三千家についてまとめてみた

千家は千利休を流祖とするというのはご存知のとおり。

「千」という名まえは利休の祖父である、田中千阿弥の名から取ったと言われています。

利休の死後、本家である堺千家を千道安が継ぎますが、道安が亡くなると堺千家は断絶。

現在の千家は「三千家」といい、表千家、裏千家、武者小路千家からなります。

利休の後妻の連れ子で娘婿でもある、千少庵の系統です。

表千家の七代 如心斉が「千家を名乗るのは三千家のみ」と定めたことから、この三千家のみを千家と呼ぶようになりました。

c0190486_17451940.jpg

[PR]