みなさんは「くら寿司」の「びっくらぽん」はご存知だろうか 001.gif

びっくらぽん、皿カウンターで5皿入れるごとにルーレットみたいなやつが回って、当たればガチャガチャのオリジナルキーホルダーみたいなやつがあたるやつだ

先日、父が喜々として、
「これを当たった!!」と言って見せてくれたのがコレ。 037.gif

なんと、「びっくらぽん」で現金千円が当たったというのだ!!こんなもんでリアルに現金が当たるってすごい・・。

先日とあるテレビ番組で「くら寿司」の社長が言っていたことは、社長のモットーは、

「誰もがやらないことをやる」ということらしい。
この「びっくらポン」だって、実は一日600万円の経費がかかっているらしい。

「子供だけが喜ぶ景品だけでなくて大人も喜んでもらう」という発想で現金を入れたらしいが、当然この現金なんて「領収書」を客からもらっているはずはない 048.gif

こういう使途のカネはたいてい「交際費」になるから、損金不算入で増えた利益に対して、結局30%の法人税だってかかる。 002.gif

ここまでやる理由は・・・?!

驚いたことは、びっくらぽんだけではなく、今や回転寿司では当たり前の「インターホン」とか品質管理システムもくら寿司が最初に考案したらしい。 030.gif

当初は「インターホン」を取り入れるなんて、いちいち注文を受けて作る手間がかかるし、注文されることによって流れている寿司がとってもらえないから、客を喜ばせるだけで非効率かつタイヘン、という考えで取り入れは「考えられない」ことであったらしい・・・。

しかし、今や当たり前になっている。

社長の考えは、「顧客の満足」というのは常に同じところに向いている。「どうせ同じところに行き着くなら、人よりも先にメンドクサがらず先手を打つ」というのが戦略らしい。

顧客満足とアイデアの大切さ、というのを考えさせられた。

ところで、今日は「カレーが食いてええええ」ということで、早めに仕事をあがってカレーを一人で食べに行った。

ここのカレー屋、いつもお客さんが少なくてもうかっていなさそうなのに、いつもインド人の店員さんはヨーグルトとかサービスしてくれる。そしてすごく愛想がいい

私は無機質な顧客満足より血の通う顧客満足の方がすきだ056.gif
c0190486_21105191.jpg
c0190486_2111738.jpg

[PR]
会社説明会に行った。´)━━(`・ω・´)シャキーン━━━!!

・・て言っても私自身が就活してるんじゃなくて、自分とこの会社の説明会に1ヶ月くらい前に先輩社員として出てくれと言われていたのだが、多忙のあまり、すっかり忘れていたのであった。

・・・がぬぁぁんと。(`・д´・ (`・д´・ ;)


毎年1回の説明会に来る学生の数は35人そこそこだったものが、今年は不況のあおりを受けて学生が殺到し、しかも今年から毎ナビに掲載した効果もあって、140人もの学生が来ると言うではないか!!
ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン

当然、会社の会議室などでは収容しきれないので、同じ建物内にある貸し会場の大ホールを使うことになった。

時間になって、人事課へ集合し、会場へ行く。

140人ものスーツ姿の学生の 顔 顔 顔 ・・・・!!!!
030.gif(゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚)

これは・・・・「壮観」だ・・・。:☆'.・*.・:★ ☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆

この人数の前で話すのはもはや「演説」に近い。

課長や課長代理の説明の間も、前の舞台に座っていたが、やはり今年はこの就職難を受けてか学生の顔は真剣そのもので、みんなちゃんと話しての顔を見てノートを取っている。

正直「めんどくせえな」と思っていて、自分の職場紹介等の発表をする原稿すら考えてきていなくて、手元にあるのは箇条書きにしたメモだけ。

プレゼンテーションが苦手で話すのがあんまりうまくないくせになんで原稿を考えなかったのか。激しく後悔した。。゜(゚´Д`゚)゜。。゜(゚´Д`゚)゜。

一方、私の前に発表する2つ下の後輩の上手なことときたら。

原稿は考えていたみたいだけれど、自分が大学で学んだ民法のことと今の業務とのつながりや近江商人の話(三方よし)とか日々どんなことを学んで自分を向上させようとしているかをエピソードを交えて上手に話していた。

・・・これ、原稿ないのって激しくマズイんじゃないの・・・!!!
007.gif(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガク


・・結局

建物は古いですが、内装は意外ときれいですよ。とか
茶道部とか部活があって楽しいですよ。とか
新人のときは周りの人が何を言ってるんだかぜんぜん分からなかったけれど、・・なんとかなります。とか

イマイチだけど、「まあそうなんだろうな」と思われることを羅列してごまかしましたが、前を見ると、全員がこっちを見ていて(当たり前ですが)声がリアルに震えて・・

途中で「声・・震えててすみません・・。」とか言ったりして。(*´▽`)◇

なんとかその場を終え、別室で自由質問会みたいなカウンターを用意したら、そのときも来るわ来るわ、学生が。

今の子は危機感を持っているのか、なんかすごく知識がある子も多いし。聞いてくることは、福利厚生とか女の人が長く働ける職場ですか?とかも当然質問してきたけれど、

債務免除や民事再生について尋ねてくる子もいた。今でこそ分かるが何で学生のくせに知ってるねん、と言いたいところだ。あまり来てほしくはない人材だ。私の立場ないから。(爆)

あとは「私教育学部でぜんぜん仕事内容と関係ない学部なんですが、簿記の1級と宅建を持ってますが大丈夫ですか?」とか・・。

「・・・・十分だと思いますよ。」としか答えようがない。

一番困ったのは、

「先輩のキャリアプランを教えて下さい。」

・・・・そんなの答えようがないやないか。

まあ、学生だからそんなこと聞いてくるんだろな、と思いながらもまるで私自身が拷問を受けている感じになってきた・・・

なんか、今年はうちレベルの会社ではありえなかった京大クラスの人もエントリーしているらしい。
うちのとぼけた同期の男が、
「そんな奴に来てもらったら困るんや!!!!!!一番来てほしいのは『かわいくて 素直で あほな』女の子」

とか全く会社のことを考えていない発言をしていた。私が発表しているときも横の方でニヤニヤニヤニヤして。

まあ、同期をはじめ、若手の仲がいい、というのがうちのウリです★
056.gif
[PR]
渋くて素敵なナイスミドル高橋先生がキャッシュフロー計算書についてとてもわかり易く書いてくださった本です。

「基本」といいながら、実際の上場企業のキャッシュフロー計算書を同業他社(ビール・流通業・携帯電話会社)のフリーキャッシュフローを実際に計算してみて比較をし、各々の会社の戦略を垣間見てみたり、企業価値について書かれていたり、深い論点も書かれていて結構中身は濃いです★

私は以前、中経出版社というところの
「キャッシュフロー計算書が面白いほどわかる本」という本を買ったことがありましたが、(恐らくこっちの方がメジャーかもしれません)
絵や図が多くて見やすかったものの、はっきり言ってぜんぜん「面白い」ほど分かりませんでした・・^^;

キャッシュフロー計算書の基本書で中身の濃さと面白さなら、断然こちらの本を推します。

「利益は意見・キャッシュは事実」
「勘定あって銭足らず」
と本書にも書かれているように、キャッシュフロー経営がいかに大切なのかが、少なくとも分かったような気になれます。

ただ、先生いわく、「あんまり市場から評価されなかったかな^^;」と。

残り少ない本書、いい本なので、ご興味のある方はお買い求め下さい♪大きめの書店ならまだ売っているはずです★
c0190486_2104956.jpg

[PR]
by hito2653 | 2009-03-16 21:40 | 読書
昨日は、繁忙期なのだけれども、残業をしている人を背に会社を後にして退職者の送別会だった

・・・・・・・・想定はしていたけれど、二次会として先斗町の「スナック」に行く流れに 005.gif


急速な景気後退・・ 050.gif

その影響は先斗町も例外ではないようで、あの細い石畳の道、金曜の夜だと言うのに夜の10時11時の人通りは半分くらいにまで減っている。

夜の1時に至ってはまるで人気がなく、遠くの方で酔客の笑い声が聞こえるのみだ 048.gif

次の日が絶対しんどいことが分かっていたから、二次会に行くこともためらわれたのだけれども、退職者も行くことだし、それに私の携帯電話で予約する際にそのいつものスナックが3月限りで閉店することを知ったのでどうしても行く流れになったのだった 072.gif

いた 071.gif

あの 「チャチャいれる」のが好きでおもろくてほめ上手でやさしい、名物ママが 011.gif

「いやーーー、お声で分かったわ。久しぶりやね。あの頭がよくてきれいな所長の部下のお嬢さんやね。しのぶさん」

・・・・・・・・・・・ちょっと!!!ほめてくれるのはうれしいけど、私の名前は「しのぶ」とちゃうんデスケレドモ!!!! 031.gif

「いやーーーひとみさんゴメンナサイね。ひとみさんの携帯電話の番号、しのぶさんで登録してたからずっと勘違いしてたんやわ」

・・・・・その後しばらく私はその場にいたみんなに「しのぶさん」と呼ばれた

☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★ ☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆
「おかん、なんで辞めることになったんや、言ってみ。」

「あんまりこんな泣き言を言うのもはばまれるんやけどね、所長やから言わしてもらうわ。この27年間やってて今までで一番きついのにおーたんや。」

「ドロンけ?」

「そうですねん。長年のおつきあいやったさかいに信用しててんけどね。いつもツケの人やったんや」

「あのぉー、音信不通になってしまったとかですか??」

「お嬢さん、音信不通どころの話ちゃいますよ。その社長の会社ごとあらへん。倒産しはったんか、移らはったんかは知りませんよ。その場所に行ったら更地になってるんですもん。
毎日大勢で来てくれはってね、私ほんとにうれしかったんよ。でもね、そんなことになってしもて、私どれだけ泣いたことか。酒屋さんへのお払いも全部私がもたなあきませんやろ。何よりも長いこと来てくれはった社長とそんなお別れの仕方をせなあかんのが辛かった。不景気の影響なんやろかね・・・」

・・・・ちょうどそのときカラオケの音楽が途切れた 060.gif

「所長、私が歌ってもかましません?」

「ええよ。何歌うん?」

「『人生いろいろ』で」

・・・イントロが流れた。ママさんの歌、艶っぽくてビブラートがきいてめちゃめちゃうまかったぜ 053.gif

☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★ ☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.

翌日、つまり本日。タクシーを乗った会社の最寄り駅まで二日酔いの状態で自転車を取りに行くのが超ブルーだった・・。そのまま専門学校の自習室へ一応行ったけれども、殆どブースで寝てしまって・・。今が一日の始まりみたいな感じ。

そう、先斗町のママさんもこれから一日が始まるのだ・・。
c0190486_19152418.jpg
c0190486_19153119.jpg
c0190486_19154113.jpg

[PR]