行って来ましたーー 060.gif

今年は、高槻ジャズフェスティバルに行けなかったので、リベンジの意味も込めて。

私のカレー&ジャズ熱に「よりいっそう」火をつけて下さった、元マスターのナイスシニア!なお方と一緒に

高槻とは打って変わって、「街」というより、むしろ「湖」が主役となったような感じ。今回は第1回目ということで高槻のノウハウが伝承されているようです。

高槻と違って、会場と会場のインターバルがそこそこあったけれど、湖岸通りをお散歩がてら歩くのも悪くないです 016.gif

湖をバックのJAZZもいいですねー。なによりもいいお天気でよかった。058.gif湖岸沿いは日が落ちるとグッと冷えたけれど。

ビブラフォンの幻想の中、ライトアップしたビアンカがゆっくり湖を横切っていくのがすてきでした037.gif
c0190486_1095216.jpg

[PR]
by hito2653 | 2009-10-31 22:09 | 音楽
いろんなカウントダウン。

まず中小企業大学校への「出発」までのカウントダウン、もあるけれど、

20代でいられる時間のカウントダウンでもある。

今思うと大学生の頃、御所の近くで(何か忘れたけど)「禁止行為」らしきことをして、いい年して守衛さんに怒られたとき、

「二十歳(ハタチ)すぎて、怒られちゃったよ、ナハハ」とか言ってたけど、

もうこれからは、
「三十過ぎて、怒られちゃったよ」てことになる。

何で、「怒られること」前提なのかと言うと、今日は普通に仕事で上司に怒られて、

「組織の人間としてその対応はどうなんだ」てきなことを言われたガクーーン 007.gif

とりあえず、気が緩んでいるのかも。

生きている限り、仕事をしている限り、必ず怒られることがある。

それでも辛いときは、やけ酒ならぬ、「やけカレー」ね。一人で会社の近くに食べに行った。 003.gif
(理由は、インド人と目が合ったから、というのもある。)

とりあえず、気を取り直して、やるべきことは何かを考えよう。070.gif

素敵な出会いに期待しよう。 056.gif

20代最後の年 035.gif

。。。猫がひざの上に乗ってきてパソコンやりづらいんですけど・・。
いつもは、無視するくせにさ
c0190486_2071765.jpg

[PR]
前々から気になっていた糸井重里の「ほぼ日手帳」ついにLOFTで購入した。 053.gif

「昨年は品切れでご迷惑をおかけしていましたので、本年は量産致しましたが、お好みのデザイン等数に限りがありますので、お早めにお買い求め下さい」

の言葉が迷っていた私の心を動かした。値段は本体だけで3,000円と結構お高め。

恐れ入りました、これぞ手帳ビジネスと思ったのが、色とりどりのカバーに、手帳用のグッズの多さ。

手帳に思い出のチケットの半券やレシートを貼る用の両面テープやみうらじゅん描きおろしのシールセット、路線図、ほぼ日手帳サイズのクリアファイル、フォトアルバムなど色々。

ついつい財布のヒモがゆるくなりそう。 029.gif

私はほぼ日グッズでない、手帳用のスタンプを購入。

以前はシールでペタペタ貼っていたんだけれど、シールだとやたらと
「飲み会」「おけいこ」ばかりが減ってすぐなくなり、「病院」や「デート」がほとんど減らない(笑)

だから、スタンプだったら押す回数に限りがないでしょ? 001.gif

にしても、この「ほぼ日手帳」にしても、日本人は限定モノに弱い。
帰りにユニクロに行ったけれど、「限定品」に人が群がっていた。

限定品を日替わりにするのが戦略やね。

手帳は12月からだけど、ちょっと使うのが楽しみ。
いっぱい書き込んだりデコレートして女子高生みたいな手帳にしよう016.gif
c0190486_17121923.jpg

[PR]
ここ数日で一気に寒くなったーー

070.gif芸術の秋

ていうわけではないけれど、たまたま朝刊に載っていた壬生狂言、壬生寺は自転車で15分くらいの近所なんだけれど、行ったことがなくておかんに誘われて行ってみることに

壬生狂言は、言葉を一切発さない無言劇ということで有名らしいですねー。演じている人は、それだけで食べてる人でなくて同好会みたいな感じでみんな昼間は普通にお仕事している人なんだって。

料金は大人一人800円と良心的。営利というより文化の伝承で続いている感じ。

狂言だけあって、鼻水をかんで着物の股の間で拭く、それを見た周りがずっこけるみたいな、あほらしいシーンとかもあってそれなりに面白かった

結構若い人もいっぱいいたなーー。037.gif

終わったあと、せっかくなので壬生寺の近藤勇の遺跡に行ってみたけどすごいね。遺跡の近くには日本全国からの新撰組ファンの書き込みの書いたノートが山のように。

特に目立ったのが、いわゆる「歴女」(レキジョ)の書き込み。絵も字もめちゃうまくて、そうとうマニアックであろうことが匂わされる

ところで、、、

島田紳助プロデュースの「新撰組」ってどうなったのかな。

私もあまり新撰組のことは知らないけれど、国のために、仲間のために命がけで戦った人達のロマンが、現代のオタク文化のハートにまで火をつけるってすごいなって思う

それを、特に歴史についての教養があるとも思えない、目立ちたいだけのイケメンが集まって「新撰組」の名前を語っていたら、昔からの自称「新撰組狂」は怒るんじゃないかな

だから、今回はブレイクすることはないかな。。なんて。048.gif

結構辛口に書いたけれど、「プロデュース」力はきっと今も昔も大切なんだろうな(笑)
[PR]
今日は20代最後の誕生日 024.gif


おかげさまでなんとか書類選考の小論文は通過していたようで、来週土曜日に中小企業大学校へ面接を受けに行きます。

まだ決まったわけではないけれど、いよいよ12月から学生生活がスタートすることが現実になりそう。

今日は、お母さんからのメールで、行く前から泣いてしまった

「お誕生日おめでとう。20代最後の誕生日になったね。思い起こせば25歳であなたを生んで今まで田舎者のお母さんはいろいろな意味で後ろ指をさされないように子育てよりも仕事で認めてもらおうと一生懸命だったような気がします。それなのに、やさしい子に育ってくれてありがとう。ひとみの頑張りはきっといい方向に行くと思います。あと少しで寂しくなるけれど、あなたの人生悔いなく頑張ってね」


よくぞ、老眼でメール打つの遅いのにこれだけ打てたものだね

今私は、何が欲しいですか?と聞かれると、びっくりするくらいに物欲がなくて、あえて言うなら「よい言葉」がたくさん欲しいと思ってる。
よい言葉をたくさんもらって、小さな幸せを感じられる人生が実は一番幸せなのではないかなー、なんて思ったりする。 056.gif

と、カッコつけて言いながら「聞き上手」ではないので、先日先輩に怒られたところだけれど。

先日東京の銀座に行った際、会社の先輩に連れて行ってもらい、「相田みつを美術館」に行った。単純にひとつひとつの言葉がすごく心に沁みて、色々なことを考えさせられた。


ちょっと遊びで書道教室でマネしてみた。本物と比べると書体が違うから同じ言葉でも自分の字だからあまりグッとこない。 048.gif

普通の作品と比べても、やはり現代書でも同じ人間が書いたんだなーって分かる


やっぱパクリはだめだ(笑)
いろーーんな人に出会って、いろーーんな言葉をもらおう053.gif

c0190486_1754098.jpg
016.gif
[PR]