<   2010年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

31% OFF
・・の文言につられてついつい買っちゃった070.gif

久しぶりだなー、こういうアイスショップで買うアイス056.gif

アイスってなんか「楽しい」って感じあるやん?
でも一人で食べるのがまた。。。。。さびしぃのよね(笑)

c0190486_20581352.jpg


c0190486_2059202.jpg

カップアイスと読書はどお?なんか本と色合いがあってるでしょ?(笑)
このちょっとアメリカン?な色合いがイイ!037.gif
[PR]
関西には売ってないけど、この「ペヤング」がサイコー!006.gifと言われはじめて食べたこのやきそば。(すすめていただいた方からの頂きものです。)

c0190486_19294730.jpg

なんで、ペヤングなのか。なんで入れ物がこんな「レトロ」なのか。そして中途半端なサイズなのか。このちょっと間の抜けた名前とチープな見た目がなんだかそそる。

c0190486_19363485.jpg

かやくを先にいれてください、「注意」とでっかい「びっくりマーク」ついてたのに入れ忘れて後で入れてぱりぱりと食べた。070.gif

・・・ただでさえジャンキーな味なのに、さらにスナックっぽいジャンクなかんじが。005.gif
なんとなく愛される理由がわかるような気がする。。。056.gif
でもなんで関西には売ってないんやろう?
[PR]
これも先生からのアドバイスのメモです。「切れ味」のあるプレゼンはうまく聞こえるよね。
では・・・切れ味のあるプレゼントは?⇒「自信に満ちた」プレゼンである。
では・・・「自信に満ちた、キレのあるプレゼン」にするためには・・・・

① 「間」をうまくとる012.gif

② 「間接話法」でなく「直接話法」で012.gif

③ 既成概念を覆す
012.gif
①間をうまくとる
息をつぐまもなく、だーーーっと話してしまうと、相手に考える時間を与えず、自分自身の焦りも相手に伝わってしまう。間をうまくとるのもひとつの訓練047.gif

②「間接話法」でなく「直接話法」で
「・・・といわれています」というような表現はよく使われがちである。いまひとつ言い切れないことを「相手と距離を置く」ことで語尾を結んでいるのだ。「他人事」「自信がない」と思われないためにも、直接話法をなるだけ心がける037.gif

③既成概念を覆す
既成概念を覆す、相手の価値観を変える、くらい自信のある口調が「切れ味」を醸し出す。

既成概念を覆す、で思い出した。次の2例を見てほしい005.gif
(以下は不真面目なネタなので笑って済ませてください^^;)
c0190486_22303342.jpg

煙草にオマケでついてくるのは「ライター」という「既成概念」は覆されている。(マウスがついてる)「禁煙社会」はここまでしないと煙草が売れないの??
c0190486_2230558.jpg

オシボリは自分で出すもんじゃない、という「既成概念」が覆されている。
しかもおしぼり出てくるの微妙に遅い。そしてブイーーンっていう「がんばった音」の後にポロっと出てくるあのホカホカの「しょぼい」おしぼりの哀愁。たまんない・・・。070.gif

・・「既成概念を覆す」のためのくだらないイメージ画像のためにとんでもないスペースとっちゃったな(笑)
[PR]
by hito2653 | 2010-04-26 22:37 | 診断士
これは、一般論でよくみんなが書く文章にみられること(当然私もですが)について、先生が教えて下さった「気づき」の記録です。

・「という」「ような」の多用039.gif
まるで他人事に聞こえるような文章になってしまう。ある程度カットすることでサッパリとした文章にもなる。

・「相乗効果」という言葉の誤った使い方023.gif
「相乗効果」という言葉が氾濫している。本来合わさることによって、それ以上の効果を発揮することを言うのに(1+1>2 みたいなイメージ)であるのに、お互い補完しあうだけで、すぐに「相乗効果」という言葉を使いたがる。もっとよく考えて使うべし。

・文中のダラダラした列挙⇒箇条書きにせよ023.gif
<例>
①××、②○○、③□□、といった・・・⇒

・××
・○○
・□□
といった・・・


このようにする理由
・①②③などという番号が文中の見出し番号ですでに使っている場合が多くややこしい。
・単純に見やすい
・単純に・・・行間を埋めることができる(笑)071.gif

生徒のよくありがちな文章パターンとして指し示して頂きましたが、ずばりすべて私の文章に当てはまっていました^^;なるほどな、って気付きを与えられました。037.gif
[PR]
by hito2653 | 2010-04-26 00:40 | 診断士
今回の実習では、先生などに指摘され、表題の通りの気づきをたくさん頂きました。それについても忘れないうちに記録しておきます。
まず、体裁から。やみくもにグラフをたくさん引用していましたが、とても流れの分かりにくい文章になってしまいました。アドバイスを受けて直したら、とたん、流れがわかりやすい文章になりました。
グラフはあくまで事実であって、ストーリーは自分で立てていかなくてはいけないのだと思いました。意図しないグラフや図の登場は「イキナリ感」が出てきてしまいます。
c0190486_2338394.jpg

あと、これは大きな気づきとして、私の文章は基本、
ブロガー色満載ということでした。

ある意味ショックでしたが、本当に言われた通り。

①意味のない行間空けすぎ
これは、ネット上の文章をPVにとっての見やすさを意識して行間あけまくってる癖がついてるかも?

②諭すかのような「口語調」である
例えば、「社会で浸透している」というくらいに書けばいいものを「今や確固たる地位を得ているのである」みたく、諭すか説得するような印象付けをしようとしている。あとは「すぐに」と書けばいいのに「たちまち」という表現をつかったところも、いまいちわかりづらいとの指摘。

③述語が多すぎる/文章が長すぎる

語りかけるようにするがため、印象深い文章にしようとするがため、「動詞」が多く、それゆえ「述語が多く、文章が長い」。
ゆえにわかりにくい。最大述語は2つ程度と考えるべし、と。「動詞」を多用し、語りかけるような文章は「女性」に多いとのこと。「形容詞(修飾語)+名詞」などでサラっとまとめるのが男性的。オフィシャルな文章は男性的な文章のほうがまとまりがよい。

<例>
実は、現在この不況下において「修理」を『注文する』顧客が全国各所において『みられる』ことに『注目をしたい』と思います。(述語3つ/口語体)

⇒この不況下で「修理顧客」は「増加傾向」である。(述語1つ/文語体)

ブログは新しいメディアとして「確固たる地位を得ている」(印象深い文章を狙いすぎ)

⇒ブログは新しいメディアとして社会に浸透している。(このくらいで十分)

[PR]
by hito2653 | 2010-04-26 00:13 | 診断士
今回学んだことを記録しておきます!
① 赤ずきんちゃんの法則053.gif

次のスライドに移る前に、次に何を言いたいのかを「予告」しておく。
称して「赤ずきんちゃんの法則」035.gif

「どうしてそんなにお口が大きいのーーーー」と紙芝居を次に移る前に言っていて・・・。
c0190486_18384997.jpg


めくりながら「それはお前を食べるためだよーーーーー031.gif」と言ったほうが子ども達の興味をそそるでしょ?オオカミの顔の紙芝居にしてから「どうしてそんなにお口が大きいのーーーー」っていうセリフを言っても面白くともなんともないのです。。


② なるだけいちいちサマリーの法則053.gif

※先生によると、「Wrap-up-and-Go(ラップアップ アンド ゴー)」というそうです。でもここでは難しいので「なるだけいちいちサマリーの法則」としておきます。
<「ラップアップ」とはコンサルティング用語でプロジェクトでいうと終了させることで、スタートアップの反意語。議論等でいうとまとめることを指す。>


「で、結局ここで言いたかったことはさーーー」をできれば一スライドごと、くどくなるようであれば、せめて内容的なひとパートごとに言う。そうすれば、話しても聞き手も頭の整理が出来て、再度相手の注意を引くことができる070.gif

私見ですが、プレゼンの上手下手って、一見・・・・

「噛まない」「知的」ていうことがうまく見える要因と思われがちですが、端的にいうと

「相手を退屈させない」ことではないかと思います。

相手に興味を持ってもらい、退屈させないためには、やっぱり、
「わかりやすさ」「熱意」というのがポイントなのではないかなって自分なりに思いました。006.gif
[PR]
by hito2653 | 2010-04-25 18:42 | 診断士
今日の夜は、久しぶりに「おしゃれなイタリアン」のお店に行きました。

とっても大切な仲間と053.gif

「久しぶり」という修飾語は「イタリアン」というよりむしろ「おしゃれ」にかかっています。

だってぇーーー、、、、

学校の近辺はほんまにそういう店がなくてね。だから余計にこのかわいらしいイタリアンのお店が輝いて見えちゃう。それもこんなに学校の近くとはね。灯台下暗し011.gif
c0190486_2153191.jpg

003.gif
おしゃれなお店ながら結構なボリュームなんだよな。ペンネなんて大盛100円増しでこの量(笑)
c0190486_21562119.jpg


味もおいしく本格イタリアンって感じやねー。うにのクリームソースは1,300YEN。
大盛りじゃないけど結構な量でしょ(笑)012.gif

ただ、食べログに載せようと思ったら、当店が登録されてなくて残念。

「おしゃれ」な気分転換にまた行きたいね。035.gif
リンク↓
フェリーチェ
[PR]
c0190486_7463096.jpg


ドリアンチップス DORIO

先生からの頂きものです。

このテのものは、「罰ゲーム」的な意味合いでもたらされることが多いのですが、、、

・・・・・・・ンン???????

めっちゃおいしいやん。011.gif

昔よく売ってた「味覚糖」の「おさつ どきっ」に似た味わい。

SOLTYって書いてあるだけあって、塩がきいてて、ドリアンのほんのりした甘さとよくマッチしていて、普通にかなりおいしいです。035.gif

くささは全くなし。

原産国タイってかいてありましたが、輸入食品屋さんで売ってるようですねー。350円くらい。

ハマって一袋一気食いした人がいた(笑)071.gif

でも・・・どこに売ってるかはわからない。
[PR]
忙しいのに、悠長に日記なんて書いてる場合か?と言われそうだけど、自分への言い聞かせもあってあえて日記にします・・。

「頭のいい人」
になりたい、少なくともそう思われたい?という心理は誰しもがもっているところで、「頭のいい人になる」系の本は本屋に山をなしています。

ところが、「頭のいい人」っていう定義っていうのはどれもがバラバラなんだよね。048.gif

そこで、自分なりに考えたソレは、

「現場力」がある人

「勉強」ができる人


に分類されると思います。単純ですが「勉強」はいわゆる試験勉強などが出来る人で、「知識」「暗記力」が入ります。どちらかと言うと発揮するのに必要なものは「事前準備」です。

一方「現場力」があるっていうのは、その場において即座に最適(と思われる)判断をする能力を持っている人。こちらに関しては、その場で考えなくてはいけないので「事前準備」をすることはできません。

その場で適格に判断しないと、「ダメなやつだね~」なんて思われてしまいます。
「現場力」に関しては、学歴・年齢はほとんど関係ないと思われます。(一時期「地頭力」って言葉がはやりましたが、これもその類でしょうか)

私は自分自身に「現場力」がめっぽう足りないんでわ?と自覚しています。

私はこれまでの受験勉強はすべて付け焼刃の暗記だけで対応してきたような気がするので、「試験」における「現場力」すらありませぬ・・。(例えば暗記モノではない、数学とかはその場で解かなくてはいけないので、勉強の中でも「現場力」に傾倒していますね。)

では、「事前準備」も役に立たないなら、この「現場力」を身に付けるにはどうしたらいいのか。死ななきゃ治らないのか。

ある先生が「火事場のクソ力」という言葉で表現しておられたことがありました。

いきなり下品な言葉ですが、これはキン肉マンの必殺技で、キン肉マンが窮地に陥ったときに普段を遥かに超えるパワーを発揮することをいうのだそうです。

c0190486_19272180.jpg


おそらく先生はキン肉マンなどは読んでおられないと思いますが、要は自分を追い込むことで現場でなんとか対応していく力が発揮できる、ということが言いたかったのでしょうか。

おそらく、「現場力」のなさは、いわゆる「グズ」という性格も影響してきていると思います。

自分を「グズ」と自覚するなら、「火事場」に追いやることも時には必要かもしれません。
それもバランスが必要ですが・・・。040.gif
[PR]
一回目の実習で先生が一貫して言っておられたことで、忘れられないことがあります。
それは、2つ。

お客さんの悪いことは言うな035.gif

お客さんの悪いところをひとつひとつ出して全部直したところで本当によくなるとは限らない035.gif


病人に例えて、病人の症状をすべて洗い出して、それを治す薬を全部飲ましたところで健康にはならない、そんな医者はダメな医者であると。
賛否はあると思うけれど・・。

たまたま実習先が飲食店だったんだけれど、悪いところを全部直したところで「その店らしさ」がなくなるだけで、知らない間に魅力までかき消されてしまうとのことでした。

二回目の実習の先生も、「悪いところは置いておいて、とりあえずいいところを一日5個見つけておきなさい」と言っていました。これは上記の裏返しになると思います。

さらに、先日の窓口相談演習でも相談者に模した先生が、「弱み」「問題点」ばかりに言及していると、
「そんなことは分かっているんだ先生」と機嫌を損ねる場面がありました。

・・ただ、そうなると「弱み」「問題点」はどうやって言及したらいいのでしょうか。

考え方は2つあると思います。


①強みを言った後に弱みを出す。

②弱みを強みの一部として出す。


社長はよく「弱み」を棚に上げて、外部の「脅威」のせいにしたがります。
「不況が悪い」「政治が悪い」「取引先が悪い」

特にこの大不況の今は、「脅威」の力が甚大すぎて、すべてを無視して

「不況が悪い」

と言ってしまいがちな世の中になっています。こういう人たちにはなおのこと、
「弱みを克服していないこと」よりも「強みを生かし切れていないこと」をカードにするのがよいかもしれません。

内部の強みを否定する人はそういないからです。
[PR]
by hito2653 | 2010-04-18 09:28 | 診断士