「愛に乱暴」吉田修一(新潮社)

テレビで新潮社の中瀬親方がおススメ、とのことだったので購入。

c0190486_1639028.jpg


東京近郊、夫の実家の離れに住む結婚8年の専業主婦。美人でよく気がつき努力家でもある桃子は週一回カルチャーセンターで教えています。しかし、夫が愛人をつくって離婚を言い出すとたちまち結婚生活に暗雲がたれ込めます。義父の入院と義母との確執も加わって次第に追い詰められた桃子は意外な行動に走るのでした。

「騙したのは妻か?夫か?やがて読者も騙される」との帯。


これは、よくできたエンタメ小説だな。

中瀬親方いわく、こういった傍から見ているとなんの問題もなく幸せそうに暮らしている専業主婦の奥さんのこころの闇を映し出す、するどく面白い作品だと。そして他人の家庭をのぞき見するようなワクワク感、と。
・・確かにそーだ。

そう思って読むとなお面白い。楽しませてもらいました。
[PR]
by hito2653 | 2013-06-08 16:42 | 読書