家康の天下取り

1598年に秀吉が亡くなったとき、息子の秀頼はまだ5歳。
家康は、五大老の筆頭で最初は秀頼の後見人、という立場を取りますが、徐々に秀頼を無視して、伏見城で実権を握っていきました。

当然それに対する反発が起こります。
1600年の関ヶ原の戦いですね。実質的には石田三成と徳川家康の戦いです。

東軍は徳川家康、西軍は毛利輝元が中心となりますが、結局東軍の勝利に終わります。
西軍の石田三成や小西行長は処刑され、秀吉の息子の豊臣秀頼は摂津・河内・和泉の60万石の1大名に落とされてしまいます。

その後、1603年に徳川家康は征夷大将軍の宣下を受けて、江戸幕府を解説します。
そしてそれから2年後の1605年、家康は子供の秀忠に将軍職を譲ります。

これは、将軍は徳川家の世襲なんだ!ということの表明です。つまり、
「もはや戦国時代の慣習だった天下持ち回りはもう終わった」ということを示すのが目的です。

もちろん、家康が全く政権を取らなかったかというとそうではなく、「大御所」として背後から実権を握り続けています。

家康が来る前の江戸城は室町時代の中頃に太田道灌(おおたどうかん)が作ったものですが、そんなに大きな城ではありませんでした。

江戸城が大きくなっていくのは江戸時代になってから。それも段階的に大きくなっていきます。征夷大将軍になったあと、家康は全国の大名に対し、江戸城と江戸市街地の造成を命じます。
人夫を派遣させたり、お金を献上させたりするのです。それをお手伝い普請と言いますが、負担を強いられた大名の財政状態はどんどん苦しくなっていきます。

ここで家康の戦略の一端がうかがえます。
こうして有力大名の経済力を削いでいったという事情もあったと思われます。

そのようななかではありますが、
徳川幕府にとって前政権の豊臣家は、いつ逆襲されてもかぎらない、目の上のたんこぶ、目障りな存在です。

一大名に落としたとはいっても、豊臣秀頼の本拠地は摂津・河内・和泉、今の大阪府で居城は大阪城です。

当時の日本の商業の中心地は大阪でしたから、そのど真ん中に60万石の大名がいる、というのは家康にとってはこれをなんとかしたいわけですね。

そこで1614年、有名な方広寺鐘銘問題が怒る。

京都に豊臣秀吉が建立した方広寺というお寺があります。創建当時は東大寺の大仏に負けず劣らずの大仏がありましたが、1596年の近畿大震災で倒壊。
それを1614年に豊臣秀頼が再建するわけですね。
c0190486_224202.jpg

そのときに鋳造された梵鐘に「国家安康 君臣豊楽」と刻まれていた。
「家康を分断し、家康の首を取ることにより、国を安らかにし、豊臣を君主として楽しむ」
そういう呪いが込められている、といわゆる言いがかりを付けるわけです。

この「言いがかり」の入れ知恵をしたのは臨済宗大覚寺派の僧侶で家康の側近としても重用されたという金地院崇伝だと言われています。

それが単なる「言いがかり」であったことは今でも方広寺に金が存在していることで明らかですよね。そこに呪いがかかっていると思ったら、そうそうに潰してしまうはずですから。

そうやって豊臣方を挑発し、大坂冬の陣(1614年)、大坂夏の陣(1615年)を起こし、豊臣家を滅亡させました。

大坂城も外堀だけでなく、内堀まで埋めてしまいます。
豊臣家が滅んだのをきっかけにほかの大名たちへの統制も強めます。

まず出されたのが1615年の一国一城令と武家諸法度です。
武家諸法度は大名に対するもろもろの統制法令で、これも禅僧・金地院崇伝の起草によるものです。

武家諸法度は将軍が変わるたびに出されました。いわゆる将軍の所信表明演説です。
また、これも金地院崇伝の手になるものですが、公家に対する統制令「禁中並公家諸法度」も制定されました。
[PR]