昭和時代④ ついに満州事変!

ついに1931年、中国東北部で満州事変が勃発してしまいます・・。

きっかけは「柳条湖事件
南満州鉄道の爆破事件が起こり、これは日本の関東軍の仕業あったんですが、これを中国軍のやったことにし、これを口実に軍事行動を起こしてついには奉天・長春を占拠。
c0190486_0295685.jpg

自作自演の暴挙やけど、反日が高まっていた中国を制圧する、よい契機ぢゃ、という世論も少なからずあったみたいやね。

日本政府は事変の不拡大方針を決めていたんやけれど、関東軍はこれに従わず、満州全土を制圧し、清朝最後の皇帝「溥儀(ふぎ)」を廃帝し、溥儀を執政とする
「満州国」を建国するわけどす。
c0190486_2347089.jpg


溥儀は「ラストエンペラー」の映画のモデル。
というか、溥儀の自伝が原作になっているね。
c0190486_2348224.jpg

この溥儀という人は、2つの帝国(清国・満州国)でエンペラーになったのは、この人をおいて他にいなかったらしい。1987年の古い映画だけど、また見て見たいなあ。

この満州国、いちお溥儀をエンペラーとするけれど、実質日本の「あやつり人形国家」という意味で「日本の傀儡国家」(かいらい国家)の樹立とも言えます。

満州事変の背景を見て行こうか!
この満州事変の当時関東軍の参謀であった「石橋莞爾」が「世界最終戦論」っていう本を書いています。第二次世界大戦を予測していたかどうかはわからないんやけれど、とにかく最終的に世界的な大戦争が起こるだろうと予測していました。
c0190486_23592614.jpg

欧州陣営とアジア陣営の二つの陣営ができて、「欧州陣営」は「アメリカ」が覇者となり、「アジア陣営」では「日本」が覇者になると。
そのうえで「欧州陣営」と「アジア陣営」が最終戦争をやって世界の覇者が決まっていく、というのが「世界最終戦論」です。

中国分割は1890年代後半ですが、アメリカが出遅れた理由はハワイ併合やフィリピンの領有に奔走していたからなんですよね。

そこで、1899年、アメリカの国務長官「ジョン・ヘイ」が「門戸開放・機会均等」を訴えるわけです。(思い出してね)

つまり「アメリカも中国分割に参加させろよ」ってことを言いだすわけ。

アメリカとしてはさほど満州を重要視していなかったわけなんですが、関東軍としてはアメリカが割り込んできたら大変やから、しきりに「満蒙の危機」(まんもうのきき)と叫ぶ、満州の権益を死守しようという思いもあって、「満州事変」を起こしたのかもしれません。

すでに述べた通り、若槻内閣は、不拡大方針を発表し、軍部の独走を抑えようとするんですが、危機をあおることで国民の支持を得た軍部は、内閣を無視して戦況を拡大していったわけです。

1931年には軍部のクーデター3月事件(浜口内閣)に続き、10月事件(若槻内閣)が起こり、結局クーデターは失敗で軍部政権はこのタイミングでは樹立しなかったんですが、若槻内閣も総辞職します。

その次の内閣はだーれだ、お楽しみに・・011.gif
[PR]