店。
両親が先にここで夜ごはんを食べてとてもよかったとのこと。

少し遅れて私はランチにおじゃますることにしました~。011.gif

▼ かわいらしいお店です。客席はカウンター8席のみのちっちゃなお店です。
c0190486_23185712.jpg


お店はとても若いお姉さん一人で切り盛りされています。
勝手な想像ですが、料理が大好きなおねえさんが、自分のすきな町でちいさなお店をやっている、そんな感じがします。
一人で、こつこつ丁寧にお料理を作られている感じです。053.gif

▼ 自家製(?)と思われるドレッシングがとてもおいしかった。お箸やフォークにある、お店のトレードマークの焼き印がとてもかわいらしい。
c0190486_23215980.jpg

▼ お店の名前のとおり、ひとさらひとさら、温かいお料理がひとつ食べ終わる頃にでてきます。
ほっこりしますね。
c0190486_23221586.jpg
c0190486_23222834.jpg

▼ 手作り感あふれるデザートもとてもおいしく頂きました。
c0190486_23224082.jpg


ごちそうさま。お勘定をしようとストールを巻こうとすると、今までコツコツお仕事をされていたお姉さんがニコッとわらって、「今日は雨がそれほど降るような感じでなくてよかったですね」と話しかけてくださいました。それからひとことふたこと言葉を交わしてお店を後にしました。

ランチ、写真にさんまの照り焼きがついて880円です。(もちろんこれもひとさら)もちろん大満足です★

またいきたい、って思いました。

キッチンひとさら
京都府京都市下京区仏光寺西洞院東入ル菅大臣町198
交通手段 地下鉄四条駅6番出口より、仏光寺通りを西へ徒歩8分
営業時間 11:30~14:00、18:00~21:00
定休日 日曜・祝日

[PR]
「きて屋」
名前だけだと居酒屋なのかお好み焼き屋なのかうどん屋なのかわからないが、ラーメン屋。

四条大宮のバスプールの一角にある。
c0190486_21123087.jpg


なぜ行こうかと思ったかというと、

550円、いう安い値段で背油系の来来亭みたいならーめんが食べられる、という情報を得たからだ。

550円。ラーメンの私的標準価格は650円だ。それよりも100円も安い!
(ちなみに東京の標準価格は感覚として850円だった・・)

行ってみると、めっちゃ狭いお店。でも、ちゃんと券売機やカウンター席が壁2面にあってそれなりの広さはある。
味は・・
c0190486_21131014.jpg

確かに背油系。でも背油控えめ?醤油の方が勝ってた。悪くはない。550円なら十分のおいしさ。そうそう、テーブルに「魚粉」なるものが置いてあったけど、コクが不足してると思うなら入れてみてね。けっこうイケます。
しかも驚いたことにラーメンもごはんも「大盛り無料」だというのだ。
なんという太っ腹。550円で大もりラーメン。650円のラーメン屋でも大盛りなら100円増しで750円とかになることを考えるとこれは驚きだ。005.gif
c0190486_21142743.jpg

c0190486_21141511.jpg

[PR]
友人にすすめられて買ってみた。

超人気作家なのに、東野圭吾の作品を読むのは初めて。

この小説の殺人事件の被害者も超人気作家だ。

読み進めていくと、半分くらいきたところで犯人がわかってしまう。残りの半分は・・・?

「動機」についての謎を解明していく。

>水野晴郎さんによると最初から犯人がわかっているのが「サスペンス」最後に犯人がわかるのが「ミステリー」

ということらしいが、これは「サスペンス」だね。

ただ、私はミステリーもサスペンスもふだんあんまり読まない。宮部みゆきも「おもしろい」とは思ったけれど、それっきり。この作品もおもしろいし、東野圭吾の売れてる理由もわかる。

私がミステリー・サスペンスを読まない理由は、クライマックスになってサクサク謎を解かれる歯切れの良さが、あまり自分の好みではない、自分に合っていないからかもしれない。

というか、歯切れの悪い自分にこそ、こういう本が必要かもしれない。

この作品のタイトル「悪意」とは何か。先日の私の日記の「嫌虫」ではないけれど、「嫌虫」が収集がつかなくなって「悪意」になると、人は突如として残忍になるのだろう。
c0190486_1953563.jpg

[PR]
by hito2653 | 2010-10-27 20:02 | 読書
先日、初めて中国(上海)に行った。
そこで思ったことは、何かにつけて「我先に」という印象。

電車の席が空いた、我先に

あそこのレジが空いた、我先に。(そもそも「フォーク並び」する習慣がないので)

マナーが悪い、とか自分のことしか考えていない、といえばそれまでだけど、「我先に」精神が高じてビジネスが発展しているという側面もあるというのだ。

なにか新しいビジネスのタネがあった、我先にそれをカタチにする。(たとえば起業)この行動力とハングリー精神は日本人も見習うべきではないかと。マナーの悪さをただ見下すだけでは自分の成長はないけれど、こうやって他山の石としてまなぶべきことある、といわれてなるほどと思った。005.gif

聞いた話では立命館アジア太平洋大学のゼミでは、前向きな意見やアイデアを出してリードしていくのは決まって中国人留学生だという。たしかに、地元である日本の学生顔負けの留学生がいることは想像に難くない。040.gif

一方で、日本の若者は「草食系」というか何かにつけて億劫になりがちだと言われている。
・・・しかし、若者は起業しろ、起業しろ!という専門家が非常に多いのは私としてはいかがなものかと思う047.gif

「フリーターになるくらいなら起業すればいい」
「若年失業者は起業すればいい」


私はこういった意見は、暴論でしかないと思っている。013.gif

どうせ、大した仕事してないんでしょ?(もしくは失業)なら起業すれば経済も発展するからいいやん、という若年の雇用問題解決+開業率上昇で一挙両得、2度オイシイを狙っているのかもしれない。でもそれはオトナの考えたご都合主義というものだ。むしろ、そういう考えは若者に対して失礼ではないか?

起業の成功確率は10%とかそれ以下とか言われている。050.gif

そんなこと言われなくても100も承知や!と言われそうやけど、「会社に雇われるくらいなら自分で会社をやってやる」と言ってそれがうまくいかないとき、そのツケは親に回ってくる。正直、社会に出たくない、「甘え」から起業するケースも少なくない。仮に親を踏み台にして、結果を出したところで自分勝手な小遣い稼ぎでしかないのなら、それは決して褒められたものではないだろう。

仮に私に起業するカネと、事業ニーズ・シーズがあったとしたら起業するか?

私なら起業しない。
なんだ、リスクを取りたくないのか、けしからん!と言われるかもしれないけれど、理由は
「社会経験がまだ圧倒的に不足している」からだ。

「自分」というものを看板に出して売っていくにはまだまだ勉強不足。

税理士の岡本吏郎の言葉。
「リスクとは、あなたが100%理解できていないところでお金を使うことで起きます。」

リスクを極力追わないために、若造の間は起業をしない。このことの何がおかしいのか。
会社員よりも自分で会社をつくったほうが楽、と思って起業するケースなんてリスク100%だ。

そもそも、社会経済もライフスタイルも違う異国と比べて、精神論だけで開業率の高い低いを語ることに無理があると思う。

若者が起業しないのがよくない、夢がない、とか安易に起業をすすめる声があるので、まだ若者と言える年齢の間に(?)反論してみた。

ただし「我先に」精神は、日本人にも必要だと思う。我先に、新しいことをやってやろうという貪欲さ、野心は、消費意欲や自己成長にもつながると思うから。

(診断士なら起業をすすめろよ!と言われそうですが、起業についての意見はあくまで私見です。)
[PR]
水上バスで浅草~日の出桟橋まで、日の出桟橋から徒歩で浜松町まで。

品川で、大学時代の先輩と会って今回の一人旅(ってほどのもんでもないが)は終了ぉ。

浜松町から品川までは山手線で2駅なんだけど、時間がかなりある。浜松町で時間を潰す場所はないか。おや、「世界貿易センタービル」と駅の電光掲示板にある。

「世界貿易センタービル(WTC)」って9.11で爆破されたビルじゃねーの??(´゚д゚`)

・・・それはニューヨークのね。日本にもありますわな、そら。015.gif

そこの39階にカフェがあったので行ってみることにした。結婚式の二次会がそのフロアのどっかのお店でやっていたらしく人がごったがえしていたが、(こんなトコで二次会ってすごいな)

カフェ近辺は閑散としている。店員さんに中に案内してもらったが、広々とした店内にはわたし以外はお客さんはひと組だけ。005.gif

めっちゃ高いんちゃうん?と思ったけど、コーヒー525円とか普通の値段。でも別途10%のサービス料が取られるらしい。それでも、この場所でこの雰囲気超穴場ではないかな、と思った。

▼ パーテーションで個室のようになっていたから、このスペースを独り占め。東京スカイツリーも見える。
c0190486_20524076.jpg

▼ 長居しすぎて日が暮れてきた。すると夜景がこの通り。
東野圭吾の小説を読みながら、ゆっくり時間を過ごした。自分に酔っているわたし・・^^:
c0190486_20525355.jpg


その後、品川で先輩と待ち合わせ。連れて行ってもらった品川のレストランも素晴らしかった。でも先輩と一緒なので、写真はナシでね。中ではギターの弾き語りの生演奏。ビートルズやジョンレノン中心だったかな。

それよりも最初に面喰ったのが、ウエイトレスさん。「このテーブルを担当いたします◎◎です」と言ってニコッと笑った後、踵を返すと思った瞬間、紙でできたテーブルクロスに上に置いてあったクレヨン(クーピー?)でサインをした。

そして、手に持っていたのはお酒だと思ったらオリーブオイル。

「焼きたてのフォッカッチャをお持ちします。こちらのオリーブオイルにつけてお召し上がりください」オリーブオイルをおさらにサッと入れてくれた。

・・・・・かっこええーーーーーーーーー━━━( ´∀`)━━!!!

こんなん地元(京都)にはないわねーー。012.gif

先輩から、「この前会ったときよりも、顔色がいいよ。いい顔してる」って言われてちょっと嬉しかった。本当は、とってもとっても今悩みのさなかにあるんだけどね。040.gif

そういや、前回会ったときは、中小企業診断士の実習が終わったばかりでとても苦しかったときだ。不規則がたたって、体重が増加してるにも関わらずゲッソリして美容的にも最悪のときだった。007.gif

そのときよりかは、いい顔してるらしい。うれしい。明日からも頑張る。月末前で苦しい一週間になることは分かっているけれど。

最後になったけれど、東京のすごいところは、単純だけど人が多くてビルや建物がすごく立派なことだ。

ここに来ると、不況なのに不況でないような気がする。洗練されたお店や人をあちこちで見かける。新しいものをどんどん作らないと取り残されちゃうから、次々と新しいモノが生み出される。
気ぜわしく感じるかもしれないが、それがワクワクして楽しいところだ。たまに来るのはいい。そんな東京に住んでいる人に案内してもらうのはなおいい。016.gif

プチリセットな一人旅、終了。今月は上海も行ったし、遊びすぎや。ここでも「感性を磨くため」と言い訳しておく。さ、遊んだことだし、勉強するか。066.gif
[PR]
浅草、に行って実は一番よかったのは、おいしいタイカレーが食べられたこと。以下は私が投稿した食べログのほぼコピペですが、、浅草に行ったら是非立ち寄ってみてください。

東京メトロの浅草駅に直結しているディープな地下街にあるお店です。店の名前はMONTEE (モンティー)、結構かわいい名前です(笑)
c0190486_1249266.jpg


ランチ11:30からなのですが、私が行ったのは11:00。中で準備をしているマスターらしき人が出てきて、「開店は11:30から」というのを伝えるのに、営業時間を書いたプレートを照れ隠しで笑いながら指差していました。

どうやら日本語があまり達者でない、日本の方ではないのだな、とすぐに分かりました。

見るからに怪しい空間のなかにある、怪しいお店・・。

700円の散髪屋とか、常に在庫一掃処分の店とか、整体の店とか、ごった煮状態になってて、下町の場末感が漂っています。女性一人では行きづらい場所・・そして行っているわたし・・^^;
c0190486_12482579.jpg

でも、食べログの他のレビューから、「おいしいに違いない」と思い、意を決して11:30に再来店。
案外(?)繁盛店のようで、11:30の開店後、2組がぞくぞくとお店に入ってきました。

もちろんカレーを注文。レッドとグリーンがありましたが、グリーンカレーを注文。

出てきたのは、「日本の人がつくったのではない」といういかにも現地の人がつくりました、という雰囲気をかもし出すカレー。
c0190486_12515397.jpg

味は、さらさらしたルーとはうらはらに、すんごい濃厚。特に中に入っているチキンが、単なるチキンではなく、燻製(?)しているのか、味がちゃんとついていました。チョイ辛やけど、食べるほどにマイルドになって、舌に濃厚さが残ります。
c0190486_12522037.jpg

野菜たっぷり、サラサラ濃厚ルーに濃厚チキン。それをタイ米に絡めてたべる。

タイ米なんて、「米不足」の時以来です(笑)んで、結構な量が盛られてきました。

でもタイカレーとすんごい合うんですね。サラサラ濃厚ルーにもっちりしながらもパラパラしたタイ米を絡めて食べる。これがウマイ!

お値段ご飯つきで900円なり。コスパは、周りの店が安すぎて、ちょっとお高めに感じるかもしれませんが、私的には満足です。

この雰囲気の場所と、本格的(過ぎる)タイ料理。ダメな人はダメかもしれないけど、私的にはハマリやわぁー♪

ちなみに、店を出るとき、店の出口辺りに鳥がおもむろにぶら下げてありました。こうやって燻製してるんかなあ。
c0190486_12524597.jpg

[PR]
とりあえず、東京スカイツリーから隣の駅の浅草に戻り、浅草に。駅前の周辺地図の前に立ち、いかにも「観光客」然としている私に対し、昔の江戸っ子みたいな見知らぬおじーちゃんが浅草寺について語ってくれた。
▼ 雷門。浅草に来たらこれ、お約束。
c0190486_12311919.jpg

▼ とりあえず、人多すぎです。ここに来ると、この人の多さや活気から「不況はどこへやら」と思えてきます。
c0190486_12322792.jpg

▼ 花やしき遊園地。レトロな感じが惹かれる。でもさすがに一人で入るのはさびしいのでやめました人(´Д`)
c0190486_1233542.jpg

▼ 花やしき遊園地に行く代わりに水上バスに。浅草~日の出桟橋まで。760円で約40分。日の出桟橋から浜松町まで歩いて行けます。アサヒビールの炎のオブジェは当初は縦にしたかったんだけど、どうしても立たなくて横になっているらしいです。(船上ガイドによると)
c0190486_12332597.jpg

[PR]
金曜日、日帰りで東京出張が突如として決まり、いつものエクスキューズ、明日も休みだし「せっかくだから」と神田の安ホテルに一泊し、東京観光することに。011.gif

c0190486_1224595.jpg


しかーーし!!なかなか友人らと予定が合わず、土曜日の昼間は一人で過ごすことになった。

ドコイクドコイク…  東京在住のおばさんからすすめられたのが
「東京スカイツリー」だった005.gif

「建設中だし、完成したら『建設中』は見られないでしょ。だから今だけ」

「今だけ」に弱い。よくある話だ。そして場所さえ知らず、知識ゼロで行ってみることにした。070.gif

場所は、「浅草」から東急線で1駅の「業平橋」というところ。「だいたい浅草」で覚えておいたらいいかもしれない。「浅草」は下町のイメージだから意外。もしかして浅草から歩いて行けば行けるかもしれないけれど、場所が分からないから1駅だけ電車に乗った。

電車に乗って正解。電車は隅田川を越え、1駅といえどまあまあの距離。電車から見える隅田川の風景はきれいだった。

そして着いた業平橋。スカイツリーはどこやろな、と思ったら降りてほんとスグのところだった。

▼ 建築中でござい。建築の下請けには中小企業もたくさんあるんだろうな、と考えてしまう職業病のわたし。^^:
c0190486_1159571.jpg

▼ こうして高さが実況中継されているのさ。すでに東京タワー超え。
c0190486_1218557.jpg

▼ 結構写真撮っている人が多くて、休日ともあって川沿いにはうじゃうじゃ人が。。
1眼レフ持った女の子までもが写真を撮ってる。
c0190486_1204311.jpg

▼ 浅草寺からも見えます。だから場所の説明のときは「だいたい浅草」でOK?
c0190486_1253026.jpg

▼ 後ほど浅草から乗った水上バスからも見えます。アサヒビール本社ビルから顔をのぞかせているよ、スカイツリー。
c0190486_126826.jpg


スカイツリーは、観光のため、というより「電波塔」なのですね。それすら知らなかった。これができればかなりの電波障害が改善されると。それを知らずに来ているわたし。
[PR]