<   2010年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ずっと行きたかったカフェ、
Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)に行ってみた。
バイバイセコー♪

▼  途中で、京都に住むなら子供に通わせたい、という超人気公立小中学校(小中一貫教育)を通った。(御所南小・高倉小→御池中学)
c0190486_18464252.jpg

▼  なぜか南国風。チャリンコがいっぱいとまっているのが気になる。あ、オスカー号はちゃんとつめてとめたよ。
c0190486_1847773.jpg

▼  中の雰囲気。とても落ち着く。
c0190486_1847312.jpg

▼  なぜなら本がいっぱい置いてあるから。
c0190486_18483842.jpg

▼  今日のランチ。これにジャガイモのつめたいスープと飲み物が付いて1,200円。スタバとかと比べるとお高めだけど、雰囲気からするとぜんぜん納得です。
写真は撮ってないけど冷たいスープがやたらおいしかった。サンドも「これぞ人気カフェのサンド」って感じでおいしかったよ。
c0190486_18485822.jpg

▼  2階が画廊になっています。奥まで見に行こうとおもったんやけど、地面の木がミシミシいうし、怖いからやめた・・^^:え、やせないとダメってこと(@@?)
c0190486_18492129.jpg

[PR]
1ヶ月ぶりのお茶のお稽古。今日は茶箱をやろうって先生が大はりきり

▼ 風呂先屏風がとっても涼しげ。9月間近というのに猛暑。炭も使うので、今日はクーラーを入れてお稽古をしました。
c0190486_21422960.jpg

▼ 茶箱はいろいろなお道具を総動員。外国人が喜ばれるそうです。確かに外国人は「ワンプレート」が好きそう^^;
この上に草にさばいた袱紗(ふくさ)をふんわりと置く。
(書道では楷・行・草ですが、茶道では真・行・草の順にくだけていきます)
ナカナカこのカタチを覚えるのが難しい。茶巾は洗い茶巾のたたみ方で茶巾筒におさめます。

c0190486_2143316.jpg

▼ おしふく色々。長緒の扱いはやったことがなかったので、今日教えてもらいましたがまた忘れそう^^;<下から持ち上げ、最後はキュッとひねる。←自分用メモ。家ではカメラのストラップ紐で練習>
c0190486_2144263.jpg

▼ 裏玄関には前回の山鉾につづき、今回は大文字の送り火の置物。
c0190486_21451158.jpg

▼ いっぱいネタはあります(笑)
c0190486_21473057.jpg

[PR]
こちらねこざぶとん。座り心地はいかがだい?
c0190486_21395657.jpg

ざぶとんだってあくびする。
c0190486_21403159.jpg

だから~気になって寝られへんから撮るなっちゅーねん。
c0190486_21493768.jpg

実はカメラの性能を確かめてみたかっただけだったりする。
300KBくらいの画像だけど、まあまあリアルに撮れてるでしょ?
[PR]
「プロコン」とだけ何の前提もなく聞くと「プロのコンサルタント」とか「プログラミングコンテスト」とかが思い浮かぶかもしれませんが、ここでいう「プロコン」とはディベート等で使われる
「賛成(プロ)」「反対(コン)」の意味です。
何の略かな、と思って調べてみたら 「pros and cons」、略してプロコンということ、らしいです。
「ロジカルディスカッション」の著者でファシリテーションの第一人者である堀公俊さんは、意見を整理する一番シンプルなツールとして「プロコン表」を作ってみることをすすめられています。
「賛成」「反対」だけではなく、「メリット」「デメリット」でもOK012.gif
c0190486_0103040.jpg

前回に引き続き、インターネットで実際にあった投稿(Yahoo知恵袋系)をもとに考えてみましょう。(内容はそのものですが、コピペではありませんので念のため)

<テーマ:自営業が優遇されすぎている件について>

私は2人の幼い子供を育てながら、企業で総合職として働いている女性です。
納得がいかないことがあって投稿しました。近所で公立の保育所では、何人もの待機児童がおり、私の子供もすぐ近所なのに入所させることができません。
ところが、自営業の方のお子さんがなぜか優先的に預かってもらえているようです。「仕事をして昼間子供の面倒を見れない」ということなんでしょうが、自営業の方は仕事中も家のことをすることができますし、子供の面倒も見れるはずです。
そして、自営業の人は税金もあまり払っていないといいます。税金を払っていない人たちが、気楽に働いてこのような優遇措置を受けるのはおかしいと思います。

※ちなみにここの「自営業」はお好み焼き屋らしい・・・

案の定、激論が走りました。自営業(の妻) VS サラリーマン(サラリーウーマン)
ここでプロコンでを使って、みなさんも考えてみてください。

プロ・・・・自営業のメリット012.gif
・保育所に優先的に入所できる(書き込みが事実だとすれば)
・時間の融通がきく
・仕事中でも、家のことなどができる
・個人事業主なら専従者給与、法人も役務を十分はたしていなくても役員報酬などで税金をすくなくすることができる
・意思決定が自由で、自分の好きなこと(仕事)ができる

コン・・・・自営業のデメリット008.gif
・収入が安定しない。下手すると売り上げがゼロの月も・・
・ボーナスがない
・国民年金・国民健康保険なら労使折半でないから全額払わなくてはいけない。しかも額が少ない
・使用者責任などないので、なにか事故などの問題が生じれば自分で責任を取らなくてはいけない
[PR]
問題を明らかにするときは、人の意見を「事実」「意見」「感情」に分けて整理すべし!(門田由貴子氏「ザ・チェンジ!」より) と本に書いてありました。

「論理力」のトレーニングとして
「TVを見て疑ってみる」とありましたので、自分なりに考えたことを書きます。

テーマ
「年金保険機構のずさんな管理」

一人の老人の年金記録が事実と異なっている。年金が思ったよりずっと少ないうえ、氏名にまで誤字がある。直談判に行ったところ、「もらえているだけありがたいと思え」と言われた。
このような話はあちこちで聞く。国の機関の人間はみんなあんな感じなのかと驚き呆れている。



・少ない(あいまいな表現)

どのくらい少ないのか。あるべき数字とのかい離は?

・氏名に誤字がある(「事実」)
これは少なくともその人にとってはまぎれもない事実。

・「もらえているだけありがたいと思え」
年金保険機構の人の言葉を「要約」する際「真意」がねじまげられていないか。

・このような話はあちこちで聞く。

このようなこと(ずさんな管理?職員の態度?)はどれくらいの可能性で発生するのか。

・国の機関の人間はみんなあんな感じなのかと驚き呆れている(「感情」)
少ない事実(←というより感情)で多くのことを一般化していないか。


ここには「意見」はない。


(以下は<私の>意見)
「年金記録」データは全国民のデータだ。銀行の合併等のときでさえ、システム障害が起こらないことはないといってもいいくらいなのに、全国民の膨大なデータベースに瑕疵がないほうが不思議。
ましてや今のようにITが発達していない何十年も前のデータが大半である。今考えるべきなのは「いかに少ない経費で、職員のモチベーションを下げることなく、データベースの欠陥を補完するか」ということなのではないか。
[PR]
近所の図書館に行く際に、ちょうどお昼の時間になったのでランチをしてから行くことにしました。

正直外で食べていくつもりはなかったのですが、先日診断士仲間の藤田さんがブログで記事をかいておられたお店がちょうど通りがかりにあるので行ってみました。

▼ いつも、大変興味深くてためになるブログですので、ぜひ継続して読んでみてください。
藤田雅三ブログ 商品に遊び心のひと工夫


▼ 「ジョイフル文蛾」リンク⇒⇒ジョイフル文蛾

c0190486_15542529.jpg

▼ 日替わりランチ発見。あとから、京野菜のカレー600円もあることが判明。こっちにしておけばよかった?いえいえ、次これにしましょ。日替わりもおいしかったのでこれでよかったってことで。
鮭のコロッケがとてもおいしかったです。ソースはつけない方が美味かな。
c0190486_15545083.jpg

▼ こういうコンセプトが掲示してあるのがいいですね。オリジナルドレッシングがおいしいです。特に白みそのドレッシングがGOOD。
c0190486_1555194.jpg

▼ お店は、靴を脱いで階段で2階に上がっていくので、おうち的な感じがします。座敷なので小さなお子さんがいらっしゃる方も安心ですね。ランチは結構なボリュームです。
ランチ、というより「お料理が好きなお母さんが腕をふるって作ったお弁当」という感じ。
c0190486_15555451.jpg

▼ その後下京図書館へ。夏休み、ということで子供が多く、暑さで涼みに来ている人もあって大混雑。座って読めるスペースはすべて埋まっていました。高い本を取るための台にまで座っている人が。
c0190486_15561739.jpg

▼ ビジネス書もありますが、多少古いですね。子供の本のコーナーの「絵本」や偉人の「伝記」、「はだしのゲン」等に興味津々でしたが、子供たちの邪魔をしてまで読みあさるのもどうかと思い、その場で少し読んだ後、すぐに帰りました。
c0190486_15571033.jpg

[PR]
c0190486_233847.jpg

「日本が潰してはいけない会社」
立川昭吾(青志社)

店でみかけて購入しました。
2010年8月30日 第一刷発行てなことで、amazonで画像すらまだ載っていないので、レビューを書くのは私が恐らく初めて012.gif

中身を見て、つくりがかつてのベストセラー
「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司)にそっくりだなぁと(笑)
「日本でいちばん大切にしたい会社」

事例は01~13まであって、
01<会社分割>
02<事業譲渡>
03<財務改善>
04<SPCによる再生>
05<選択と集中>
06<下請け脱却再生モデル>
07<オフバランス化による経営改善>
08<M&A>
09<インバウンド型事業譲渡>
10<労組問題・学校経営再生>
11<海外株式上場>
12<M&A>
13<事業転換>


企業再生の定石を事例とともに記述しています。専門的な手法を述べている、というより物語的に事例をサラっと書いている感じ。200ページちょっとの本なので1企業あたり20ページほどでそんなに長くないです。

私が期待し(すぎ)ていたほど生々しさはなかったけれど(?)すぐ読めるし、事例を知るうえではいい本だと思います035.gif
[PR]
by hito2653 | 2010-08-22 23:20 | 読書
先日、出版社、書店のビジネスモデルは「委託販売」である、というふうな記事を書きました。
本屋と出版社のカンケイ~「委託販売」と「再販売価格維持制度」

つまり、書店に並んでいる本は、出版社の在庫になる。
・・・てことは本が売れないままある一定の期間が過ぎると本屋から返品される、ということになります。

そうです、出版社は本屋に納めた本が大量に返品されてくる、ということがつきものであるということです。
しかし、返品された本は市場では評価されない「売れない本」です。007.gif
適正な利益を出すために、返品された「在庫」の金額を調整する引当金、それが、
「返品調整引当金」です。

c0190486_3321887.jpg

ネットで調べた定義は以下の通り
「当期の売上に起因した翌期以降の返品に対して発生する利益の減少額見込の引当金のこと。」
返品調整引当金とは

以下引用
税務上は、出版業又はその取次、医薬品化粧品・レコード(CD)などの製造業など、買い戻し特約のついた特定の指定業種に限り、損金計上を認めている。

税務上の損金計上限度額は以下の2つの基準を選択することができる。
1)売掛金(受取手形割引手形等含む)基準
当期末売掛金の帳簿価格の合計額×返品率×売買利益率
2)売上高基準
当期末以前2ヶ月の売上高の合計額×返品率×売買利益率


ちなみに、現在法人税上繰入が認められる引当金は、貸倒引当金と返品調整引当金のみとなっているようです。

以下引用(wikipedia 「引当金」より)

法人税法上繰入が認められる引当金
現在は、次の二つのみが法定されている。

貸倒引当金(法人税法52条)
返品調整引当金(法人税法53条)
また、かつて、認められており、現在税法上では廃止された引当金には、次のものがある。

賞与引当金
退職給付引当金
特別修繕引当金
製品保証等引当金

[PR]
そもそもミーティング(会議)って何のためにやるんでしょう。
当たり前のようでできていなかったことが本に書いてあったので、備忘録程度に。
c0190486_1221325.jpg

ザ・チェンジ! ~人と職場がガラリと変わる12週間プログラム~ 門田由貴子 (フォレスト出版)より

ミーティングの基本行動パターン

「話を聞く」
「メモを取る」
「図で説明する」
「質問する」
「主張を論理的に組み立てる」

[PR]
大学生のころ購入した和田秀樹さんの本で
「頭のいい人」のしくみ、という本を開けてみると、IQとEQについての記述があったので、久しぶりに読んでみました。
c0190486_11232415.jpg


EQについての定義は以下のとおり。
EQというのは、対人関係や感情的かコントロールに重点を置く概念で、いわゆる一般的な知能だけでなく、感情面での知能も大切だという考えから考案されたものである。(同書p.59)

中小企業大学校で学んでいたときも、先生から、
「中小企業診断士はIQが高いことも大切かもしれないけれど、EQが高いということも非常に重要」と言われていました。
つまり、「知能が高い」というより「心の成熟度が高い」ということがいかにコンサルタントとして重要かということですね。
同書ではEQの5大要素を以下のように示しています。
c0190486_11192978.jpg


また以下のような記述も。
IQが高いのを鼻にかけ、まわりから反発されているような人で出世を果たしている人はほとんどいない(P.61)
IQとEQは対立するものではない(P.62)
社交性に優れ、まわりをすべて自分の味方にすることが出来るようになっても、知識が乏しく、思考力もたいしたことがないというのでは「頭のいい人」でなく単なる「いい人」に終わってしまうに違いない。理想とするのはIQ的な能力に加えてEQ的な能力も兼ね備えることであり、これは決して不可能なことではないのだ。(P.63)


以前、ザ・ベストハウス123というTV番組でIQ165の天才女性医師が自分のプライド守るために殺人鬼に変わり、最後は自分の家を放火して自分の子供を殺してしまうという海外の衝撃ニュースを見ました。
これは極端な例にしても、IQ「だけ」では、世の中を「賢く」生きていけないのは明らかです。

EQの高めるための第一歩は自分の感情の「自覚」です。
常に自分を客観視して、心の知能を高めていきたいと思いました。
これが実は非常に難しい・・・。
[PR]