第二次世界大戦④ 日本の敗戦

第二次世界大戦④

東条英機内閣の次は小磯国昭内閣です。
この頃になると、米軍機による日本本土への空襲がはじまります。
絶対国防圏のサイパンが奪われてしまっては、もうどうにもなりません。
c0190486_2037441.jpg

米軍による空襲は、軍需施設の破壊が主な目的でした。しかし都市部では、一般住宅地まで無差別に爆撃されるようになりました。あちこちに防空壕が掘られ、児童たちは学童疎開するようになります。
1944年3月の東京大空襲では一晩で10万人以上の生命が犠牲になり、その後も全国各地で激しい空襲に見舞われます。
c0190486_2040323.jpg

物量まさるアメリカの攻撃はますます加速し、硫黄島の占領についで1945年(昭和20年)4月には沖縄本島にまで上陸してきました。
c0190486_20442168.jpg

日本の国内で本土決戦が叫ばれていたころ、すでに勝利を確信したアメリカやイギリス、ソ連、中華民国などは、終戦後のアジアをどうするか、たびたび会議を行っています。

たとえば、1943年のカイロ宣言では、日本が第一次世界大戦後に中国から奪った領土をすべて返還することが定められていました。1945年のヤルタ会談では、秘密裏にソ連の対日参戦も決められています。
そして1945年7月、ドイツのポツダムアメリカのトルーマン大統領、イギリスのチャーチル首相、ソ連のスターリン書記長の三人が日本に無条件克服を求める
「ポツダム宣言」を「採択」しています。

c0190486_2144060.jpg

この頃には、1943年のイタリアに続いて1945年5月にナチス・ドイツも降伏しています。だから「ポツダム宣言」の場所が「ドイツ」であってもおかしくないわけね。
しかし、、しかし、、日本の陸軍は相変わらず本土決戦を叫び、ポツダム宣言を受諾しない姿勢を取ります。
だって、戦争をやめてしまえば陸軍の責任も浮上するし、やめるにやめられなかったわけですよね。

そういうことをしているうちに、8月6日に広島、8月9日に長崎への原爆投下、となってしまうわけです・・・
c0190486_20494466.jpg

この間隙を縫うようにして8月8日にソ連が「日ソ中立条約」を一方的に破棄して対日参戦をしてきます!

2発の原爆、ソ連の参戦によって8月14日、とうとう日本はポツダム宣言受諾を決め、ようやく15年におよぶ戦争が終結することになりました。
c0190486_20495964.jpg

終戦の詔勅(しょうちょく)が出たのは、1945年(昭和20年)8月15日ではなく8月14日なのです。
それが翌8月15日正午に天皇の「玉音放送」によって告げられたので、国民もやっと敗戦をすることになったのでした。
[PR]