第二次世界大戦① 潰された内閣と日中戦争

ここから「太平洋戦争」に入っていくので今回から太平洋戦争①とさせて頂きます。
太平洋戦争が始まったのは1939年(昭和14年)9月1日、ドイツ軍がポーランドへ侵攻したことが第二次世界大戦の始まりとされています。
c0190486_1930135.jpg

この時の日本の内閣は誰?
阿部信行内閣です。
c0190486_19294250.jpg

「安倍晋三」とは字も違うし関係ないですよ。短命でもあるので知名度は低ですね。阿部首相は軍人出身だったのですが、世界大戦に対しては不介入の方針をとってドイツには追従しませんでした。ところが、この消極的対応に対する陸軍内部からの反発によって内閣は潰されてしまいました。
c0190486_1929976.jpg

次に成立したのが1940年1月(昭和15年)の米内光政内閣でしたが、今度は海軍からの総理でしたが、同様に世界大戦不介入の立場を継続・・。戦争反対!というより現在進行している中国との戦争が泥沼状態だったので、事実上不可能と考えたためでした。

1940年の3月、日本は国民政府の幹部で東亜秩序構想に賛同した汪兆銘(おうちょうめい)を中止陰とする南京新国民政府を作ります。
政府と言っても日本が各地につくった傀儡の寄せ集め的政権ですが、この新国民政府の理想は二つあって
・防共とアジアの独立
・ヨーロッパ列国支配からの解放

という(一見)崇高な目的でした。

このあたりが、崇高なのか傲慢なのか意見が分かれるところですが、ともあれヨーロッパ戦線ではドイツが破竹の勢いで進撃をつづけていましたから、日本でも軍部を中心に
日独伊三国軍事同盟の締結を求める動きが強くなりました。

もともと資源に乏しい日本は日中戦争が長期化するにつれ物資不足が深刻になっていました。米内内閣としては、三国同盟には消極的にならざるをえない状況だったのです。

結局のところは戦争を優先したがる軍部の圧力によって阿部内閣同様、米内内閣も潰されてしまいます。
[PR]