販売方法の違い「うりし」=売上仕入 ってナンだ!?

中小企業が例えば百貨店とかに商品を卸売りするときは、仕入れ方法として、

売上仕入(うりし)=消化仕入ともいう
委託仕入
買取仕入


の3通りの方法があると聞きました。そして卸売側が一番不利ともとれる、売上仕入(うりし)が一般的と聞き、「うりしってなぁに??」010.gif
となったので下記にまとめてみました035.gif

うりしを一番イメージしやすい例は、「富山の置き薬」です。

▼  商品でトレースすると、Aという商品を百貨店におさめてから、それが実際売上(お金)になって入ってくるのはいつになるのかは分かりません。
c0190486_14373724.jpg



▼ 委託仕入っていう方法もあり、この場合は万引きのリスクは百貨店側がとってくれることになります。それでもやっぱり「うりし」の方が多いみたいですね。買取仕入れは全体の約40%あるかないかくらいみたいです。
c0190486_14363147.jpg

[PR]