ピンチは××× (ピザーラのフォーシーズ)

最近多い「テレビネタ」です。011.gif

今日は、マツコの番組にマネーの虎の安田久が出てたけど、やっぱり失敗の要因は家賃500万円の銀座に飲食店出したことだったらしいね。その後転がり落ちるように店は失敗で借金は増え・・。

過大投資が失敗のもとって、ある意味「お約束」って感じ・・・

笑っちゃう格言も。

「ピンチはチャンスって言うけれど、ピンチはピンチ」007.gif007.gif007.gif

c0190486_23512759.jpg


でもね、先日カンブリヤ宮殿でピザーラで有名な飲食チェーン「フォーシーズ」、の特集をやってたけど、浅野社長も超どん底を体験(脱サラして始めた飲食店が出店後10日で火事、本人も大やけど。他も次々と事業に失敗。)してたけど、ここで社長の格言。

僕は11回目で成功できた
やってみなきゃ分からない


奥様もスゴイ。
人の10倍頑張れば、10倍返ってくるって信じてたって。005.gif

成功の決め手はピザにマヨネーズやで。売れなかったピザ生地に従業員がマヨネーズかけて食べてたのを見て、試食したら激ウマやったらしい。011.gif

日本人にあった、日本生まれのピザチェーンで全国シェア一位を獲得。

村上龍の「編集後記」も「鼻につく(爆)」と言ってる人も多いけれど、私は今回はなるほどって思ったなあ。056.gif


「フォーシーズ」、四方に種を植えるという意味合いがある。(中略)
過酷な環境を好む人など誰もいない。また、打ち勝とうとしても、さらに叩きのめされることもある。淺野氏は、嵐をやり過ごすように耐えながら、決して種を手放さず、強さと優しさを手に入れて、人々を幸福にするための果実を育んだのである。

また、中村うさぎさんは
「努力は苦手だけれど、我慢はできる」と言っていたそうです。

「努力」と「我慢」は似ているけれど、違う。
「努力」の方が能動的で、自らがんばっているような感じがして、それにたいして「我慢」は受動的望む望まないにかかわらずふって湧いてきたような感じです。

「努力」はある意味才能です。勉強をし、受験勉強に打ち勝つ能力がある子供は「努力」する才能はあるけれど、「我慢」ができるかどうかは、また別の問題かもしれません。

この微妙な違いを知ることも何かヒントが隠されているような気がします。023.gif
[PR]