<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今のうちに満喫、ってことでいろいろ写真。

「カレッタ汐留」の展望レストラン「YAKINIKU TORAJI PARAM」からの眺め。
焼き肉レストランながら、46階からの眺めは絶景!オシャレでお昼ならリーズナブル。ベイブリッジが一望できるよ!

c0190486_23162151.jpg


新宿の路地裏、および新宿御苑にて。都会のど真ん中にこんなところが。御苑は京都の御所みたい!桜もばっちり咲いていて、カメラ片手に来ている人も多し!

c0190486_23193144.jpg
c0190486_23195145.jpg


御苑を抜けて、千駄ヶ谷の雑貨屋へ。ちょっと凝った小物が楽しい。

c0190486_23204324.jpg


さらに原宿のカフェへ。ちょっと分かりにくい場所にあるけどインテリアが凝っていた。
c0190486_2321845.jpg


お冷はモアイですかーーー?
c0190486_23214793.jpg


ケータイのカメラもけっこうキレイに撮れるでしょ?
[PR]
一時的にカリキュラムが落ち着いた、っていうことで三省堂書店本店(お茶の水)につづき、紀伊國屋本店に行ってみました。

品揃えの多さに感動するよ!と言われ是非行ってみたくなったのです。

場所は「新宿東口」から「新宿三丁目」方面に向かってすぐ、ビックカメラのすぐそばの繁華街にあります。

c0190486_22421011.jpg


なるほど、大きなビルで、少し古い感じの老舗本屋という感じです。9階まであり、ジャンルによって棲み分けされているようでされていない?1階やエレベーターの周りには割と雑多と「売れる本」が並べてあるような感じでした。
c0190486_22442930.jpg


確かに品揃えもよく、簿記の参考書なんて30種類以上はあったと思います。

中をスーパーの買い物カゴのようなもので本を選ぶ、というのが印象的でした005.gif

スーパーでニンジンやキャベツを選ぶように本を選んではカゴに入れて買うっていうのは面白いですね。

もともと、ゼミの参考書のため「特許関係」の本を数冊買うつもりでしたが、結局特許の本は1冊のみ、あとは関係ない本ばかり合計6冊買ってしまいました。012.gif

c0190486_22462554.jpg


五木寛之さん、筒井康隆さん、和田裕美さんは以前から好きな作家さんです。
「借金社長のための会計講座」はナニ金とか「おカネすき」の私がタイトル買いしました。
「萌え系ドラッカー」は先生が「実は私も買った。読んでみたけど悪くない」と評していたので口コミにひかれ買ってしまいました。

どれもいかにも「買わせよう」というタイトルでシャクなのですが(苦笑)また今度読みたくなった時探すのが大変なので買いました。これでも買おうと思った本の半分をやめて選んだんだけどねー011.gif

ちなみに5,000円以上買った場合は家まで無料で届けてくれるみたいです。
確かジュンク堂は10,000円以上だったような・・?
[PR]
新宿の紀伊國屋書店に行く途中、偶然発見した、かの有名店016.gif

自称女黄レンジャーの私はうれしくなって来店(≧∇≦)

一人でふらっと入るにはお値段高めかな。でも案外一人客も多くて、本を読みながら料理を待つ大学教授っぽい人がいたり、ワンランク上のお店ってことがうかがえた。

接客もきちんとしていて、ホテルのウエイトレスさんのように教育がしっかりしている感じ。

カレーは、一番ノーマルなインドカレーを注文010.gif

c0190486_22321365.jpg


骨付きの大きなチキンが入っているカレーで骨を入れるための小皿が添えられていた。

味は、これぞ名門店、という感じがするなっとくの本格的な味056.gif

でも案外味はさほど「濃く」はなく、スパイスで利かせてあるって感じかなあ070.gif

c0190486_2234112.jpg
c0190486_22341828.jpg

店舗入り口には創業当初の白黒写真が飾ってあって、いかにも老舗、という雰囲気が漂っていました。
この値段だからこのレベルでしょ、という納得感が感じられるお店です。

新宿にきたら一度は来店してみるのもいいかもしれません011.gif
[PR]
ここ最近、缶詰状態の閉塞感、環境変化による体調悪化、自己承認要求の充足度低下、ネガティブ爆弾の被爆、などが相まって精神的にかなり弱っていて、

にげてしまいたい、なんて思うこともありますが、

c0190486_2162534.jpg



成長のための苦しみから逃げようとしているのなら、いつまでたっても逃げ切ることはできないと思うのです。逃げ切れても別の悩みが発生するでしょう。

だって、「自分が自分である」ということからだけは、誰しもが絶対に逃げられないのですから。

ふと社会人の洗礼を受けて、自分が嫌で仕方がなかった数年前を思い出しました。

人にとって、「自分らしさが発揮できない」ということほど辛いことはないでしょう。でも、それを「生みの苦しみ」とみるのであれば、その辛さも許容すべきです。

私はよく「こんなポジティブな人見たことない」と言われますが、一方で「なんちゅうネガティブな人だ」と言われることもあります。
(ちなみに、太宰治「人間失格」葉蔵の「生まれてきてすみません」っていう言葉とか好きです^^;)

恋愛の「大すき」と「大嫌い」は表裏一体のように、喜びすぎることと悲しみすぎることも表裏一体であると思います。

ネガをポジに変えていくため、まずはにげない022.gif

「にげるな危険」
頭はよくないけれど、つらいことから「にげなかった」ことが今の自分のすべてを造っているような気がします。

今は、「一学生」ということで、「所属」「世間」から一歩離れたところにいるような感じですが、
逃げること、
(それは世間が、ゆるさない )(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)

「世間」とは「自分自身」なのです。それを許容するかどうかはすべて自分次第です。

・・・むりやりダザイでしめてみた。

ちなみに、にげるな危険、は私のオリジナルです。
[PR]
「ハインリッヒの法則」

よく聞く言葉ですが、確認しておきます070.gif

事故の程度は、
重い傷害 0.3% 軽い障害 8.8% ヒヤリ・ハット 90.9%という割合、すなわち
1:29:300の割合で発生する、というものです。

c0190486_23361195.jpg


つまり、一件の大きな事故・災害の裏には、29件の軽微な事故・災害、そして300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったもののヒヤリとした、ハッとした事例)があるとされています。

ハインリッヒとはアメリカの損害保険会社の方のようで、労働災害を統計的に調べた結果、上記のような論文を発表したようですが、

私が一番気になったのは、「ハインリッヒ」ってどう考えても日本人の名前でないのに、^^;
「ハインリッヒ」=「ヒヤリ・ハット」(日本語)が定着しているのがとても印象に残っています。

大きな傷害を防ぐには、「ヒヤリ・ハット」の段階で対処すべし、ということを示唆したものであると言います。

このヒヤリ・ハットは労災だけでなく、製造業の「失敗」による不良品の発生にもなぞらえることが出来ます。

しかし、失敗は必ずしも「悪」とは限りません。なぜなら、
「失敗に勝る教育効果はない」ということが言えるからです。昔読んだ「失敗力」という題名の本を思い出しました。
c0190486_204343.jpg


失敗のフィードバックによって大災害や軽い障害を未然に防ぐことが出来るのです。

しかし、その場で助かるために、責任を追及されたくないために、シレっとおシャカになった仕掛品を捨てて新しく加工する、というのが人間の心理でしょう008.gif

管理者も作業者も「失敗」をネガティブばかりにとらえず、ナレッジを共有していく、という姿勢をもてば、個人も会社も成長していくのではないか、ということでした035.gif
[PR]
by hito2653 | 2010-03-17 23:42 | 診断士
上手に質問する人、って本当に尊敬する。

相手を不愉快な気持ちせずに、こちらの知りたいこと、目的を達成するための答えを得る。

私はどうしてもテンパってしまったり、「質問に対する答えに対する質問」がアドリブで考えられなくて、後から聞きたくなっても後の祭りっていうことがよくある。

ちなみに↓はとあるビジネスサイトのアプリにあった脳の中。これだけ見ると悪くなさそうなんだけどね。

c0190486_8542460.jpg


そんな中、身近に上手に質問する人がいたので、ちょっとリサーチしてみた。
こういう人がうまいんじゃないかっていう私の仮説です。

① 聞く目的を持つ

あたりまえだけど、散漫な質問には散漫な答えしか返ってこない。
たとえ方向性がずれてもあらかじめ聞く目的をしっかり持っていたらブレないのではないか。

② 「したたかさ」も必要

・・聞こうか・・やめようか・・・と迷っていると、結局聞きたいことも聞けない。
勝間さんの本にも、「とんがり力」をつけるには「したたか力」が必要であると書いてあった。
相手に対する敬意や謙虚な姿勢は常に持っているつもりだが、「したたかさ」が私には足りないと思う。
[PR]
by hito2653 | 2010-03-17 08:55 | 診断士
「超訳 ニーチェの言葉」より

「人生を最高に旅せよ」

知らない土地で漫然と行程を消化することだけが旅行と考えてる人がいる。買い物だけをして帰ってくるが旅行だと思っている人もいる。

旅行先のエキゾチックさを眺めるのを面白がる旅行者もいる。
旅行先での出会いや体験を楽しみにする旅行者もいる。

一方、旅行先での観察や体験をそのままにせず、これからの自分の仕事や生活の中に生かして豊かになって行く人もいる。

人生と言う旅路においてもそれは同じだ。そのつどそのつどの体験や見聞をその場限りの記念品にしてしまえば、実人生は決まり切った事柄の繰り返しになってしまう。

そうではなく、何事も明日からの毎日に活用し、自分を常に切り開いていく姿勢を持つことが、人生を最高に旅することになるのだ。

P.37  「漂白者とその影」
[PR]
「超訳 ニーチェの言葉」より

いつも機嫌よく生きるコツ

不機嫌になる大きな理由の一つは、自分のなしたこと、自分の産んだことが人の役に立っていないと感じることだ。

だから、不機嫌な老人がいる。一方で輝く青春の真っただ中にいる若い人たちが不機嫌なのは、自分が社会の中で生産的な存在になることがまだなかなか難しいからである。

したがって、いつも機嫌よく生きていくコツは、人の助けになるか、誰かの役に立つことだ。
そのことで自分という存在の意味が実感され、これが純粋な喜びになる。


P.16
「人間的な、あまりに人間的な」
[PR]
Windows7になってから搭載された機能らしいですが、

Ctrl + Shift + N

のショートカットキーで新規フォルダが作れます。

案外使えるかも。
[PR]
生産計画と生産統制。

よく聞く言葉ですが、生産管理の知識に疎くゴチャゴチャになっているので整理しておきます。

PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act cycle) で言うと、以下のようになるかと思います。

P   生産計画
D   生産活動
CとA 生産統制

c0190486_849269.jpg


生産統制は生産計画通りに実行されているか、日々の作業を統制することです。

「手順計画」に関しては「手順管理」、「工数計画」に関しては「余力管理」、「日程計画」に関しては「進度管理」という関係になっています。

c0190486_922581.jpg

[PR]
by hito2653 | 2010-03-14 09:03 | 診断士