ぜんぜん知らなくて、たまたま昨日家に帰ったら母が
「出てはるよ」って言ったので見たら、まさにオンエア中

白のスーツをびしっと着て、美人で知的でクールだけれど、
子供や「人」にフォーカスした暖かい論調。

かっこよかったーーー 016.gif


いつも著書で言ってはることだけれど、お金を使うときには必ず「消費」か「投資」か区別する。漫然とした使い方をすると、結局お金も時間も空費してしまうことになると

そして「子供」に対する出費は未来に対する出費で投資。
なぜなら、未来の消費者や納税者としてリターンがあるからだ 058.gif

途中で、「勝間和代 VS 森永卓郎」っていうテーマがあったけれど、
お世辞にもかっこいいとはいえない森永卓郎と、美人の勝間さんの対決は失礼ながら「美女と野獣」という言葉が思い浮かんでしまった・・

モリタクはモリタクで好きなんだけれどもね。
とても頭のいい人ながら、庶民目線。でも少々突飛なこと言い過ぎで、
非現実的。今回の主張は、「1マン2センエンなんて眠たいこといわずに定額給付金 10万円を国民全員に」と 045.gif

確かに今の状況でカンフル剤的なものは必要かもしれないけれど、
「消費」の場合はそれが経済の浮揚効果としてあがらなければそれこそ無駄になってしまうと思います 005.gif

一方勝間さんは、こんな時代だからこそ子供や若年層に対してお金を使うべきであると。例えば、子供を産んだ人に出産一時金を5万円支給し、不足している保育園を全国都道府県に作る 017.gif

それでも二兆円でお釣りが来ると言います。
子供のいる若年層は潤い、生活面も助かり、子供を産むモチベーションが沸くので少子化対策にもなる結果的に消費が長期的に伸びて元が取れるというわけです。

カツマーの私なので当然といえば当然ですが、勝間さんの意見に賛成です 070.gif

近視眼的な政策はこれまでうまくいった試しはないし、「未来」に対して思い切った政策をする方が、一時的なカンフル剤より疲弊した今の世の中への特効薬になると思うからです。

ところで、、、

このテレビタックルにしても、ほかの民放の与野党討論にしてもそうですが、、、

みんな人の話を聞かなさすぎ 048.gif

いい大人が人が喋ってるときにかぶせるようにして喋るなよな・・

私も人の話を聞かないところがあるので、注意したいけれど(私の場合はぼんやりしているだけだけれど)相手の意見も一応は聞かないと、相手を納得させられないと思う

今日ある研修で、交渉の妙諦は「平常心」である
と言われた。茶道の掛軸でもよく「平常心是真」とある。 040.gif

これが難しい・・025.gif
c0190486_2373426.jpg

[PR]
美容番組でなくNHKの健康番組でやっていましたが、

顔とかの毛穴の黒ずみの原因は、毛穴の中に詰まった汚れと思われがちなようですが、実は・・・・・・

毛穴の凹凸の「影」が黒く見える原因だそうです。

年をとると毛穴が目立つのは、毛穴に長年積もった汚れがたまっているのではなく、

肌にハリがなくなって毛穴の断面がVの字型から、間口の広いUの字型になるので影が大きくなるから目立つのだと・・。

だから汚れを取るだけでは、毛穴の黒ずみの対策にはならないと・・。

なるほどーーって思ったけど、健康系の知識番組だったので、
「じゃあどうすりゃいいの?」がやっていなかった^^:

もんもんもんもん。影かぁぁ。そうなのかぁぁ。

ちなみに、携帯の写メを文字モード(近くがリアルに見えるモード)で
自分撮りしたら、やばいくらいに毛穴がリアルだった。

影かぁぁぁ。そうなのかぁぁ。

汚れを取ろうとして、いろいろやってボロボロになっことのある自分の鼻がかわいそうになってきた・・・。
[PR]
atなのかinなのかonなのか分からんけど、

先週末は久しぶりにZAC BARANにライブに行きました 001.gif

というより、ライブ自体が久しぶりかな。

近頃はなかなかライブに行けなくって、オスカーピーターソンとかブルーノートのDVDでガマンしてたから。

ここのいいところはね、店が広い。なんとなく落ち着く。そしてゴハンが美味しい。写真はタイシーフードカレー880円ね。やっぱカレーは美味しい。家で作れないカレーというとこもポイント。

c0190486_22272557.jpgc0190486_22274449.jpg




                               ザックは左京区熊野神社近くの老舗ライブハウスです。
フードはいっぱい種類があって、セカンドハウス系列だから味も美味しいです。

ライブはね、やっぱり楽しい。DVDとは違うわー。 058.gif
当たり前やね。

私 MCって好きなの。なんでこの曲をやったのか、この曲はどういうエピソードがあるか。

「正直あまり知らない」とか逆に、めちゃ正直なコメントがあっても曲がよければそれはそれでいい(笑)

エピソードとか語ってくれたら、サモ自分が仕入れたかのようにどっかでパクろうかと思ったりする。

あー元気でた。明日からもがんばろ
056.gif
[PR]
by hito2653 | 2009-01-19 22:28 | 音楽
近くに用事があり、左京区のラーメン屋
東龍(とんりゅう)へ行ったよ。

http://www.tonryu.net/
〒606-8276 京都市左京区北白川上別当町1番地 第2青山荘1F6号 TEL:075-703-0900

びっくりした。ここは出来た頃、掘っ立て小屋だったのに、こぎれいなビルになって、清潔感のある店の中にはビックバンドジャズなんて流れちゃってる。

そういえば、家の近くの四条大宮にある
上上(シャンシャン)も、私が中学校のときに出来たときは、完全に屋台みたいな掘っ立て小屋だったのに、こぎれいなビルになった。

よく、飲食店をやる際、やる前から設備投資がどうこう言うって、設備にいかにカネをかけるかということから入るひとが多いけれど、
美味しいもの出して、そのお店の支持者がいっぱい出来れば、立派な店も自然と建てられる資金が自然と集まるんだろな。

まあ 飲食店と言ってもカフェに居酒屋、色々あるだろうけれど。でも、カフェの「サラサ」とかみたいにあまり設備にお金をかけていなさそうなのに、古い什器などでいい雰囲気出してはやっているお店もあるし。 058.gifc0190486_18574243.jpgc0190486_18575268.jpgあ、肝心の味ね、東龍美味しかったよ~。 001.gif
半透明でコクのあるスープ。
本当に、ラーメンみたいな飲食店こそ、口コミ命。私は語れないけれど、ラーメン語りだしたら止まれない人が多いからね。 030.gif

鶏(事業設備完備)が先か卵(ノウハウだけを武器に創業)が先か。後者で成長した店のほうが印象がいいね。

[PR]
深夜のNHKのテレビ番組 

「持論・公論」っていうのがやってて、まじめそうな番組だから見たことがなかったんだけど、成人の日の式典の様子がやっていたのでぼんやりと見ていた。

でも考えることがあったので、まじめにコメントしてみる。

そこでテーマになっていたのが、つまりは

「若者が希望をもてない世の中って
ドーヨ013.gif
ということだった。

こういうテーマは、勝間和代さんのほか、私が大学の卒論で引用(やや「パクリ」に近かったかも?)させてもらった玄田有史先生もよく言及していることだ。

ちょっと、聞き捨てならなかったのが、ある研究所の試算した数値の棒グラフ。

自分が受ける公共サービス(年金、保険なども含む)をプラスとし、逆に自分が払った社会保険料や税金をマイナスとして収支を計算すると・・・

なんと、60代がプラス4,900万円なのに対し、年代が下がるにつれて漸次プラスは減っていき、20代ではマイナス1,300万円だ・・。

(どうやって計算したかは知らないが・・)

若年層の年金の未納や後期高齢者医療保険料を嘆くより、この理不尽な数字をなんでもっと言及しないのか。031.gif

まじめに払うだけ損をするという現実。

それは、やっぱり政治家が結局は自分の保身しか考えていないので、選挙権のない子供や、選挙権があっても相対的に人口が少なくてなかなか大きな声の出せる人のいない若年層が切り捨てられていることが原因で、こういう現状が見てみぬふりにされているのだと思う。

先日、年金を過去に納付特例で猶予していたものの、追納の案内ハガキがきた。

はっきり言って月13,000円は高い。

特になんとか日々を食べつないでいっている人のなけなしの13,000円は重過ぎる。それに、あれだけ年金に不信感を抱かせるような報道が相次いでいるんじゃもらえるかどうかも怪しい。

未来に希望が持てないなら、子供を産みたいとも思わなくなるし、ますます少子高齢化は加速する。

先日の成人の日のお祝い式典での偉い先生の言葉。056.gif

「若い、ということは大木ではないけれど、よく『しなる』っていうことなんです。みなさんの力で多くの人が幸せになる世の中を作ってください」・・と。

たぶん、普段なら右耳から入って左耳から出て行くような言葉かもしれないけれど、
なんだかココロに響いた。

つまらない政権争いや、「公」の非難、あら捜し、過剰報道。

そんなんはどうでもいい。048.gif
c0190486_1928813.jpg
c0190486_19282146.jpg


みんな、つまらない人たちに政治を任せて、希望が持てないと嘆いているなら、選挙に行こう。そしてささやかな抵抗をしよう。かき消されても声を出そうぜ。

しなっていこうぜ。 しなっていこうぜ。070.gif

[PR]
c0190486_2221655.jpg
今や勝間本はほとんどの書店のコーナーで山をなしているのにこの本だけ見たことがなかった。
会社の人にお借りした、勝間和代が有名になる前の本。
っていったって、2007年6月出版だからそんなに前じゃない。
カツマーを名乗る私も知らなかったくらいの本なんだけれども、この本をパラパラと見て・・
「どうみてももっと売れそうなんだけどなぁ・・005.gifって思った。

だって、まず絵が可愛い。そして言ってることが「一般的なるルール」と「本当のルール」の対比であって、明確で分かりやすい。
かわいく書いているけど辛口。でも正論で嫌味がない。

そんな感じがしました。056.gif
ちなみに冒頭に女の子達をカテゴライズしているんだけれども、私は80年ちょうどの生まれなので「ポストデフレ世代」と「デフレ世代」のどっちともつかない年代。
039.gif「ポストデフレ世代」
日本にバブルが存在したなんてとても信じられない世代。「キャリアの追求」という言葉も空しく響き、「自分サイズ」「ほどほど」といった自己充足感を最も重視して堅実に生きる人が目立つ。

039.gif「デフレ世代」
大企業の破綻が相次いだ1997年以降に就職活動をした世代。「会社はあてにならない」を骨身にしみて実感。だからjこそ「手に職」「自分で仕事を創る」ということに情熱を燃やし、あくなき「自分探し」を続けている。
・・・はっきり言って、どっちも当てはまっていてどっちも当てはまっていないって感じかな^^;
本文でルールは全部で15あるんだけど、私の好きな?ルールは
「リアル・ルール12」
一般的なルール
「失敗して叱られることがあってはいけない」
リアルルール
「叱られたときこそ成長のチャンスになる070.gif
まさに新入社員の頃を思い出すよ。
「叱られるうちが花」というけど、まさしく毎日 大満開056.gif

自分が誰だか分からなくなるくらい凹んだけど、今になってみると、放置するよりず~っと「叱る」ってパワーいるんだよな。021.gif
だから叱ってもらえる経験をすることも今思えばよかったと思う。というか、凹みまくった新人時代に読みたかったなぁ。039.gif

[PR]
by hito2653 | 2009-01-09 21:52 | 読書
先日後輩に「いい美容院を紹介してください」と言われて真っ先に思い浮かんだのが、

「口コミは究極の顧客獲得手段」というくだりでした。

口コミは費用(=顧客獲得コスト)もさしてかからず、しかも自分の信用を担保にかけて人に紹介するわけですから、ロイヤルティーの高い顧客がゲットできるわけです。
c0190486_22194875.jpg


勝間式「万能利益の方程式」
利益=(単価-顧客獲得コスト-原価)×顧客数

単純なようで、売上至上主義、利益に関しても原価にしか目がいかないことが多いなかで、
「顧客獲得コスト」に着目したのは面白いと思いました 001.gif

一見当たり前のことを言っているようですが、通常の「損益分岐点分析」では固定費と変動費の分解(固変分解)が困難で、現場には行動規範にしにくいといいます。

でも万能利益の方程式なら、ざっくりした計算であればみんなが常に共通認識として持てそうですね。

最後に私の心に響いたこの本の締めくくりを紹介します 072.gif

健全な儲けは私たちの生活を豊にし、社会のバランスを保ちます。ぜひ、「儲けの効用」にういて、会社に命じられたから仕方なくするのではなく、顧客も、自分たちも、より幸せになるために一緒に追求していくことをお薦めして、この本の締めくくりとしたいと思います。
そして、明日からも、もっともっと、周りの人を幸せにして、どんどんその感謝を儲けという形で集めてみてください。そのことが、私たちの、そしてこの社会全体のワークライフバランスの実現につながるのですから056.gif

[PR]
by hito2653 | 2009-01-08 22:21 | 読書
今回の本が違うところは、これまでの本はどうあるべきか「個人」にベクトルが置かれていたのに対して、今回は「社会」にベクトルが置かれているというところ。017.gif

そして、西原理恵子さんと雨宮処凛さんといった、ビジネス書ではなかなかお目にかかれない面々(?!)との対談があるところ

でも内容はものすごく深く、女性・教育・貧困といった、一見バラバラなようで切っても切れない問題に対する真剣な意見交換に目が釘付けでした。

勝間和代さんは経歴が誰が見てもいわゆる「エリート女性」なのですが、媚びることもなく、卑屈になることもなく、同じ目線で語ってくれる、本書ではそういう安心感がありました

今の政治家は目先の選挙対策ばかりで、声の大きい人たちに目が行っているため、本当に困っている人や、これから世の中を担っていく若い世代の意見がほとんど反映されていないように思います

また、社会・経済的に恵まれている人が多いせいか、日本の中にある大きな矛盾もむしろ隠蔽されてしまっているとすら感じます

だからって、諦めてしまったらそれまでだよね

Lifehacking Japan

c0190486_2217622.jpg
本書の印税のうち、20%は
CHABO!というプログラムによって、
貧困国や戦争災害の子供の自立支援のため寄付されます

宣伝のためではなく、本当に日本を変えていこうとする勝間和代さんの試み、一緒に考えていきたいと思います

[PR]
by hito2653 | 2009-01-08 22:13 | 読書
勝間和代さんの記事にエラソーニ意見してみましたので、転載します~★

http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT2n000001012009

グリーの上場で考えるIT企業の評価    勝間和代

私もmixiをやっているので既にSNSやブログなど一日一回は開くサイバー住民ですが、私の周りにもサイバー住民はどんどん増えていっている感じがします039.gif

ところが、最初は興味で始めてみても、ある程度以上の(さほどハードルは高くないのですが)「マメさ」がない人は続かないのですよね・・。結構、「メンドクサイから最近全然やっていない」っていう声をよく聞きます002.gif

だから、この業界がグッと伸びたのも、「あまりパソコンは得意でないけれども簡単そうだし、興味はある」という層で会員数がグッと増えたのではないかな、と思います。でも、その層が一度経験済みで飽きちゃったら、その層の顧客開拓はのぞみにくいかな、と。

以前、メガネ業界は少子化のために「メガネかけはじめ」の若年(こども)人口減少により需要が減ったため、すでにメガネを持っている人の2本目、3本目の需要に向けた商品開発に力を入れている、と聞いたことがあります。
SNS等も「SNSやり始め」人口の需要に陰りが見えてきたら、新規ユーザー獲得ではなく今後はすでに会員の人のサービス競争が激化するのかなぁなんて素人目で思ったりします。048.gif
(以前JENKAというアバターブログサイトを使っていたのに、不採算だったのか閉鎖されすべて消えてしまいました・・007.gif007.gif。江川達也さんデザインのアバターでかなり気に入っていたのに!)


とにかく、今はサービス面で、このブログにしても、立ち上げまでものの5分で出来ちゃったり、「簡単さ」に関しては行き着くところまで来ているので、いかに工夫して既存ユーザーの「顧客満足」をはかるかで生き残りをかけることになるのかな072.gif
[PR]
雑誌か何かで見たらしく、お父さんが「だだ」こねるから、左京区の生チョコのお店に行った。

その名も 

kyoto 生 chocolat
http://www.kyoto-namachocolat.com/index.html

まんま(笑)
c0190486_20135774.jpg
c0190486_2014736.jpg
c0190486_20141632.jpg
店番してるチョコレート色のおとなしーい犬と、それにちょっかいをかけにくるチョコレート色の猫が印象的でした。

チョコの味は ・・・ うん。あんまり違いが分からないけど美味しい気がする。

[PR]