大正時代① たった15年でも激動の大正時代

明治の次は大正時代です。
大正時代は1912年(明治45年/大正元年)から1926年の15年間の短い期間です。

なので時代をまたがって説明するところもあるのですが、
大正天皇って正直あんまりイメージってなかったです。

でもある本によると家族を大切にする親しみやすい天皇さんやったらしいね。
明治時代は維新から富国強兵、不平等条約改正、と激動の時代。明治天皇は非常に厳格で、近親者でさえ声も聞いたことがないというくらい、権威づけられ、遠い存在のような印象なのですが、大正天皇は子どもたちと鬼ごっこしたり、これまでの明治天皇のときでは考えられないくらい、人間味あふれた存在であったと言われています。

ただ時代の皮肉なのか、その即位されていたわずか15年の間に
第一次世界大戦の勃発(1914年から1918年)、関東大震災(1923年)という国難に見舞われることになります。
c0190486_1045394.jpg

大正時代は1912年7月の明治天皇の崩御により大正天皇が即位したところから始まります。

前述した桂太郎と西園寺公望が交互に組閣する「桂園時代」の第二次西園寺内閣時代の年でした。

この時、陸軍省から「二個師団増設請求」ってのが出ます。なんやこれ、と申しますと、

これは、朝鮮に陸軍師団を2つ増やしてほしい、「師団」っていうのは京都にも「師団街道」っていうのがありますが、軍隊の部隊編制単位を「師団」って言います。

2年前の1910年、明治時代の最後に日本は韓国を併合していますが、1911年に辛亥革命というのが起り、1912年に中華民国(臨時大統領は孫文)が建国されます。

つまりだね、中国国内が混乱しているときだから、日本が勢力を伸ばすチャンス!したがって、大陸進出の拠点である朝鮮に二個師団を増設してくれってわけです。

西園寺は日露戦争後の恐慌時に「こんな不況時になにゆうてまんねん」とこの要求を却下!

するとこれに怒った陸軍大将、上原勇作は単独で辞任してしまいます。

ここで困った西園寺。陸軍大臣、海軍大臣は現役の軍人でなければならない、という規定があるんですが、陸軍省からプイッとされたがために大臣が決まらない。

結局、辞めた陸軍大臣の後任が決まらないっていう前代未聞の理由であえなく第二次西園寺内閣は瓦解。大臣が一人でも欠けると内閣は機能しませんからね。

次に出てくるのが第三次桂太郎内閣。

桂太郎は「山県有朋系」だから「超然主義」でしたよね。
議会無視でなんでもパッパと断行してしまう。

ここで「閥像打破」「憲政擁護」をスローガンにした「第一次護憲運動」が起るんです。
こうして政党政治家だけでなく民衆までも政治的な動きが活発となり政党の力がいっそう伸びていきます。

運動の中心人物は立憲政友会の尾崎行雄、立憲国民党の犬養毅。

この2名は大正、昭和を生きた政治家として非常に有名ですよね。
両名は「憲政の神様」と言われていました。

民衆の拡大する運動は次第に過激化し、政府系の国民新聞社を襲撃したり、国会を取り囲んだりします。そんな中、衆議院議長が「このままだと内乱が起る」と言って桂太郎に退陣を勧告。

第三次桂内閣は四面楚歌となり、組閣からわずか50日余りで退陣を余儀なくされます。そしてほどなく死去、その生涯を終えられました。
この護憲運動により桂内閣が倒された事件を「大正政変」(1913 年)と言います。

桂内閣の次は海軍出身の山本権兵衛内閣ですが、さすがに激化する護憲運動の要求を受け入れざるを得ず、陸軍海軍の大臣を現役の軍人でなくてもつけるようにしたり、高級官僚に政党員でなくてもつけるようにしました。

山本権兵衛は薩摩の人間ですが、穏健派なので立憲政友会を与党として、薩長閥族にとって都合の悪い政策をどんどん実行していきます。
当然、そういったやり方に反発し、山本を潰したいと思っている勢力もあるわけです。

・・・・・・・・・・そこで、起ったが1914年の「ジーメンス事件」
まあ言ってみたら汚職事件です。つまり「潰したい」側が「リーク」してばらすっていういつの時代にもよくあるパターンですな。

これはドイツのジーメンス社による日本海軍高官への軍艦や武器輸出をめぐっての贈賄事件です。

ここで海軍出身の山本権兵衛は総辞職するしかなかった。
つぎの内閣をさあどうするか。

困ったのは元老たち。藩閥族だとまた護憲運動が再燃するのは心配だし、政党におもねるのは都合が悪い。だって元老も閥族なんだから。

そこでぅ肉の策として決まったのは、政界から退いていたけれど、国民的人気の高かった大隈重信です。
大隈は1881年の明治十四年の政変で罷免された後、健全なる野党とジャーナリズムを育成しなければ日本はダメになる、という持論に基づいて「東京専門学校」(のちの早稲田大学)を創立していました。

1914年4月、第二次大隈重信内閣が発足します。

続いては第一次世界大戦への流れへ・・
[PR]