掃除機とビジネスモデル

突然ですが・・・!

今日掃除機を買いました011.gif

今日は仕事がたまたま早く終わって、まだ営業時間中だったから帰り道の家電量販店に寄ったんだよね。

掃除機を買った理由は、ウチの掃除機が(たぶん)10年目くらいでさすがにガタがきてて、調子が悪いからオカンが「ほうき」「コロコロ」を使って掃除しているのがしのびなくて007.gif

ま、どうせまたそのうち親がいいやつを買うでしょ、と1マンエンくらいのやつでイイのが買えたら買おうくらいの気で行ったのですが、案外掃除機選びが楽しくて2マン5千円くらいのサイクロン式のやつを買ってしまった024.gif

c0190486_21394585.jpg


掃除機を電気屋で選ぶ、なんてそうそうないんだけど、

掃除機の「主機能」なんて「ゴミを吸う」ってことだけでしょ?

(マーケティングでいうなら「製品の『核』」ていうのかな。)

でも、吸引力以外に、「音(静音)」「お手入れの簡単さ」「クリーン排気」「ノズル」「軽さ」「デザイン」などなどいろいろなポイントがあって、

単純に値段と吸引力だけで比較できないんだわ004.gif

値段も1マンエン以下のものもあれば、ダイソンの最新型なんて7万円もするし、こうも値段に幅があるのかとびっくり005.gif

商品売り場では機能が円グラフみたいになってたけど、当初の予算の1マンくらいではとても満足できそうなものが買えそうになく、長く使うものだから、と結局2万5千円くらいのやつを買いました。

買う前に私はすかさず、携帯で商品コードをネット検索070.gif

価格.com他、某ネットショッピングサイトがヒットしたけれど、期間限定だけあって、まぁ高くはなかった。価格.comの最安値065.gifを下回ることはマズないので、かい離が近ければOKということにしています。こうやって値段が簡単に検索できるから、価格競争っていうのも厳しくなっていると思います。

・・・・にしても。

お店はそんなにお客さんもいなかったんだけど、途中からいかにも「買います」という雰囲気をかもしだしていた私に

店員さんは誰も話しかけてこず048.gif

だから、「自力で」商品を選びました。ネット検索とかしながらね。021.gif

某大手量販店は阪神タイガースが勝つと5%引きをするらしいですが、(ここまで言えばどこかいわずもがなですね)
それはそれでいいんだけど、店員さんのテンション低!!015.gif

「阪神が勝ちましたから、5%引きにしますねーー。´_ゝ`)」
もうちょっと楽しそうに言ってもいいんじゃないの?館内放送のテープのテンションの高さとのギャップでなんだか違和感を感じてしまった。

私は家電はネットで買うことはあんまりなくって、あえて量販店で買いに行っている。理由は現物を見て比べたいのと、文字ではなく言葉で商品の説明を受けたいから。あとは、お店に行ったらちょっとテンションが上がるから056.gif

家電の販売がどんどん小売店からネット販売に代替されているのだから、これまで通りのビジネスモデルにしかない「強み」をもっと生かしてもらわないとますますみんなネット販売に走ってしまうよ、なんてちょっと不満げな私でした。

さて、「ビジネスモデル」なんて言葉を使いましたが、

「ピクト図解」でいう「消耗品モデル」であるプリンタの「インク」が「横取りモデル」のダイソーに100円で売られている現場を発見。
c0190486_21194519.jpg


実に40分の1の値段です。

販路を奪われないためのお互いの攻防戦047.gif

「ビジネスモデル」を生活のちょっとしたところで考えてみるのもおもしろいかもしれません。

私もまだまだ初心者ですが・・。
[PR]